キム・ミンジュン,カリスマ演技で視聴者捕らえて
俳優キム・ミンジュンがカリスマ演技をお目見えして週末テレビ劇場で視聴者たちを捕らえている.

MBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説(以下チング)’からジュンソク役で熱演を広げているキム・ミンジュンは劇が進行されるほどジュンソクとしてカリスマを120%発揮している。

特に映画では公開されなかった高校時代のエピソードと追加されたストーリーでキム・ミンジュンは時にはコミカルに,または深刻なカリスマを吹き出して自由自在に演技を駆使しながら視線をひいている。

劇初盤映画‘チング’の中でユ・オソンのカリスマをキム・ミンジュンがどの位再演することができるのかに疑問が傾いたが彼の熱演にこのような疑問は消えたという評価だ。
クァク・ギョンテク監督もやはり“キム・ミンジュンの演技は期待以上だ”と言いながら“強いカリスマはもちろん感情や肉体的状況が達した演技までも立派にやりこなした”と評価した。

一方来る8月1日と2日に放送される‘チング’11,12回でジュンソクは自分の身代わりに監獄暮らしをする友達ドンス(ヒョンビン)に対する申し訳ない気持ちをを抱いてお父さんの組職を受け継いでこれを導いていく姿をお目見えする予定。