ワン・ジヘ落馬しても強い根性
‘チング’ワン・ジヘ,引き続いた落馬事故にも演技情熱‘ほかほか’
俳優ワン・ジヘが引き続いた落馬事故にも強く撮影会場を守って目を引いている。

MBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’でジンスク役を担っているワン・ジヘは去る29日京畿道文山のある乗馬クラブで進行された撮影で馬に乗って馬の苦闘で落ちる事故に遭った。

この場面ではゆっくり馬を追って行くことが主な状況だったが,出演した馬が緊張したためか数回‘苦闘’を打ったあげくワン・ジヘが馬から落ちる事故が二回連続して起きた。

馬が走る状況ではなかったし丈夫でない山道だったが,人の背ほど高さの話などで二回も落ちたのですべてのスタッフらが緊張したがむしろワン・ジヘが“大丈夫”と言って撮影に積極的に参加,皆を安心させたという後日談。

演出を受け持っているクァク・ギョンテク監督は“馬から落ちて,衝撃が少なくなかったことで無線マイク受信機を蹴った席に衝撃が激しかったはずなのに担当するように撮影に臨んでくれて有難くて立派だった”として“新人にふさわしくない根性を持った俳優”とほめた。

一方,ジュンソク(キム・ミンジュン)とドンス(ヒョンビン)の三角関係にサンテク(ソ・ドヨン)までジンスクに対する思いを表現してメローラインに興味を加えている‘チング\\\'は‘男のドラマ’という偏見を払いのけて女性視聴者たちにも大きい関心を受けている。









友情と愛どちらかなら愛を選ぶヒョンビン
ヒョン・ビン“孤独だが恋愛はまだ...センスある女性がいい”(インタビュー)
俳優ヒョンビンがドラマ‘チング,俺たちの伝説’を通じて,最高の純真なひまわり愛をお目見えしている。

ヒョンビンは劇中ハン・ドンス役を担って,高校時期から片思いしてきたチェ・ジンスク(ワン・ジヘ)と切ないメローラインを形成している。

ドラマ‘チング,俺たちの伝説’は映画‘チング’からより主人公のあいだのさらに深くて繊細な心理描写を表現して豊富なエピソードを伝える。

劇中ドンスはジンスクに一言もまともに表現できない少し苦しい男だ。好きだいう言葉さえ手紙に“他の恋人を作らずに待ってくれ”とやっと表現する。だが実際ヒョンビンの愛は少し違う。書いても好きな思いを努めて,押したり隠しはしない。

“もちろん誰かが胸中に入ってくるならドンスのように悩んで迷いそうだ。だが違う点があるならドンスの話はよくできないが僕は表現するということだ。

ドンスがそばにいる友人ジュンソク(キム・ミンジュン)を考え,話せない点もあるだろうが僕がもし好きな女を勝ち取りたくて僕の前にいたら良いと判断すれば言葉で心をまさに表現するようだ。 少なくともドンスのように話せなかったり手紙では伝えないでしょう”

ドンスのように友人の前の恋人を愛することになるならどうだろうか? 友情と愛二つのうち一つを選択しなければならない苦しい状況ということもあるがヒョンビンは果敢に愛を選ぶという意外な返事をした。

“女を選ぶ。もちろん友人とつきあっている途中ならあえて奪い取りたくはない。だがすでに友人と終わった間なら問題はない。好きな女に堂々と思いを明らかにして連れてくる。もちろんまだそうしたことはない”

仕事にだけ追われて駆け付けたヒョンビンはやはり孤独だ。いくら仕事にすがって忙しく生きる芸能人であっても孤独なのは皆同じだ。だがまだ恋愛する時期ではないとここは彼だ。

“孤独だ。 仕事をする時は働きさえするスタイルだ。まだ仕事が先であるようだ。恋愛は時期になればするだろう。ガールフレンドもいつか現れるだろうと思う。僕はセンスある女が良い。どんな状況が与えられた時でも,その状況に合うように服を着て行動と話をして適切に対処できるセンスを持った女が理想だ。賢明ながらも,センスを発揮できたら良い。また僕ができない部分を代わりに用意できる女性なら良いだろう”

ヒョン・ビンに実際の友人と友情とは? (インタビュー)

俳優ヒョンビンに友人というのはどんな意味だろうか?

