チョン・ユミインタビュー
チョン・ユミ“ドラマ·映画縦横無尽...準備された宝石”
(インタビュー)

新人俳優チョン・ユミの目つきは本当に綺麗だ。最近始めた映画撮影のためショートカットにして現われた彼女は明るくて可愛いうえ素晴らしかった。

ドラマ‘チング’に引き続きスター製造期イム・ソンハン作家の新しいドラマ‘手真似’にキャスティングされて映画‘ティファニーで朝を’の主演級役もするチョン・ユミの魅力は果して何だろう。

◆高校先生の一言に‘第2のチェ・ジウ’になる

学生時代チョン・ユミに‘内気’という言葉常に付いて回った。静かで大人しくて大きな反抗を一度もやってみたことのない彼女,高等学生になった後大きな変化が訪れて来た。

“高等学校1学年の時担任の先生が教務室で私を別で呼ばれました。そうしてからは‘演技を一度してみてはどう?’といわれるんです。その時まで私は芸能人になりたいという思いはなく,ただ平凡な子供だったんですよ。

初めはとても驚いたんです。大スターのチェ・ジウ先輩が高等学校同窓ですが,私の受け持ち先生がまさにチェ・ジウ先輩を芸能人にお作りになった方でした。自分も知らずにいた‘浮気心’を調べてくださって私を放送側に導いてくださったのです。あの時から演技学院に通いながら演技者の夢が大きくなりました。”

ちょうど家族がみな一緒に釜山からソウルに移ってチョン・ユミは漢陽大演劇連火科に入学した。ソウルに上京以後企画社や多くの所で契約がほしいほど俳優チョン・ユミの未来は坦坦大路のように見えた。



◆中国ドラマ主演...悪貪欲になって戻る

チョン・ユミは2003年CFでデビューした。以後映画‘シルミド’‘シングルス’に出演し,2004年KBSドラマ‘愛情の条件’そして 2005年映画‘ダンサーの純情’に出演しながらきちんと演技経歴を積んだ。

仕事がうまくいくようだったが突然中国ドラマの出演が決まった。2007年中国国営放送CCTVの‘ファイブスターホテル’の主人公でウーメンメン,チャン・ジュンニョンなど中国スター俳優たちと演技するようになった。

“中国に1年半位とどまりながらドラマ撮影をしました。急に決まった事なので準備があまりできませんでした。それに韓国であるスタッフは通訳を含んで二人,マネージャーもいなくて一人で活動したんです。劇中韓国人で出演し,中国語がそれほどしないものと思ったけど行って見れば中国語の台詞が70%もありました。放棄できずに死ぬほど中国語を練習して演技に集中しました。”

あまりにも長期間進行された撮影なので身も心も疲れていったが途中であきらめることができなかった。監督の指示事項を通訳を通じて伝わり受けることが不便で一刻も早く中国語を教わるように日夜で練習した。監督とちょうどすぐ疏通したら感情的な表現も良くなって現地人たちに‘中国人だと思った’と言う言葉を聞くほどに完璧な中国語を駆使するほどになった。

“主人公を演じることはその時が初めてでした。体当たりしながら,演技がもっと上手くなりたいという意志が出てきました。中国ドラマの撮影が終わって帰国してまた演技を始めた時前よりもっと切実にまたがんばるようになりましたよ。”





◆ドラマ‘チング’...また他で開始

2009年チョン・ユミはドラマ‘チング,俺たちの伝説’に会った。途方もない競争率を突き抜けてグループサウンズ‘レインボー’の鍵盤ミンウンジ役を引き受けて去る6ヶ月間‘故郷語’釜山なまりを思う存分使いながら演じた。

ドラマ‘チング’では主人公たちの本格的な成人演技が始まった。絡まって混ざった主人公らのラブラインにチョンユミも一役する。ジンスク(ワンジへ)のみを見つめるドンス(ヒョンビン)を簡単にあきらめないのだ。

“ウンジは高校時代合コンでドンスに初めて会って好み始めます。哀れにも留学に行ってきてもその心をたためませんでした。それで画家になりたがるドンスに物量攻勢をします。アメリカに行って来た以後積極的にダッシュをするのにその結果がどうなるのか見守ってください。”

