ソ・ドヨン今はもっと知らせたいです..
ソ・ドヨン‘春のワルツ’から‘チング’まで
2006年KBS 2TV‘春のワルツ’で男主人公ユン・ジェハを演技したソ・ドヨン(28)は当時“本当にピアニストだと思った”という話をたびたび聞いた。

ピアニスト ユン・ジェハのようにソ・ドヨンも実際に性格が艶がなく鋭敏で,同時に芸術的気質が豊富に見えた。 額を覆った多い髪,スマートというより乾いたソ・ドヨンの体格はそのような感じをさらに強調した。

そうしたソ・ドヨンが丸坊主に釜山方言をとても濃く使う‘男’になった。 MBC TV週末特別企画‘友人,俺たちの伝説’のサンテク役を通じてだ。

“濃い男の話がとてもやりたかったです。 ワイルドな姿は俳優なら,誰でも夢見ます。 ‘チング’という作品に会ったのも幸運で,今回のドラマを通じて,撮影監督様から‘アクションしても本当に良い身体’という声を聞いたのも収穫の中の一つです。"

‘チング’のサンテクは組織暴力のジュンソク(キム・ミンジュン)とドンス(ヒョンビン)がかかわった事件のキーを握った人物だ。 主人公の友人中唯一大学に進学した彼は卒業後社会部記者になって,友情と記者倫理の間で悩む。

“高3の時‘チング’を見てとても衝撃を受けました。 僕には‘ビット’以後最高の衝撃で‘あれが真の男だ!’という感じが伝わりました。”

187僂垢襪里砲紡僚70圓離宗Ε疋茱鵑魯皀妊觸仗箸澄

“漠然と芸能界に憧れた”という彼は白馬部隊身柄教育団助教時期モデル出身の訓練兵に入って“僕があの子よりはもっとモデルが上手にできる”という思いで除隊後モデル学院を尋ねた。

“開始はモデルだったが,結局は演技がやりたかったです。 スターは望むことはありませんでした。 ただ演技が上手な俳優になりたかったです。”

だが,初めから演技が上手くできるか。‘海神’の護衛武士を経て‘春のワルツ’のジェハまで彼は台詞がとても少なかった。 演技力が不足したためだ。


“‘海神’時は‘はい,‘アシ’だけしたようです。 (笑),‘春のワルツ’では雰囲気つかむのに台詞がなかったので。 幸い一年恨みながら演技が少しずつは増加しているようです。 演技を100で捉えた時,もう10程度きたでしょうか? 前へ行く道が遠いという事がさらに楽しく期待されます。”




‘冬のソナタ’を作ったユン・ソクホPDとの作業で彼は事実日本でさらに有名だ。 ‘春のワルツ’で日本プロモーションをたくさんしたため。

“‘春のワルツ’が国内では良い成果を出すことができなかったが,日本では反応が良くて,それさえも大きい慰安です。 僕がそのドラマを撮影して左側頬骨が陥没する負傷しました。 その時は本当に世の中が崩れる感じでした。 再び演技ができないと思いました。 20回分ドラマの10回程とった時だったが最後までどう撮影を終えたのかわからないです。 その時の経験が僕を成熟するようにしたようです。 同時に余裕も持つことができることになりましたし”

‘春のワルツ’以後KBS 2TVシチュエーションコメディ‘止められない結婚’で緩む演技を披露した彼は‘チング’を通じて,新しく新たに出るように願う。 実際に彼は今回のドラマを通じて,スポーティーなヘアースタイルが期待以上によく似合うという評価を受けてスタイル変身から成功した。

“普段でもバスによく乗って通って,人を観察することを楽しみます。 演技に役立ちますね。 少し前まで帽子をかぶって出て行けば知られる方もあまりなくて時々‘歌手ではないのか?’と尋ねたりしました。 (笑)今はソ・ドヨンを知らせたいです。"

‘チング’主人公ら本格成人演技始動


ドラマ‘チング...’主人公ら本格成人演技
MBC週末企画ドラマ‘友人,俺たちの伝説’が映画原作で見せてくれたストーリーらの裏話を多様な形式で展開している。主人公らの成人期に入り込みながら可能になったことだ。

