‘チング...’演技心配吐露
台本テープ聞いて練習

MBC週末企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’主人公ヒョンビンが自身の釜山なまりに対する視聴者たちの反応が一番気になったと明らかにした。

この作品で釜山男ドンスを演じたヒョンビンは24日スポーツワールドとのインタビューで“視聴者たちの反応が知りたくて,ドラマ視聴者掲示板をたびたび見る。 それでモザイクと共に方言に対する意見が一番多かった。方言は演じて放送する終始一番気になった部分”と話した。

ソウル出身のヒョンビンは“釜山出身の監督ニムが直接録音してくださった方言の台本テープを真似て映画も見て練習した。それでも問題になる部分は監督ニムが無線機を通じて聞く方言をまた聞いて演じた。大丈夫だというOKサインを受ける時まで繰り返した”と説明した。

ヒョンビンは引き続き“それでもソウル方々と釜山方々の間で僕の方言を置いて変だったり大丈夫だというなどとてもたくさんの言葉があった。僕の方言に対して話が出るのは大丈夫だが,作品自体にスクラッチを与えるかと思って気になった。後で否定的な意見が緩和されたようで今は大丈夫だ”と話した。