‘チング’のドンス,ヒョンビンVSチャン・ドンゴン“お前が行けハワイ”(インタビュー)
ヒョンビンとチャン・ドンゴンは今回のMBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(脚本クァク・ギョンテク,ハン・スンウン,キム・ウォンソク・演出クァク・ギョンテク,キム・ウォンソク・以下チング)を通じてまた一度の縁を悟った。

2001年映画‘チング’が封切りした時からチャン・ドンゴンが演技したドンスはヒョンビンが絶対にやってみたい役だった。“あの映画を見た時からそう考えました。あんな監督ニム,あんな作品,あんなキャラクターをやってみたいと考えたんです。あの時は本格的に演技をする時ではなくこの事をちょうど準備している時でした。”

ところが実際‘チング’をドラマ化するという話が聞こえてヒョンビンにシノブが伝えられた。“別に悩むことなく決めました。正直映画‘私は幸せです’(年末封切り予定)とKBS2ドラマ‘彼らが生きる世の中’を相次いで撮影することで大変でしたが。それでもドンス役を逃すことはできませんでした。”

同じ所属社チャン・ドンゴンも彼の出演消息を喜んだ。“初めてキャスティングになった時は(チャン)ドンゴンヒョンが‘お前にとって役に立つ’と言ってくれました。元々あの方はああしろこうしろと言うスタイルではありませんね。それほどであれば大きな助言をしてくれましたよ。(笑)”




‘チング’で一番有名なシーンはまさにドンスがジュンソク(キム・ミンジュン)に“お前が行けハワイ”と言うシーンだ。このシーンを撮影する時ヒョンビンの額に負けるしわも映画の中のチャン・ドンゴンと似ている。“絶対に似ているようにしていたわけではないのに監督ニムが感情演技で顔の表情をたくさん使って演技することが好きです。今回も監督ニムの注文でした。”

チャン・ドンゴンも今回のドラマに対する関心が高い。一度はドラマ撮影場も直接尋ねてきた。“当時ヒョンが映画を釜山で撮影されました。突然撮影場に立ち寄られましたよ。映画スタッフたちもそのままだったためか映画撮影時の記憶が次次と出てきました。本当に喜ばれましたよ。”しかし演技ではヒョンビンだけのスタイルを守ろうとする。”ドラマの中のドンスをヒョンビンの物だけで作りますよ。”