“出てきて友人ら関係もやはり別の見方をすればドラマの中の人物らの状況と少し似ているようだ。ドラマのように一時毎日付いて回った友人らが各自の仕事をして自らの仕事ができて,ちょっと粗雑にされることはあった。 家庭事情などをはじめとして,すべての部分で秘密がなかったしお互いに対して皆知っていた友人らだったのに年を取って各自の仕事をしては以前のように連絡して会ったりという時間らが減ることになった”

ヒョン・ビンは竹馬の友であった友人らと関係が少しずつ遠ざかって疎遠になることになった一番大きな原因がもしかしたら自身にあるかも知れないと打ち明けた。習う他の人と少し違った職業,環境そして越えなければならない制約が多いためだ。ヒョンビンは今回のドラマを撮影する間の友人に対してさらに深く考えることになった。ドラマ‘チング’が彼に本当に‘チング’の意味を振り返ってみることができる機会を与えた。



“ドラマを撮影しながら,僕の友人らとの関係を顧みながら惜しいと考えた。僕は今間違っているのではないのか。その友人らの立場では僕が一番忙しくて状況が楽ではないから。また共有できる話の素材らも違うので少し遠ざかるのではないだろうかという気がした。僕があらかじめそのような点を取りまとめていなければならない部分なのに惜しい。仕事だから,ただ友人らが理解してあげたかった”

だがヒョンビンは友人らの友情が決して軽薄ではない,いつでもまた回復できる関係という強い信念を持っていた。ヒョンビンは今回のドラマが終われば永く会えなかった竹馬の友らとまた会う計画だ。ドラマ‘チング,俺たちの伝説’で友人らがついに悲劇的な結末を迎えるものと違ってヒョンビンは友人らをまた取り戻すつもりだ。

“本当の友人なら,以前のようにまた戻れると見る。ドラマ補充撮影まですべて終えて出ればまた出して,私生活に中心を置くだろう。それと共に友人らもまた会って,話もしてもしかしたらその間遠ざかった時間の中で誤解があったとすれば解きたい。 男たちの間で何か空しい点があっても何度として打ち込んですればすぐ解けるようだ”


‘チング’ヒョンビン出演悔いなく満足
‘チング’出演悔いなく満足挑戦精神があったから僕の演技は60点
‘チング’ヒョンビン“ヒットはないがもっと重要なものを得ました”
MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’三人の演技変身ヒョンビン

インタビューをするヒョンビンはなんだか気楽に見えた。MBC 週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’の低い視聴率に対するあせりは見えなかった。派手な青春スターの姿を脱ぎ捨てた代わりにじわじわ俳優としての内面を満たしているようだった。

彼は“前作の‘彼らが生きる世の中’もそうで低い視聴率を何度も体験してるから大丈夫だ”と“視聴率より今回の作品を通じて人々を得たことが最大の収獲だった”と淡淡と話した。

そうみればヒョンビンはトップスターという位置に比べて視聴率伏隠あまりなかった。去る2005年ドラマ‘私の名前はキムサムスン’でスター級に上がった後‘雪の女王’‘彼らが生きる世の中’,そして現在の‘チング,俺たちの伝説’までその人気は高くなかった。

“人生で険しい傾斜は僕が思う時はなかったようだがたくさんの人が‘私の名前はキムサムスン’の後だと思います。その後ヒット作がなかったからです。しかし僕はもっと重要なものを得ています。いつかは商業的な作品もなって多くの方々の口にも上り下りします。”

実際にヒョンビンは毎作品ごとに新しい姿を引き出しながら,スターではなく俳優として着実に成長してきた。今回の作品でも暗い生活を送る釜山の男ドンスを引き受けて変身をはかった。原作映画でチャン・ドンゴンがした役で上手にしてこそ本殿としと言いながら皆が引き止めたが意に介さなかった。

“単純にイメージを180度変えると選択した作品ではありません。学ぶことが多いと思いました。実際に多くを学びました。ソン・ヘギョ,あの人はモニターをしながら‘ドラマが面白くて完成度もある’と僕を見て‘格好よく出てきた’と言ってくれたんですよ”(笑)

それでもチャン・ドンゴンとの演技比較は避けられないことだった。これに対してヒョンビンは“主観的に自評しようとするなら映画の中のドンスはドンゴンヒョンだけができる部分ならドラマの中のドンスは僕だけができる部分”と話した。




ところでヒョンビンは俳優の歩みでもチャン・ドンゴンと似ていた。彼は“そういえば似ているようだ。ドンゴンヒョンも僕の年の時‘友達’を撮った。僕が好きで尊敬するヒョン”と付け加えた。

