ヒョンビン,彼が明らかにした20代の日課愛
[インタビュー]

-事実放映前までしても企画や俳優-スタッフ陣の面々を見た時‘クサセ’や‘チング’皆高い視聴率が予想される期待作にしていないのではないか?

●それで僕はいつもそのように考える。
商業性はすべての作品中にあると。

多くの方らが見てくだされば商業的な映画になって商業的なドラマになるものだが,多くの方らが見なければマニアドラマや興行に失敗した映画になる。

‘クサセ’や‘チング’もおっしゃられたように商業性が多い作品だけと思ったが結局視聴率が高くなくてそのまま良い作品に残った。

それでも商業的には成功したが作品は特に良くないと聞くよりよく作った作品,良い作品という言葉を先に聞くのが個人的にはより良いです。(笑)

-二つの作品すべてが視聴率の期待ほど高くなくても俳優らが持っていく何かが明らかにある作品であったから。

パクヒスン氏もドラマだが‘クサセ’のような作品は本当に欲が出るとおっしゃっていました。

一ミディで選手たちが認めた作品らであるもの.(笑)

●選手たちだけが認めるんです。(笑)

-とにかく‘クサセ’-‘チング’-‘私は幸せです’に続くフィルモは演技派俳優に成長できる跳躍期に置かれたヒョンビンの3部作シリーズと呼んでも支障がないようだ。(笑)

●どんなものでも段階を計算しながら,作品を選択してはいないのにそのようになるといったら...(笑)

実は‘私は幸せです’はまだ封切りができていないが,この作品を見てどのような反応が出てくるかも非常に気になる。見てご存知だが映画がちょっと重くて沈鬱だ。僕の両親も見ている間口数が少なかった。

ところが僕にはこの映画が色々な面で意味も深くて愛着が行く作品だ。この映画を通して,演技もたくさん教わり,僕を振り返られる時間も得るようになったので。

-クァク・ギョンテク監督ニムもヒョンビンという人の馬鹿正直さが気に入られたといわれたが俳優としていつも貴重で真剣な姿は大きい長所だ,ただ20代青年として自然人ヒョンビンの姿はよくあらわれない方なのにファンらの立場ではこうした情報をさらに共有したい欲もある。




●僕の日常の半径は狭い。移動経路が決まっている。
ヘルス場,撮影場,‘チング’製作社である真人社事務室,ご飯食べにいく食堂.

そちら以外に僕の個人時間が出てこの半径がちょっと苦しいと感じる時出てくる行動ではマネージャーたちと選んだりビリヤードも行っている。

正直このことを選択して名前が知らされた後から私的な部分はある程度あきらめて僕の日常の半径も狭めておいた部分があったが,それが良くなかったのだろうか?

大衆が願う全てのものを僕がすべて満足させてあげられることはできないでしょう?何より僕が感じるのは俳優が路上でよく見かけて日常的な一空間で街道で会ったら,TVに出てきた時,特に魅力がないように見えるので。

それで一部だけお見せしたくはなかった。

人々を3-4回外で会うこと2回外で会って残りは中で会おうとするのもそれがこういうことに合うようだと考えるためです。

とにかく僕が30台になれば大衆のこうした期待や要求もちょっと減らないだろうか?

-そうですね。大衆のこうした好奇心が減るなら4-50代はなくてはならないでしょう?(笑)とにかくそのように自身をとても閉じておくこと,個人史で見る時は惜しみが大きくないだろうか?