最近放送でジュンソク(キムミンジュン)が麻薬に抜けて,人生を浪費する背景とドンス(ヒョンビン)が船に乗りながら,危険に抜けたジンスク(ワンジヘ)のお父さんを救うようになる理由などジンスクと二人の男の愛情ラインに変化の要素が意味あるように登場する。

映画では結果が大きく浮び上がったとすればドラマでは二人の友情以上の競争心理やジンスクに対する不便な心理の理由をそれぞれのストーリーを通して,ドラマスタイルで展開している。

サンテク(ソ・ドヨン)が友人らから離れて,ソウル生活と軍服務をしながら体験する仕事を通して,1980年代当時の世相を反映すると同時に以後全体ストーリーでサンテクの役割を暗示しているのも同じ脈絡.だけでなくチュンホ(イシオン)とソンエ(ペ・グリーン)が恋人関係を維持,発展させるコミカルな姿も比重あるように登場して,やや重い中心ストーリーに活力を与えている。




‘チング’ドンス,ジュンソク,高校卒業後変わった人生‘ほろ苦い’
父が組織暴力団のジュンソクは町内ばたやの道に陥った。 ゲーム場で仕事をしていいかげんに生きたジュンソクはサンゴン(イ・ジェヨン)にそそのかされ,麻薬に手をつけた。 禁断症状を見せてジンスク(ワン・ジヘ)に暴力をふるい,町内ばたやに袋叩きにされを人間のクズの没落を見せた。

ドンスは貧しいがまともな人生を生きていきつつあった。 ドンスは幼い時好きだった絵を描く夢をかなえたいという欲で金を儲けるために魚船に乗った。 不正を堪えられず,黙黙と自身の人生を誠実に生きていくドンスは行く先にはチンピラになるという事実が残念なほどであった。

4人の友人らの中で唯一勉強ができたサンテクはソウル大生になった。 大学生になったサンテクはデモに参加したり,不条理な社会に対する怒りを表わした。 結局サンテクは裁判官ではなく良心を伝える記者になるという夢を抱き始め,自身の人生を設計し始めた。

チュンホは相変わらずだった。 専門大生になったが防衛で軍に入って暇ができれば予備軍通知書を回すという言い訳でソンエ(ペ・グリン)を訪ねて行き会って,愉快で楽しい姿は相変わらずだった。 またジュンソクとサンテク,いつのまにか疎遠になった二人の友人がまた会うことになり,相変わらず,きっぷのいい笑いをプレゼントした。

もちろんレインボーメンバーも同じこと. ソンエは高等学校卒業後衣料品店で仕事をして,ジンスクは銀行員になった。 家が裕福だったウンジ(チョン・ユミ)はソウルにある女子大に進学して,レインボーメンバーらも大人になった後互いに会えなくなっていた。

ドンスが沿線漁船に乗った船で病気になったジンスクのお父さんを助け,彼を背負って家まで連れていく場面が放送された。ジンスクの父はドンスに“私はお前に一生の借金を残した”とドンスが去った後にはジンスクに“お前たち付き合ってるのか?”と尋ね,今後ドンス-ジンスク-ジュンソクの三角関係を予想させる。これはもちろん映画でにほとんど扱われなかった内容。

映画では結果が大きく浮び上がった反面,ドラマの中では二人の友情以上の競争心理やジンスクに対する不便な心理の理由などをドラマ的スタイルで新しく展開している。

劇中サンテク(ソ・ドヨン)が友人らから離れ,ソウルの生活と軍服務をしながら体験する事もやはりドラマではもう少し比重あるように扱って映画とまた違う思いを与えている。

ジンスクが麻薬中毒になったジュンソクにこれ以上会わないと決心して,ジンスクを間に置いたジュンソクとドンスの愛情の歩みが本格展開し始めた。

製作会社側は“映画‘チング’のストーリーはだいぶ整理されて,強い感じを与えた反面,各事件の因果関係に対する気がかりが誘発するようになった”“ドラマは多様なエピソードらで各回を構成,中心ストーリーを説明すると同時にTVドラマの話展開特性も持つようにした”と説明した。

一方,主人公らの成人期が本格的に展開して硬い映像美がより一層光を放っている‘友人,俺たちの伝説’は毎週土曜日と日曜日それぞれ午後10時50分科10時40分に放送されている。

TOPRSSSUK2

2009 - July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.