ヒョンビン - ハ・ジウォン - ユン・サンヒョン
‘シークレットガーデン’総出動

新韓流スターたちが意気投合‘シークレットガーデン’でアジア圏の関心が集中している。

来る11月13日初放送されるSBS週末ドラマ‘シークレットガーデン’(脚本キムウンスク、演出シンウチョル/制作ファエンダムピクチャース)に新たに浮上している次世代韓流スターのヒョンビン、ハジウォン、ユンサンヒョン、イ・フィリップなど最高の逸品俳優たちが集合して華やかなラインアップを完成させているからだ。

ヒョンビンは‘私の名前はキムサムスン’以後,新韓流四大天王と呼ばれ、熱い反応を得ている状況。ハ・ジウォンは‘茶母’‘ファンジニ’などを通じて、新たな女性キャラクターを伝え、アジア圏の視線を集中させた。

そうかと思えば木村拓哉に似た外見に視線を集中させたユン・サンヒョンは‘花火’からアジア圏のラブコールを受けており、イ・フィリップもまた‘太王四神記’‘男の物語’などの厚い韓流ファンを確保している。

特に、彼らの次世代韓流スターたちと一緒に‘パリの恋人’‘プラハの恋人’‘シティーホール’‘オンエア’などのヒット作を出して‘韓流コンテンツメーカー’で位置づけたキム・ウンスク作家とシン・ウチョルPDが力を合致しながら大韓民国だけでなく、日本、中国などアジアをはじめ全世界の韓流ファンからの焦眉の関心を集めている。

何よりも彼らが新たな領域のロマンティックファンタジー物を誕生させるために意気投合したという点はアジア圏の視線をひきつけている部分。‘シークレットガーデン’はお互いの気持ちを知らないまま、なんだかんだと争う男女がお互いの魂が変わりながら起る話を入れる予定。

艶がなくて傲慢なデパートのオーナージュウォン(ヒョンビン)と武術監督を夢見るアクションスタントウーマンのライム(ハ・ジウォン)の魂が変わってスペクタクルな幻想の話を広げていくことになる。

このように‘シークレットガーデン’は豪華なキャスティングだけでなく、しっかりしたストーリー展開と才覚あふれる台詞、完成度の高い映像美と演出がよく調和を成して、名実共にアジア圏への新たな韓流ドラマの風を呼び起こすものと予想される。

製作会社のファエンダムピクチャース側は“ドラマ‘シークレットガーデン’にはヒョンビン、ハジウォン、ユンサンヒョンなど次世代韓流スターたちが、キムウンスク作家とシンウチョルPDなどの‘名品制作陣’と交わって、レベルの高いドラマとして位置づけされるだろう”と言いながら“すでに日本、中国などアジア全域での‘シークレットガーデン’への問い合わせが殺到している。また他のドラマのジャンルを開拓して出す‘シークレットガーデン’を期待してくれ”と明らかにした。