大人だけが知っているメローの世界
‘晩秋’キム・テヨン監督インタビュー
‘晩秋’はキムテヨン監督の初メロー映画だ。米国で出会った韓国人男性と中国人女性が過ごす一日は非常に静かで寂しい。

‘女子高怪談2:2番目の物語’‘家族の誕生7などの前作が繊細に調整されたセリフと演技で組まれたリズムの映画なら‘晩秋’は彼らが置かれた都市と、彼らの顔を静まり見つめる。

‘晩秋’はイ・マニ監督の原作に続いてすでにキム・スヨンの‘晩秋’とキム・ギヨンの‘肉体の約束’で製作された話だ。

キムテヨン監督が原作からとったものと詰め込んだことに対して,そして彼が会ったタンウェイとヒョンビンについて尋ねた。


- ‘晩秋’は初の恋愛映画であり,グローバルなプロジェクトを加え,有名な原作のリメークだ。 負担はなかったのか?
=何にもわからずに始めた。一人の女性が刑務所から出てきた。一人の男に出会った。そして、刑務所に戻った。この3つの文の印象に大きく引かれた。

しかし、肝心のシナリオを書いてみたら負担が生じた。ちょうど私にも面白い旅のような映画になりそうだった。

-キムスヨンの‘晩秋’とキム・ギヨン監督の‘肉体の約束’など,既存の作品との違いだとの悩みが多かっただろう。
むしろどのようにすれば似るのかを心配した。 その脈をどのように続いて行くかがカギだった。全体的な設定上,今の‘晩秋’はその作品とはとても違う映画になるしかないから。

-結果を見た時、全く別の映画として見てもよさそうだ。ただ,ヒョンビンのイメージがイ・マニ監督の俳優ではという意見がある。
=‘休日’のシン・ソンイルのような感じもある。私もそうして古典的な男性像を作ってみようと思った。原作とつながる可能な場面を考えさせるものもある。原作の列車のエピソードがとても良く似た感じで別のエピソードを作成しようと思った。

キムヘジャ先生の‘晩秋’は寝てる人に新聞を覆ってあげるが,この時の優しいお姉さんの感じがある。 ところが、劇中のエナのキャラクター上そういうのは好ましいがぎこちなく見えた。

-タンウェイが演じたエナは感覚がなく見える女性だった。
=周りの人を押し出す女性だったらやった。タンウェイはもっと暖かくなければならなかったり、怒ったりするのではないかと言っているが、私は彼女に人への期待がないことを願った。白いのは、実際のタンウェイが全くそうではないということだった。非常に社交的で明るく、健康な人である。

タンウェイはエナが少しでも力を持つことを望んだ。彼女の願いがあまりにも大きいため、無表情で演技をしても、出てくるようだった。

-ロケーションの地域で、シアトルを選んだ理由は何だったのか。
=雨と霧を撮るために選択した場所だ。 シアトルはコーヒーで有名で、カートコバーンが自殺したところでしょう。6ヶ月にわたっての日差しを照らし,再度6ヶ月間、雨が降るところだ。 実際にハンティングに行った時は天気が良かったためちょっと戸惑っていた。(笑)ところで、他の人の話を聞けば、冬になると自殺率が高くなると言っていた。

-言語の違いを持って作られた会話のシーンが面白かった。
=韓国で上映する時は,タンウェイが中国語で話す場面で字幕をまったく抜いてみるかと言った。 エナの事情が表れる部分ですが、相手のフンや観客までわからないようにしてみたいと思った。

誰が誰を知っているというのが何なのかという質問が話題だったようだ。 相手のすべての過去をすべて知っているとしても関係が深まることはないと思う。

-最初に作成された他の‘晩秋’とは異なり、二人の男女は、情事を共有しない。しかし、心配はしてみたようだ。
=観客たちは背信を感じるようだ。(笑)撮るつもりもあった。 しかし、エナへの積極的な表現自体を消した以上その地点まで推し進めるのが合わないように見えた。 結果的に15歳以上観覧可の映画のようになったが、ある面では30歳以上観覧可になったようでもある。

情事シーンではなく、他の風景に関心がある観客らなら‘晩秋’で、彼らの感情を自分で探そうとする(笑)。

15th[PIFF] ‘晩秋’記者会見
PIFF ‘晩秋’タンウェイ“ヒョンビン氏私に何かおっしゃることはないですか?”
[海雲台(ヘウンデ)釜山8日午後4時,釜山新世界百貨店センタムシティ店文化ホールで開かれた釜山国際映画祭(PIFF)ガラ(GALA)プレゼンテーションの招待作‘晩秋’の公式記者会見でヒョンビンが開幕式のレッドカーペットイベントで,タンウェイを独りでレッドカーペットを歩かせてしまった件について、公式に謝罪をして注目を集めた.