チョンユミが演じるウンジはこれから80年代ニューヨーカーの粹な姿をお目見えする予定だ。実際アメリカで留学したクァク・ギョンテク監督が特別に衣装にたくさん気を使ったと。

“今まで作品を引き継いでした事がなかったけれど,今回は運が良く‘チング’が終わってドラマと映画を引き続きするようになりました。とても嬉しくて疲れることも気づかないで撮影中です。演技者として何かをしているという気がしてまた多様な役目を経験することができて良いです。映画もたくさん見て本もたくさん読みながらもう少し多様な姿をお見せすることができるように熱心に努力しています。”

新人俳優チョンユミ,綺麗で透明な眼差しが期待と希望できらめく.

チング,第9話三人の友情






































‘チング’ヒョンビン·キム・ミンジュン·イ・シオン,彼らだけの友情
俳優ヒョンビン,ミンジュン,イ・シオンがMBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’の去る放送分で特別な友情ラインを描いて気を引く。

劇中チュンホ(イ・シオン)は話にならない理由で自分を困らせるかと思えばソンエ(ペグリン)とのデートも無にする短期兵ソニムビョンをこらしめるつもりでドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン)に助けを乞う。

ソニムビョンの気持ちを合わせながら,2次でビールホールを尋ねたチュンホはしばらくお手洗いを行ってくると席を空けて,突然現れたごろつきらの姿に脅威を感じたソニムビョンの前に格好良く現れた。

実はごろつきたちはドンスとジュンソク,ドルコ(イム・ソンギュ)などチュンホの友達でチュンホとあらかじめ組んで,,身動きが出来なくなっているソニムビョンが見るというようにチュンホに丁寧にあいさつをしてチュンホはごろつきたちの頬まで殴ってソニムビョンの前で格好つける。

この場面は視聴者たちに大きな笑いをプレゼントすると同時に高校卒業後成人に入りながらそれぞれ違った生活を送り始めた友人らだが,友情だけは変わりなかったという事実を誇示した。

一方暴力組職に入るようになったドンス,ジュンソクが一緒に合宿訓練を一緒にしてお互いの苦情を話合いするなど暗くなる未来の前でも義理を取りまとめる姿を見せて残念さを買うこともした。

==============================================

このシーンは久しぶりに暖話感あってよかったです^^..
変わってドンスとジュンソク,二人揃って圧巻しますね..

‘チング’補充撮影開始



































事前製作‘チング’補充撮影で最高の完成度成し遂げる
ヒョンビン,キム・ミンジュンなど俳優たち快く撮影臨海

事前製作ドラマで関心を集めているMBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(脚本:クァク・ギョンテク ハン・スンウン キム・ウォンソク,演出:クァク・ギョンテク キム・ウォンソク)が補充撮影を始める。

ドラマの製作社側は28日“劇の完成度を高めるために今日から補充撮影を始める”と“視聴者たちにもう少し優れたドラマをお見せするため”と明らかにした。

10日内外で進行される補充撮影はすでに撮影された1〜20部展開撮影分に対して完成度を高めてストーリーの連結性を補強するためにソウルと釜山で進行される。

今回の補充撮影はドラマの展開の佳篇集を徹底的に検討した後なされるものだと‘ウェルメイドドラマ’で評価を受けている‘チング’の完成度をもっと高めてくれるものと予想される。

特に映画とは全く違う結末を予告されただけにその結末に至る過程などストーリーの仕組をよりがっちりして視聴者たちの共感を導き出すという意図だ。

演出を引き受けたクァク・ギョンテク監督は“ドラマの完成度を高めるための補充撮影に俳優らが快く応じてくれた”と“高い映像美は勿論,もっと仕組あるストーリーの構成にも助けになる”と明らかにした。

一方映画の中基本ストーリーを骨組みで多様なエピソードらをお目見えしている‘チング,俺たちの伝説’は高い映像米とヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,ワン・ジヘ,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリン,イ・ジェヨン,キム・ドンヒョン,イム・ソンギュなど出演演技者らの好演で注目されている。

ヒョンビンインタビュー[韓国日報]
20代から夢見て来た‘ドンス’...皆が止めさせてもやっていた
[クローズアップ] ドラマ‘チング’ヒョンビン
刃物で刺される最後のシーンは大変だったが一番気に入ってる

