ヒョンビン-ハ・ジウォン,‘シークレットガーデン’でパートナー呼吸
SBS‘シークレットガーデン’,ヒョンビン-ハ・ジウォン主演確定11月放送

‘シークレットガーデン’ヒョンビン,ハ・ジウォン‘魂\'チェンジ!?ボディ死守?争奪戦?魂が変わる!??

俳優ヒョンビンとハ・ジウォンが来る11月13日夜10時から放送されるSBS TV‘シークレットガーデン’(キム・ウンスク脚本、シン・ウチョル演出)でロマンチックコメディで呼吸を合わせる。

ヒョンビンの所属事務所側は29日午後、マイデイリーに“ヒョンビンが‘シークレットガーデン’の男主人公に確定された”と伝えた。

当初‘シークレットガーデン’は撮影を控えて男主人公で発表したチャン・ヒョクが途中下車した。同じ所属事務所の前2PMメンバーのパク・ジェボムの出演問題をめぐり、所属事務所と制作会社間の摩擦が生じ最終的に白紙化され、撮影のスケジュールに難航し、結局パク・ジェボムの出演が不透明になると、チャン・ヒョクは‘シークレットガーデン’を下車した。

ヒョンビンが男主人公で落下点となった‘シークレットガーデン’は、ハ・ジウォン、ユン・サンヒョンが参加したシナリオ演習を行った状態で、来る10月から済州島で撮影を始める予定。

SBS週末ドラマ‘シークレットガーデン’は会えばなんだかんだと宿敵のように争う男女が、魂が変わりながら繰り広げられるユニークなコンセプトのロマンチックなドラマだ。

がさつな大富豪のデパートのオーナージュウォン(ヒョンビン)と女武術監督を夢見るスタントウーマンライム(ハ・ジウォン)の魂が変わり、甘酸っぱい(?)ロマンスが始まる。

ジュウォンとライムはお互いの体を死守(?)しようと努力して‘ボディ争奪戦’の幕が上がる。

違っても、ジュウォンとライムはお互い別の人生を経験し、自我を追求することになり、彼らだけの‘シークレットガーデン’に巻き込まれる。

入れ替わった魂を表現する二人の名演技が観戦ポイント。 ハ・ジウォンが表現するジュウォンの魂演技とヒョンビンが表現するライムの魂の演技とは一味違う面白さをプレゼントすることと期待されている。

‘シークレットガーデン’は韓国メロドラマの巨匠、シン・ウチョル監督がメガホンをとり、キム・ウンスク作家執筆を担当、二人が再び呼吸を合わせる。シン・ウチョル,キム・ウンスクのコンビは‘パリの恋人’‘プラハの恋人’‘オンエアー’‘シティーホール’など様々なメロードラマで視聴者の爆発的な支持を得た。‘シン・ウチョル,キム・ウンスクピョ’ドラマという新造語まで生まれるほど、二人は幻想の呼吸を誇る。

二人の巨匠と一緒に演技派俳優ハ・ジウォンとヒョンビンの名演は、ドラマをより面白く楽しむことができる観戦ポイントになる。‘シークレットガーデン’を率いてドラマにに対する期待感を一層高めている。

チャン・ヒョクは、彼の所属会社とドラマ製作会社が摩擦を来たし下車することが決まった。
ボディを争うロマンチックなドラマ‘シークレットガーデン’は、SBS‘人生は美しい’の後続として11月13日夜10時に初放送される。

-----------------------------------------

期待してた作品にヒョンビンが主役です〜
11月が本当に楽しみになって来ました..^^