‘チング’ヒョンビン収監生活悲しく切ない
MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’でドンスに熱演中のヒョンビンの劇中収監生活が視聴者たちの関心を引いている。

暴力組職をお父さんから受け継いだジュンソク(キム・ミンジュン)の代って,監獄へ行くことになる状況で収監生活の悽絶さと自分を面会に来たジンスク(ワン・ジへ)に対する憐愍が濃く染み出てきながら見る人々の同感を導き出している。

去る26日放送された10回ではドンスが初めて監獄生活をしながら,留鳥を働かせる既存収監者(キム・ビョンマン)から身辺の威嚇を受ける姿が描かれ放送後見せた11回予告で自分の命を狙う奴らの戦いに巻き込まれて,独房に収監される姿が登場し,視聴者の残念さを導いた。

こんな過程でヒョンビンの優秀に満ちた眼差しと苛酷な環境で生きるためにもがく姿が交差して“罪囚着を着てもその姿に注目が行く”“ヒョンビンの目つきにすさまじい状況がそのまま溶け込んでいる”という絶賛が続いている。

また収監生活をするドンスを随時面会して心配するチュンホ(イシオン)とソンエ(ペ・グリン)の姿も描かれて,たとえ囚人の身分である友人でも友情を捨てない温かい姿も見せて共感を得た。

このような状況は暴力や暴力組織の美化より登場人物が暴力組織に加担しながら処することになる極限状況と社会の処罰など背を向けなければならない荷がどれだけ多いのかに対する暗示がドラマに含まれて見たら起こる状況。




ドラマの製作社側は“一部では‘チング,俺たちの伝説’に対して‘暴力美化’や‘チンピラ素材’等の曲解された視線でながめる注目がある”としながら“むしろそのような世界の恐ろしさとすさまじさを見せる面がさらに強いから主人公らに対する憐憫ができる”と説明した。

一方,来る8月1日と2日に放送される11,12回でジュンソク樽石は自分の代わりをして監獄暮らしをしている友達同数(ヒョンビンの方)に対するすまない心を抱いてお父さんの組職を受け継いでこれを導く姿を見せる予定だ.

ヒョンビン,キムミンジュン,ソ・ドヨン,ワン・ジヘ,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリン,イ・ジェヨン,キム・ドンヒョン,イム・ソンギュなどが出演して過ぎ去った時期の郷愁を描いているドラマ‘チング,俺たちの伝説’は毎週土曜日と日曜日それぞれ午後10時50分と10時40分に放送される。