実際でもドンスのように‘馬草’...“働く時の勝負欲は止められません”

ドンスと言う名前で半年以上生きていっている。学生時代以後一番短く切った髪がこれからはぎこちない。撮影は終わったが製作関係者たちと会えば相変らず釜山なまりが自然に飛び出す。

MBC 週末企画ドラマ‘チング-俺たちの伝説’(脚本・演出クァク・ギョンテク) 出演以後ドンスと言う人物の余韻でま抜け出すことも出来ない俳優ヒョンビンと会った。

▲‘チング-俺たちの伝説’に出演した以後一番多く聞く言葉は何。

=(笑いながら)チャン・ドンゴン先輩の名前だ。チャン・ドンゴン先輩がどんな助言を伝えたのかを含めチャン・ドンゴン先輩が映画‘チング’で見せてくれた演技と比べる質問を一番多く受けた。

▲クァク・ギョンテク監督をお手洗いまで追いかけて,出演させてくれとせがんだと言うけど。

=監督ニムとチャン・ドンゴン先輩と三人で酒の席を持った。当時シノプシスとシナリオも見ていない状態だった。お手洗いへ行かれるのでついて行って“必ず出演したい”と言った。

▲出演決定に対して周りの反対が激しかったと聞いた。

=チャン・ドンゴン先輩と現場マネージャー以外は皆反対した。比較の対象になるだけだという言葉と上手でこそ本殿という心配が多かった。皆が止めさせてもしただろう。この配役は 20代初盤に映画‘友達’を見ながら夢見て来た役だった.

▲視聴率が予想より低調だ。

=初放送を皆と一緒に見ながら雰囲気が良かった。翌日視聴率結果が出て監督ニムの表情が良くなかった。6ヶ月死に物狂いで苦労したけどたくさんの人が見ていなくて気にされたようだった。

▲本人の気持ちはどうだったのか。

=(笑いながら)僕は(低い視聴率に)鍛練されている。慣れています。視聴率は自分の役割ではなく。見たいと思うように演技することまでが自分の役割事だ。決定は視聴者たちの役割です。

▲‘チング-俺たちの伝説’‘彼らが生きる世の中’‘私は幸せです’すべてちょっと重くて暗いキャラクターだ。意図したものなのか。

=MBCドラマ‘私の名前はキムサムスン’のようなロマンチックコメディーのためイメージがたくさん固まった。敢えてイメージ変身のために一連の作品を選択することはなかった。ただキャラクターに惹かれただけだ。

▲方言演技が良かった。もう方言は完全に捨てたのか。

=元々横言は使わなかった。(笑)相変らず‘チング-俺たちの伝説’の製作陣に会うと使うようになる。また方言のある作品が入ればもう少したくさん準備時間がほしい。

▲今度作品に出演してタバコをまたくわえたと聞いた。もう切ったのか。

=まだ切ることはできない。時期になればやめるでしょう。どうにかきっかけを作ろうとする。‘チング-俺たちの伝説’を撮影しながらはいつもよりタバコを吸う量が増えた。



▲撮影しながら一番大変だった場面を選んでくれ。

=刃物で刺される最後のシーンだった。一番大変だったけれど,一番好きな場面です。四日間撮った。雨が降るシーンだったのでとても寒かった。背景が暗くなければならなかったから夜明けから日がのぼる前までに撮った。

▲映画の中のドンスのように現実のヒョンビンも馬草みたいな面があるのか。

=うーん...僕もそんな面があるようだ。特異働く時の勝負欲はすごい。ドンスのように負けないために最善を尽くすほうだ。

▲映画の中のドンスとジュンソクのように一人の女性を置いて友達と争った事があるか。

=実際にそんなことはない。もしそんな事が起こったらどうするかと?‘あの女でなければならない’と思えば女を選択するでしょう。だが不明瞭に愛してしまうなら始めもしないでしょう。

▲チャン・ドンゴンのドンスとヒョンビンのドンスの差異点を教えてくれ。

=チャン・ドンゴン先輩の描いたドンスはもっと世苦荒い。これはドラマと映画の車でもある。短い映画ではドンスをもっと極端的に描くしかなかったはずだ。ドラマの中のドンスはメローと家庭事など映画では見えない部分まで見せてくれた。

