PIFF最もホットな映画?‘晩秋’猫も杓子もヒョンビンタンウェイ‘晩秋’
今年の釜山国際映画祭の雰囲気に最もホットな映画はヒョンビンタンウェイ主演の‘晩秋’だ.

第15回釜山国際映画祭に招請された映画‘晩秋’(監督キム・テヨン)は、映画ファンたちはもちろん,映画人たちの間でもよく取り上げられる最高の人気作に選ばれた.

‘晩秋’は記者会見が行われた過去8日午前10時と午後1時30分の二回上映された. 午後1時30分上映分は早目に完売され,午前10時は‘晩秋’の人気に主催側が一回の上映分を伸ばした事例だった.

このように映画ファンたちの関心を一身に受けるの人気作に浮上した‘晩秋’その人気は国内外の映画人たちにもつながった。

映画‘ウォリアーズウェイ’広報のため釜山国際映画祭を初めて訪れたハリウッドのプロデューサー,バリーオズボーンは“‘晩秋’を見たいのですが時間がなくて見られなかった”と話した.

また、映画‘シラノエージェンシー’の俳優イ・ミンジョンもやはり200万人突破祝賀パーティーで記者たちと会って,一番見たい映画に‘晩秋’を挙げた.

‘晩秋’を苦労して見た観客たちの間の反応も良い.晩秋の趣と穏やかな感性,タンウェイの演技に対する好評が大半.去る8日午後1時30部品上映後に観客が最後のクレジットが上がる瞬間まで席を守ったという裏話だ.

一方、釜山国際映画祭のガラプレゼンテーション部門に招請された‘晩秋’はイ・マニ監督の原作をリメークした作品だ.夫を殺害した女と男が偶然にシアトルでの出会いと再会を繰り返し,共感が芽生えるにはストーリー展開で,世の中に捨てられた人々のラブストーリーだ.韓国と中国俳優を起用して,米国社会に存在する少数人種の情緒を代弁した.