今回の釜山国際映画祭では,7日から15日まで67カ国,308本の映画を招待し,海雲台と南浦洞一帯の5つの劇場で上映する予定だ.

開幕作は,香港張芸謀(チャン・イーモウ)監督の映画‘サンザシの恋’閉幕作はチャン・ジュンファン監督と,日本,韓国,タイの3監督が釜山を素材に製作したオムニバス映画‘カメリア’がそれぞれ選定された.

一方、同日の記者会見には主演俳優ヒョンビン、タンウェイをはじめ、キムテヨン監督、イヨングァン執行委員長が出席した。

タンウェイは、元々一緒に出演したヒョンビンと一緒にレッドカーペットイベントに出席する予定だったが,突然のヒョンビンの不参加で一人でレッドカーペットを歩いたこと.

タンウェイは,これについて“元々,ヒョンビン氏が来られないから,‘晩秋’を演出したキム・テヨン監督と一緒にレッドカーペットを歩くことになったが開幕直前に突然,キム・テヨン監督が隠れてしまってどこに行ったのだろうと思いながら一人寂しく歩いていった”とレッドカーペットを一人で歩くことになった理由を公開した.

特に,タンウェイは日本の人気スターの蒼井優が‘雷の木(雷桜)’に一緒に出演した岡田将生と演出者ヒロキリュウイチ監督と一緒に登場し,華やかにレッドカーペットを踏んだ直後に一人でレッドカーペットを踏んでレッドカーペットイベントに出席する関係者とファンを戸惑わせたのかと記者会見で炸裂した彼女の発言により一層関心が集められた.

キムテヨン監督は“本来は汁ウェイとヒョンピンが共にレッド カーペットを歩くことになっていたがビニが突然撮影ができて行けなくなったと言って、私が代行しようと心に決めていたが,開幕式場に到着したが,道が混んで遅く到着し,すでにタンウェイが独りで入っていた”と,やはり申し訳なくてどうすればいいのかわからなかった.




ヒョンビンは元の映画‘晩秋’で呼吸を合わせたタンウェイと一緒にレッドカーペットを歩くはずだったが,ドラマ‘シークレットガーデン’の撮影スケジュールが重なって,やむを得ず参加することができず,タンウェイ独りでレッドカーペットを歩くことになった.

タンウェイは、キム・テヨン監督の証言が出ると,こっそりイタズラな表情を浮かべ“ヒョンビン氏,私におっしゃることはないですか? 昨日は本当に私は悲しかったです”と可愛くすすり泣く姿を見せて記者会見に参加した彼らを笑わせ、世界的なスターらしからぬ可愛さを誇示した.




ヒョンビンは、タンウェイの言葉を聞いてうろたえながら“僕もレッドカーペットが大好きです”と愉快に話を切り出した後で“僕もレッドカーペットを踏みたかったんですが,開会式の日から今日明け方5時まで撮影をし、一睡もする事ができず,記者会見に来ました”と釈明を付け加えたが,すねるように(?)タンウェイは頭を横にいやいやと振った.

“タンウェイには、初の釜山国際映画祭訪問なのに、初めての思い出を一緒にしてあげられなかったことに対し,申し訳ないと思って、もう一度チャンスが来た時に、その時は必ず一緒に歩きます”と公開的にタンウェイへの謝罪をした.

最後に,タンウェイを見つめながら“I’m Sorry”と英語で二人のレッドカーペットの裏話と,二人の心温まる姿を取材陣の笑いを誘った.




キム監督はタンウェイについて“"やめる事が少なく,感情表現をしないように見えますが,実際はとても子供っぽい”と言いながら“映画を撮っているときもタンウェイの溢れるエネルギーをおすのには大変だった”と話した。

キムテヨン監督の‘晩秋’は,韓国映画史の傑作と呼ばれるが,今は原版が消失して探す方法のないイ・マンヒ監督の1966年作‘晩秋’を古典をリメイクした作品,2010年の感性で再解釈した.

中国人女性と韓国人男性が米国という地で偶然に会うこととなる設定で脚色された‘晩秋’は夫を殺害した後,刑務所に行った女性が7年ぶりに外出許可をされた中国人女性(タンウェイ)と,逃走中の韓国系の男(ヒョンビン)に出会い,繰り広げられる同質感を感じさせる2010年の米国,シアトルに舞台を移して描き出した物語.

穏やかな映像美と深みのある物話が逸品という評価を受けている‘晩秋’は,先に釜山国際映画祭で9日(土)午後4時,12日(火)午後5時の二回上映を残している。

釜山国際映画祭が終わった後“晩秋”は映画のタイトルにふさわしく遅い秋に国内で観客たちに訪ねていく予定.




ヒョンビンも監督ニムもタジタジです...笑))

TOPRSSSUK2

2010 - October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.