▲‘チング-俺たちの伝説’に出演したことを後悔していないか。

=勿論です。今もいい選択だと思う。またやれと言われてもまったく同じ選択をするでしょう。

ヒョンビンインタビュー[マイデイリ]
ヒョンビン,真剣な目つきで変わった彼を見た
(インタビュー)

“チャン・ドンゴンヒョンが上手だったそうだ”“方言,限りなく努力した”

‘ドンス’といえばまだチャン・ドンゴンが浮び上がるのか?2009年にはヒョンビン(27)を思い出せば正解だ。彼から相変らず‘サムシギ’を見たら誤算。

2001年映画‘チング’をドラマ化したMBC‘チング,俺たちの伝説’でヒョンビンはさらに深くなった眼差しとヒョンビンだけのノワール的感性をお目見えしながら人目を引いている。

カメラの前ではカリスマあふれるヒョンビンだが実際に記者が会ってみたヒョンビンは真剣に話しながらよく笑うそんなやわらかい印象を持っていた。

相次いで続いたインタビューにも疲れたそぶりを見せなかったヒョンビンは“今度は何を飲みましょうか?”と言いながら話し始めた。

“常に惜しいです”

ヒョンビンは‘チング,俺たちの伝説’でハン・ドンス役を引き受けてジュンソク(キム・ミンジュン)との友情を重要視しながらもジンスク(ワン・ジへ)に対する一途な心で愛を捨てることができず心配をかけるひまわりのような男で,ごろつき組織の中では男性的な魅力を遺憾なく発揮している。

感情に充ちた眼差し,滑めらかな筋肉スタイルを誇示してドンスをヒョンビンスタイルで新しくさせている。

-10部まで出た(放送された)が心情はどうですか?

“惜しいです。ドンスのキャラクターを演じながら楽しかったが惜しい思いもたくさんしました。撮影に入る前に‘こんな演技をしなくては’とアイディアを2〜3ほど出してその中の一つを使ってOKサインをもらうが,終わってからまた別のアイディアが思い出されるのです。”

-ジンスクにひた向きなドンスだが実際のヒョンビン氏は?

“一人の女性に一途なところは似ています。共感にもなりますね。しかしドンスはジンスギに直接告白をすることができず手紙で思いを伝えますが僕なら隠さず話をします。それがちょっと違いますね。”

“ドラマ‘ドンス’を違うように見てくれる方々,ありがとう”

ヒョンビンは放送の前から映画‘チング’でドンスを演じたチャン・ドンゴンとの比較を当然のように受け入れなければならなかった.彼はそれは当たり前のことだと言いながら比較に超脱した姿だ。

-目つきの演技が一品だという意見が多いけど?

“ドンスを演じようと決心時次第準備した部分でもあります。僕が考えて準備したものが演技で表現されて視聴者方々が良く見てくれたらありがたいですね。”

-印象深い視聴者意見があるなら?

“個人的にありがたいのはドラマ‘ドンス’を違うように見てくれる方々。

-アクションシーン撮影が大変だったようだけど?

”そうです.刀,棒みたいな道具も使って相手と息が合わなければならないでしょう。神経がどうしても逆立ちます。後半部撮影の時は大変だったんですよ(笑)。でもアクションシーン撮影,楽しいです。“



“一番神経を多く使った部分は方言”

ソウル出身ヒョンビンに釜山方言の駆使には正直用意ではなかった。クァク・ギョンテク監督の予行方言講習,撮影中間に続く方言校正がヒョンビンのドンス演技を可能にした。

-初放が終わってヒョンビンの方言論議が一番多かったでしょう?

“それが意見がみんな違うんですよ。‘釜山の方言ではないね’と言う話が多いが,甚だしきは釜山出身(キム)ミンジュニヒョンにも何とおっしゃる方々もおられるんですよ。知ってみれば釜山内でも方言が違います。(まちまちな意見)見ながらこれ以上気を使わないと決心しました.”

-クァク監督ニムいわく,ヒョンビンさんが撮影の時方言ノイローゼにかかったそうですね?

