PIFF ‘晩秋’タンウェイ“ヒョンビン氏私に何かおっしゃることはないですか?”
[海雲台(ヘウンデ)釜山8日午後4時,釜山新世界百貨店センタムシティ店文化ホールで開かれた釜山国際映画祭(PIFF)ガラ(GALA)プレゼンテーションの招待作‘晩秋’の公式記者会見でヒョンビンが開幕式のレッドカーペットイベントで,タンウェイを独りでレッドカーペットを歩かせてしまった件について、公式に謝罪をして注目を集めた.

今回の釜山国際映画祭では,7日から15日まで67カ国,308本の映画を招待し,海雲台と南浦洞一帯の5つの劇場で上映する予定だ.

開幕作は,香港張芸謀(チャン・イーモウ)監督の映画‘サンザシの恋’閉幕作はチャン・ジュンファン監督と,日本,韓国,タイの3監督が釜山を素材に製作したオムニバス映画‘カメリア’がそれぞれ選定された.

一方、同日の記者会見には主演俳優ヒョンビン、タンウェイをはじめ、キムテヨン監督、イヨングァン執行委員長が出席した。

タンウェイは、元々一緒に出演したヒョンビンと一緒にレッドカーペットイベントに出席する予定だったが,突然のヒョンビンの不参加で一人でレッドカーペットを歩いたこと.

タンウェイは,これについて“元々,ヒョンビン氏が来られないから,‘晩秋’を演出したキム・テヨン監督と一緒にレッドカーペットを歩くことになったが開幕直前に突然,キム・テヨン監督が隠れてしまってどこに行ったのだろうと思いながら一人寂しく歩いていった”とレッドカーペットを一人で歩くことになった理由を公開した.

特に,タンウェイは日本の人気スターの蒼井優が‘雷の木(雷桜)’に一緒に出演した岡田将生と演出者ヒロキリュウイチ監督と一緒に登場し,華やかにレッドカーペットを踏んだ直後に一人でレッドカーペットを踏んでレッドカーペットイベントに出席する関係者とファンを戸惑わせたのかと記者会見で炸裂した彼女の発言により一層関心が集められた.

キムテヨン監督は“本来は汁ウェイとヒョンピンが共にレッド カーペットを歩くことになっていたがビニが突然撮影ができて行けなくなったと言って、私が代行しようと心に決めていたが,開幕式場に到着したが,道が混んで遅く到着し,すでにタンウェイが独りで入っていた”と,やはり申し訳なくてどうすればいいのかわからなかった.




ヒョンビンは元の映画‘晩秋’で呼吸を合わせたタンウェイと一緒にレッドカーペットを歩くはずだったが,ドラマ‘シークレットガーデン’の撮影スケジュールが重なって,やむを得ず参加することができず,タンウェイ独りでレッドカーペットを歩くことになった.

タンウェイは、キム・テヨン監督の証言が出ると,こっそりイタズラな表情を浮かべ“ヒョンビン氏,私におっしゃることはないですか? 昨日は本当に私は悲しかったです”と可愛くすすり泣く姿を見せて記者会見に参加した彼らを笑わせ、世界的なスターらしからぬ可愛さを誇示した.




ヒョンビンは、タンウェイの言葉を聞いてうろたえながら“僕もレッドカーペットが大好きです”と愉快に話を切り出した後で“僕もレッドカーペットを踏みたかったんですが,開会式の日から今日明け方5時まで撮影をし、一睡もする事ができず,記者会見に来ました”と釈明を付け加えたが,すねるように(?)タンウェイは頭を横にいやいやと振った.

“タンウェイには、初の釜山国際映画祭訪問なのに、初めての思い出を一緒にしてあげられなかったことに対し,申し訳ないと思って、もう一度チャンスが来た時に、その時は必ず一緒に歩きます”と公開的にタンウェイへの謝罪をした.

最後に,タンウェイを見つめながら“I’m Sorry”と英語で二人のレッドカーペットの裏話と,二人の心温まる姿を取材陣の笑いを誘った.




キム監督はタンウェイについて“"やめる事が少なく,感情表現をしないように見えますが,実際はとても子供っぽい”と言いながら“映画を撮っているときもタンウェイの溢れるエネルギーをおすのには大変だった”と話した。

キムテヨン監督の‘晩秋’は,韓国映画史の傑作と呼ばれるが,今は原版が消失して探す方法のないイ・マンヒ監督の1966年作‘晩秋’を古典をリメイクした作品,2010年の感性で再解釈した.

中国人女性と韓国人男性が米国という地で偶然に会うこととなる設定で脚色された‘晩秋’は夫を殺害した後,刑務所に行った女性が7年ぶりに外出許可をされた中国人女性(タンウェイ)と,逃走中の韓国系の男(ヒョンビン)に出会い,繰り広げられる同質感を感じさせる2010年の米国,シアトルに舞台を移して描き出した物語.

穏やかな映像美と深みのある物話が逸品という評価を受けている‘晩秋’は,先に釜山国際映画祭で9日(土)午後4時,12日(火)午後5時の二回上映を残している。

釜山国際映画祭が終わった後“晩秋”は映画のタイトルにふさわしく遅い秋に国内で観客たちに訪ねていく予定.




ヒョンビンも監督ニムもタジタジです...笑))