●あとで考えれば残念だと思うことではある。
後悔するのが嫌いで,後悔したことはないがまた今はこれが合うと思うのでこのように生きて行くのだが,それでも僕の20代をちゃんと送れているのか悩むようになったりもするだろう。

まだ幸いなのは性格的に外観的なスタイルだったらこのような生活で後悔したり耐えられなかったはずなのにあまりにも内省的な性格だから人が多いところより少ないところを好むので騒々しいところより静かなところを,クラブで遊ぶより仲むつまじく話すのがより好きだから耐えられる。(笑)

もちろん僕もやはり同じ年齢らの同時代文化をとても無視しながら,生きるということではないか心配になって‘僕も出て遊びます。後処理して下さい’と事務室に話をしてクラブに行ってみようとしたこともあるけど,習熟した人生ではないためか試み自体もできなく見えて戻った。

それでクラブでの記憶は撮影の時と外国へ出て行った時を除けば一度もない。




-それでは‘チング’以後休息期も静かに送るつもりなのか。

●そうです。特別に何してこういうのを好きではなくて。(笑)もちろん運動をするのは今まで落ちた体力補充のためのもので。

彼より今回の作品をしながら友人に対して考え直すようになったがそのためか中高等学校の時の友人らとまた会いたかった。
その友人らは幼かった時から共に似合いながら,各自の内部事情や個人的な悩みをとてもよく知って過ごした間で,このことをするようになりながら,また年ごろになって,交流が減ってますます遠ざかったようで今回の休息期の間その友人らと一度会うつもりだ。
お互いに積もった誤解があるならば解いていく。

-‘チング’が友情というファンタジーで仕上げられた作品だったから。(笑)
ところで演技したらキャラクターや作品の余震が長引くほうなのか?

●そうではない。僕は憂鬱で苦しいキャラクターを演技したと自分自身が憂鬱になりはしない。

もちろん僕が演じたキャラクターの痕跡らが僕もわからない中で残っていることもあるだろうが。正直今,ドンスのキャラクターで一番被害(?)で見ているのは目つきだが広告撮影をしてある瞬間前職のボクサー出身ごろつきドンスの鋭い目つきが出てきて撮影が中断される時が多い。(笑)

事実動画でも写真を撮る時,目を解こうと努力をよくするがNGがずっと出る。カメラが戻らない休み時間にはもっとする。冗談のように周りが誰かを殺しそうな目だといってた。(笑)

-そう見れば‘私は幸せです’のように感情的難易度が高いキャラクターに会った時,その痕跡がヒョンビン氏の中にさらに強く残っていなかったか?

●その時は本当に諸々の思いがとても多くて大変だった。
‘私は幸せなのか’から出発して,今うまくやれてるのか,このことを止めなければならないのか,でなければこのことをもっとしなければならないのか,起こるだけのことはなければならないが等等五万種類の考えをその質問一つにほうっておいて悩んだ。

頭の中がたくさん複雑だっただろう。もちろんそのような時間のおかげで今は一層豊かになった。




=それなら‘チング’の作品を通して,ヒョンビンという俳優が得たものは何?

●まず僕の演技に対する評価や反応に接することができる通路が多くなくてよく分からないがドラマ掲示板に上がってきた文等を見れば僕がドンスの役が上手になり得ていると憂慮する方らがおられたようだ。

もちろんドラマが回を増すほど良く見てくれる文等が多くなってうれしかったが重要なのはその方らに100%満足ではなかったとしてもヒョンビンという俳優がこういうこともできる友人というものをがあるとしてくださる機会があったとすれば満足できる。

何より‘チング’を通じて,学び得たこと,どうしても‘人’のようだ。とても良い人と仕事をするようになってうれしくて良い思い出になったし楽しい作業だった。僕に‘チング’は忘れることのできない作品になるだろう.

=最後に‘チング’以後計画があれば聞かせて欲しい。

●昨年からドラマと映画を引き続いて撮影して抜けたがしばらく休息がちょっと必要なようだ。
最近はぐんぐん勉強に対する欲もできて。大学1学年以後から演技生活にまい進して友人も作れないで勉強も欲があるほどできなかったがこれから演劇や映画側の勉強をしておけば後ほど役に立つようだ。

次期作計画?まだ具体的に話せるものはなくて,今までそうしてきたように今後もしてみなかったものなどに挑戦するつもりだ。