“あ,それが実は撮影の前から方言積むのに時間を一番多く裂きました。シナリオリーディングが終わって監督ニムと1:1で別に方言授業を受けたりもしました。ところがそのまま方言を練習する時と撮影の時は違うのではないか。方言の台詞のみならず感情線も積まなければならない,撮影中に方言を違うように使うと監督ニムが無線機で台詞を読んでくださいますね。

その時確認してまた撮影入って行くのです。もしも監督ニムがディテールに神経使う事ができない時はフシ録音もして,とにかく方言を上手く使おうと 100%努力しました。他の人達は(チャン・ドンゴンとの)比較に気を使うけど僕は方言に一番神経をたくさん使いました。“

“僕の始めての作品ではシオンほどできなかったです”

‘チング,俺たちの伝説’は100%事前製作ドラマにまた‘チング’タイトルらしく演技者たち,スタッフたち,製作陣間でもっと親睦を図る機会が多かった。ヒョンビンは今回の作品で一番大きく得たことで‘人’を選んだ。

-演技の悩みを誰と一番多く分けたか?

“(イ)シオンです(笑)。宿所で休もうと思うと電話があります。僕は現場に行ってからするスタイルですが,シオニが翌日に撮影があればあらかじめ合わせて見ようと言うんですよ。それでは僕は台詞も覚えていないので,何を合わせてみるのかと(笑)。

シオニは今回が初作品ですが,本当に熱心にする友人です。僕の始めての作品を思い出して見たらシオニほどできなかったです。クァク監督ニムとも話をたくさんしました。ただ申し訳ないのが監督ニムがお酒が好きなのに僕が運動中で酒の席にあまり行けませんでした。行ったらあらゆる話をもっとできたのにそれが残念惜です。申し訳ないです。”



“ドラマがもっと良い”

‘チング,俺たちの伝説’は映画‘チング’をドラマ化しただけに原作との比較はもちろん俳優たちの演技力比較もまた避けられない課題だった。ここにヒョンビンは“映画よりドラマがもっと良い”と断言する。

-クァク監督ニムいわく,チャン・ドンゴンの演技よりヒョンビンの演技がもっと難しいはずだったと?

“初放送が終わって方言論議(?)がある時‘憂慮した仕事が起こって’ほしかったです。一作品で丸ごとすべて使う方言は初めてでナレーションもあるのに僕の分量はA44枚分ほどです。ドンゴンヒョンの描いたドンスが僕のドンスより強く見えて強い要素が多いです。ドラマはどうしても話を解きほくさなければならないから...ところで僕はドラマがもっと好きです。”

-今回の作品でイメージ変身になったと見る?

“イメージを変えなければと作品選択したことはただの一度もなかったです。もちろん見る方々は僕に対して刻印されたイメージがあるが,僕はロマンチックコメディー‘サムシギ’や富裕な家の青年のように僕がした役で少しずつ広げて行っている中です。”

-チャン・ドンゴン氏がどんな話をしてくれる?

“ドンゴニヒョンとは話をたくさんします。‘上手だった’と言ってくださいました。ヒョンも気になられたんでしょう。ヒョンがこの作品が僕にとって助けになることは明らかだといいましたが何のことなのかわかりそうです。”

ドンスを演技しながら変わった点を彼から直接聞きたかった。“顔の筋肉の使い方が変わりました。顔で表現する方式が変わったのです。監督ニムも今まで表現した表情を願いませんでした。例えば‘ボクスンア氏’がいるじゃないですか。前はしない行動だったんです。表現方法が増えたんです。”

ヒョンビンインタビュー
柔らかい男に荒い男で演技変身したヒョンビン
‘チング’ヒョンビン,“ロ−ルモデルはチャン・ドンゴン,しかし他の姿見せてくれるはず”

ドラマ‘チング,俺たちの伝説’でドンス役を引き受けた俳優ヒョンビンと正直ながらも虚心坦懐な対話を交わした。

彼は懇意な先輩と同時に同じ所属社家族であるチャン・ドンゴンとの似ている点を認めながらも差別化を強調した。

弱い隅がありそうだったヒョンビンに対する先入観は見栄えよく壊れて,ドラマの中のキャラクターのように男性らしい雰囲気が一杯だった。

▲‘ロ−ルモデルはチャン・ドンゴン’

