‘同じ釜の飯兄弟’チャンドンゴン - ヒョンビン似たように他の海外進出

並んで世界に進出する韓流スターチャンドンゴン(38)とヒョンビン(28)が似た形で注目されている.

同じ所属事務所で同じ釜の飯を食べる兄-弟の間柄である彼らは世界舞台で先へ行き後に出る. チャンドンゴンは初のハリウッド進出作である映画‘ウォリアーズウェイ’(イスンム監督12月2日公開)を.

ヒョンビンは韓-米グローバルプロジェクト‘晩秋’(キムテヨン監督11月公開)の封切りを控えている。二人は映画で流暢な英語の実力を誇る チャンドンゴンは,2006年から一貫する英語勉強で鍛えられた実力で相手役ハリウッドスターのケイトボスワースとの自然な呼吸でキスシーンまで無難に消化した.

一方,ヒョンビンは、短期間で集中的な英語の勉強で実力を積んだヒョンビン側は“忙しいスケジュールで英語の勉強をする暇がなかった. 撮影直前に現地で集中的に勉強をしたところ.実力がぐんと増えた”としながら“相手役タンウェイとのコミュニケーションや感性的な部分を交流するのに問題はなかった”と耳打ちした.

一方、側近たちは二人の活発な活動は“安定した心の状態のおかげ”と口をそろえる.