ソ・ドヨン‘春のワルツ’から‘チング’まで
2006年KBS 2TV‘春のワルツ’で男主人公ユン・ジェハを演技したソ・ドヨン(28)は当時“本当にピアニストだと思った”という話をたびたび聞いた。

ピアニスト ユン・ジェハのようにソ・ドヨンも実際に性格が艶がなく鋭敏で,同時に芸術的気質が豊富に見えた。 額を覆った多い髪,スマートというより乾いたソ・ドヨンの体格はそのような感じをさらに強調した。

そうしたソ・ドヨンが丸坊主に釜山方言をとても濃く使う‘男’になった。 MBC TV週末特別企画‘友人,俺たちの伝説’のサンテク役を通じてだ。

“濃い男の話がとてもやりたかったです。 ワイルドな姿は俳優なら,誰でも夢見ます。 ‘チング’という作品に会ったのも幸運で,今回のドラマを通じて,撮影監督様から‘アクションしても本当に良い身体’という声を聞いたのも収穫の中の一つです。"

‘チング’のサンテクは組織暴力のジュンソク(キム・ミンジュン)とドンス(ヒョンビン)がかかわった事件のキーを握った人物だ。 主人公の友人中唯一大学に進学した彼は卒業後社会部記者になって,友情と記者倫理の間で悩む。

“高3の時‘チング’を見てとても衝撃を受けました。 僕には‘ビット’以後最高の衝撃で‘あれが真の男だ!’という感じが伝わりました。”

187僂垢襪里砲紡僚70圓離宗Ε疋茱鵑魯皀妊觸仗箸澄

“漠然と芸能界に憧れた”という彼は白馬部隊身柄教育団助教時期モデル出身の訓練兵に入って“僕があの子よりはもっとモデルが上手にできる”という思いで除隊後モデル学院を尋ねた。

“開始はモデルだったが,結局は演技がやりたかったです。 スターは望むことはありませんでした。 ただ演技が上手な俳優になりたかったです。”

だが,初めから演技が上手くできるか。‘海神’の護衛武士を経て‘春のワルツ’のジェハまで彼は台詞がとても少なかった。 演技力が不足したためだ。


“‘海神’時は‘はい,‘アシ’だけしたようです。 (笑),‘春のワルツ’では雰囲気つかむのに台詞がなかったので。 幸い一年恨みながら演技が少しずつは増加しているようです。 演技を100で捉えた時,もう10程度きたでしょうか? 前へ行く道が遠いという事がさらに楽しく期待されます。”




‘冬のソナタ’を作ったユン・ソクホPDとの作業で彼は事実日本でさらに有名だ。 ‘春のワルツ’で日本プロモーションをたくさんしたため。

“‘春のワルツ’が国内では良い成果を出すことができなかったが,日本では反応が良くて,それさえも大きい慰安です。 僕がそのドラマを撮影して左側頬骨が陥没する負傷しました。 その時は本当に世の中が崩れる感じでした。 再び演技ができないと思いました。 20回分ドラマの10回程とった時だったが最後までどう撮影を終えたのかわからないです。 その時の経験が僕を成熟するようにしたようです。 同時に余裕も持つことができることになりましたし”

‘春のワルツ’以後KBS 2TVシチュエーションコメディ‘止められない結婚’で緩む演技を披露した彼は‘チング’を通じて,新しく新たに出るように願う。 実際に彼は今回のドラマを通じて,スポーティーなヘアースタイルが期待以上によく似合うという評価を受けてスタイル変身から成功した。

“普段でもバスによく乗って通って,人を観察することを楽しみます。 演技に役立ちますね。 少し前まで帽子をかぶって出て行けば知られる方もあまりなくて時々‘歌手ではないのか?’と尋ねたりしました。 (笑)今はソ・ドヨンを知らせたいです。"