ヒョンビンとチャン・ドンゴンの歩みを見れば類似性が多い.ハンサムな外貌,より増した男性美はもちろんで作品の歩みもそうだ。二人はトレンディ物で顔を知らせた。

引き続きチャン・ドンゴンは1999年映画‘情け容赦なし’で,ヒョンビンは去年釜山国際映画祭に招かれた‘私は幸せです’を通じて俳優としての可能性を認められた。

チャン・ドンゴンが映画 ‘チング’を通じて本格的な演技派俳優隊列に合流すれば,ヒョンビンは映画‘チング’を原作にしたドラマ‘チング,俺たちの伝説’を通じて盛りの演技力を誇示している。

“(チャン)ドンゴンヒョンが僕のロ−ルモデルではあります。しかしすべてのものがドンゴンヒョンのように行きたくないです。

あいにくにも演技を始めてから似ている時期で‘チング’に会ったという共通点があったりするが全然意図したことではないです。

初めドラマ‘チング’に出演提議を受けた時ドンゴンヒョンだけは除いて周りで皆‘上手くしても本殿’と言いながら引き止めました。ドンゴンヒョンはクァク・ギョンテク監督とともにしながら多くのことを学べると助言してくださいました。”

▲‘一つのためにオールインするくそ力’

容貌だけおいてみればヒョンビンは細心ながらも女性らしい性格があるようだ。しかしいざヒョンビンは男の中で残ろうというほどばか正直ながらも,自らの固執が強い俳優だった。

また最近ヒョンビンが演技したキャラクターと作品を思い出せば徐徐に実際の姿を取り戻しているようだった。
もしかしたらドラマ‘チング’の中でドンスが今まで演技したキャラクターの中でヒョンビンの実際の姿と一番似ているかも知れないという気がした。

“100% 辞書製作なのでそうか前作よりはいっそう気楽です.不足な部分を補うことができるという長所があったり.その間男性美にあふれるキャラクターをして見るとたくさん楽になったことも事実です。

特に‘友達’を撮影する間には少し余裕も出て,僕なりに演技の幅を広げて行っているようです。一つをすると心を食べればひたすらそれのみを眺めて,作品に有害なすべてのものなどをしないようにします.そのためか撮影の時監督ニムが寺で‘石頭’と呼んだりもしたんです。”



▲‘私は幸せだった’

インタビューをするうちにヒョンビンは映画 ‘私は幸せです’を数えきれなく言及した.この作品は精神病棟で会った患者と看護婦の切ない疎通を描いた作品。ヒョンビンは自分が処した状況にたまらなくて誇大妄想証という病気を得るようになったマンス役を引き受けた。

しかしこの映画は去年釜山映画祭で公開されて人目を引いたが惜しくもまだ封切りができない。それにもかかわらずヒョンビンは‘私は幸せです’を通じて自分がいっそうもっと成熟したことを打ち明けた.

“映画 ‘私は幸せです’に対する愛着が本当に大きいです。その作品を通じて自ら演技をたくさん学んだし,何より一番ありがたいことはあのひとり思うことができる時間がたくさんありました。自分を返り見られるし,演技に係わることでも自分自身のためでもすべての部分に対して考える時間が多くてその作品の影響も,愛着も大きいしかないです.”


▲‘挑戦は続く.チュ〜ウ’

 ヒョンビンの演技欲は誰と比較しても遅れをとらない程すごかった。自分もまだ分からなかった内面の姿を見つける楽しさを感じていた。ドラマ‘チング’に対する負担感を比較的簡単にふるい落とせた理由も‘これから作品一つだけすることは決してない’という思が強いからだ。海外進出に対しても控え目に口を割った。

“後悔したくない性格のためか一敵な部分では準備が徹底しなければならないという完ぺき主義であるようです。作品のために私的な部分も果敢にあきらめます.今までもそうだったが今後もしたことのないものなどに挑戦するでしょう。海外進出も機会があったら拒む必要はありません。ただ準備ができているならもっと良さそうだという気がします。”

TOPRSSSUK2

2009 - July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.