ヒョンビン - ハ・ジウォン‘シークレットガーデン’目立つマーケティング戦略,どこからくるのか
‘人生は美しい’の後続作,SBS週末特別企画‘シークレットガーデン’がドラマが放送される前から目につくのマーケティング戦略として注目されている。

来月13日初めて電波に乗る‘シークレットガーデン’は現在のマーケティングを統括している‘アチブグループジディーエヌ’で広告主や代理店の制作をサポートし、PPLの問い合わせが殺到していることがわかった。

‘アチブグループディーエヌ’(www.groupdn.com)のジョンスンオ代表は“他のドラマに比べて‘シークレットガーデン’でマーケティング、広告掲載が殺到する現象は、シン・ウチョルPD、キム・ウンスク作家コンビの作品性と興行性に対する信頼が土台に敷かれているからだ。

彼らの前作に制作支援、PPLマーケティング的に参加していた複数の広告主がマーケティングの面で満足のいく結果を得られたケースが多かったということにその理由を見つけることができる。質の高いコンテンツへの期待心理を分析することができると慎重に語った。

アチブグループジーエヌは、マーケティングの専門家との差別化されたノウハウで、すでにドラマ‘悪い男’のマーケティングを成功的に進行した事があって広告週間の信頼性が高い。

最近のピ(チョン・ジフン)、イ・ナヨン、コ・ヒョンジョン、クォン・サンウ、ハ・ジウォン、ヒョンビンなどのテレビ劇場復帰作が登場し、視聴者の関心は大きい。しかし、視聴者の立場とは異なり、ドラマ制作会社は、ただ良いことだけではない状況だ。

莫大なスケールのドラマ制作のための安定的な制作費のサポートの問題を解かなければならないために一般的な広告の制作支援とPPL協賛は、いつでも製作会社としては、熱い感覚者であることしかない。

今年の地上波間接広告が許可されたが、放送局と外注制作会社との間の利害が対立し、いまだに間接広告が活発に行われていない状況なので、広告主の立場では、既存のドラマ制作支援システムに慣れている過渡期的な時期だ。

これにアチブグループディーエヌは、ドラマの投資制作事業の独立法人の設立を準備するなど、ドラマ関連ビジネスの拡大を準備している。彼らはまた‘シークレットガーデン’はもちろん‘逆転の女王’と‘プレジデント’のOSTアルバムを制作中であり、このような事業を効率的に連携し、ワンソースマルチユーズを極大化させ、シナジー効果をより高める作業を進めている。

ドラマのマーケティング市場での斬新な手法の導入で注目される‘アチブグループディーエヌ’がこれからドラマの投資制作、マーケティング、OST制作、コンテンツ事業をどのように連携していくのか、業界の関心が集められている。