‘チング’ドンス,ジュンソクによって暗い組織世界入門‘苦々しい’
ドンス(ヒョンビン)が結局暗い組織世界に入門した。

7月19日放送されたMBC週末企画ドラマ‘友人,俺たちの伝説’8回でドンスは突然訪ねてきたジュンソク(キム・ミンジュン)と共に酒杯を傾けて久しぶりに懐抱を解いた。 ジュンソクはドンスに自身のお父さんが作った組織が散っているという苦しい心境を打ち明けた。

特にジュンソクはドンスの漁業仕事を妨害している‘新革新派’組織がドンスに決して侮れないチンピラたちだとを強調して何時の間にか自身の組織と一緒にすることを求めた。 ジュンソクは喧嘩も優れて義理や覇気もやはり格別なドンスが自身に大きい助けになることができるだろうと信じた。



翌日ドンスは普段父のように従った船長が予告なく襲撃した‘新革新派’チンピラらによって深いケガにあい降下に怒った。 ドンスは真昼に道の真中でチンピラらを訪ね,強い暴力を行使し結局警察に引きずられて行った。 ドンスは自身を助けるために警察署を訪ねてきたチュンホ(イ・シオン)に自身もチンピラになればどうなんだという言葉を用心深く取り出した。

チュンホは警察署一方で担当刑事にドンスの善処をお願いしているジュンソクを眺めて“一時ジュンソクが自分にもそんな提案をした”と打ち明けた。 チュンホはどうせ代を引き継いで,組織を守るほかはないジュンソクと違いドンスは自ら運命を選択して,そちら側にあえて入らなければならない必要があるのかとドンスを止めた。

以後ドンスは暴行罪で監獄に入ったがジュンソクが助けて被害組織で告訴を取り下げることによって数日目には解放された。 ドンスと対抗した組織‘新革新派’の親分はむしろドンスの覇気を気に入って自身の配下に引き込もうと出た。

一方この日放送末に登場した来週予告ではドンスがジュンソクの組織に合流して,2人者で活動して全く違う人生を生き始める姿が見られて,視聴者たちの心を残念にした。