そんな彼に今回のドラマは体力的に特に大変な作品だった。撮影中すねに一生抱いて行かなければならない大きい傷あとも得た。彼は“初めはアクションが面白かったが後で大変だった”と“特にリングの上でするアクションはもう絶対しないと決心した”と言いながら笑った。

その上‘雪の女王’‘彼らが生きる世の中’‘チング,俺たちの伝説’三つの作品を休みなく相次いでやりながら体力もすっかりなくなった。ここでしばらく作品を休みながら再充電する予定だ。そんな彼に現在の悩みを聞いたら次のような返事が帰って来た。

“上手くしているのかわからないです。20代の時は他の見方をすればたくさんいろんなことができる年なのに私的な部分でたくさんあきらめました。腹いっぱいな苦情があることで僕も人ですから...。それでも僕が幸せな奴だということも分かっています。やりたいことをしているので。”



“作品に対して特別に酷評が零れ落ちるわけでもないので現在は満足する。僕の演技に点数を付けろといえば100点満点に60点だ。挑戦精神が60点に残った40点は僕が演技でもっと満たして行かなければならない部分だと思う”

もちろん負担感は少なくなかった。ドラマ‘チング’だけの色を見せなければならなかったしそうするためには演技にあっても差別化を与えなければならなかった。映画より纎細な心理描写はもちろんドンスというキャラクターの内的な面をもっと見せなければならなかったので単純に方言や外貌だけがない纎細な他の何かが必要だった。

“目つきに神経をたくさん使った。ドンスはうるさいキャラクターではないからその他の部分で台詞のない時は目つきでドンスを表現しようとした。ドンスは高等学校の時格闘技選手生活をした人物だから鋭利で鋭い目つきを考えた。その目つきと状況でのドンスを作るために6ヶ月間運動もした”

釜山で撮影する当時朝から夕方まで釜山の方言を教わるためのヒーリングは一日中続いた。リーディング後には監督と一対一の方言課外も受けた。もしかして表情や感情処理に気を遣うために台詞をまともに表現することができない時はクァク・ギョンテク監督の無線機でヒョンビンの台詞が香ばしい釜山なまりも伝達された。そのように6ヶ月の撮影が続いた。

“監督ニムには本当にありがたい。僕の方言を点検してくださる姿を見ながらこんな方もいらっしゃると。作品に対するすごい熱情が感じられた。撮影場でまともに表現することができなかった方言は録音をした。ドラマ‘チング’は事前製作なので編集手本を見て不足している部分をまた満たすことができた。補充撮影をしている今はむしろもっと容易に釜山なまりで演技をしている。方言演技がこれからは楽で習得する過程も早くなった”




監督との作業はヒョンビンに俳優としてもっと成長できて学ぶ機会を与えた。それまで分からなかった演技ポイントを監督を通じて新たに悟り仮に今回だけでなく,これからヒョンビンの演技に心強い営養分になるに値し学びを受けた。特に方言以外の演技において監督は徹底的にヒョンビンを信じてくれた。監督が考えるドンスのみを固執せず,ヒョンビン自ら表現し出すことのできる余地を残してくれた。

このような貴い過程があったからヒョンビンは決して視聴率にこだわらなかった。映画‘チング’位大きな興行を収めることはできずに10%内外に留まって低調な視聴率を記録しているがスターではなく俳優を切望するヒョンビンに今すぐ高い視聴率をあまり大きな意味になることはできなかった。

“数字は別に意味がない。作品自体が悪く言われたり,僕の演技に対する反応が良くなければ気になって大変ですが,そうではなくてある程度良い評価を聞いて必ず高い視聴率だけで評価を受けたくはない。高い視聴率を記録した出演作‘私の名前はキムサムスン’ 時のヒョンビンと今のヒョンビンは違う。あの時は僕の顔を知らせて多くの愛を受けることが最高だったが今は人気より演技で認められたい”

ヒョンビンはドラマ‘チング’以後しばらく休息期に入る。これまで1年以上休まず駆けて来たので再充電をしてもっと大きな跳躍のために内実を固める計画だ。あわせて去年釜山国際映画祭でお目見えした事のある映画‘私は幸せです’の封切りが年末に予定されることによって映画広報で活動を再開する予定だ。

TOPRSSSUK2

2009 - July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.