‘友人’キム・ミンジュン“ユ・オソン負担?正直感じる間なかった”(インタビュー)
800万興行神話を作った映画‘チング’‘チング’は男たちにあって,映画それ以上の意味だった。

それで‘チング’が何と9年という歳月を超えて,ドラマで作られるといった時,チャン・ドンゴンが演技したドンス,ユ・オソンが演技したジュンソクが迷惑をかけるか大きな関心が傾いたのは事実だ。

結局MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’にドンスはヒョンビン,ジュンソクはキム・ミンジュンがキャスティングされた。

原作があるすべての作品のリメークがそうであるようにキム・ミンジュンとヒョンビンはユ・オソンとチャン・ドンゴンの壁を飛び越えるために血の出る努力をしなければならなかった。

特にキム・ミンジュンはユ・オソンが観客らの頭の中に明確に刻印させたジュンソクをぶち壊さなければならなかった。 負担になることもあるが,キム・ミンジュンは正直に感じる間が全くなかったときまり悪いように打ち明けた。

“正直言えば生意気にも感じる間がなかったんです。ドラマは映画よりはるかに多い分量でしょう。 また各シーンごとにとる前にはリハーサルは抜けずしました。

あまりにも量が多くて,キャラクター分析して,理解して,練習してユ・オソン先輩を意識する余裕がなかったです。 自分の演技だけすることに忙しくて,ユ・オソン先輩がどんなキャラクターだったのか振り返る景況もありませんでした”


もちろんキム・ミンジュンも映画‘チング’を数十度回して見た。 それだけうまくやりたかったし,完璧にしたかったため数十度見ながらも全く疲れなかった。 欲多いキム・ミンジュンにあって,映画は模範答案ではなかった。 映画を繰り返し回し見て,ジュンソクという人物に対する正解を探すために努力した。 それならキム・ミンジュンはジュンソクをどのように表現したかったのだろうか?


“ドラマ‘チング,俺たちの伝説’は映画‘チング’とは違います。 もちろん僕もユ・オソン先輩とは違います。 ‘チング’という作品は好きで‘チング,俺たちの伝説’は憲政版ではないですか? ユ・オソンという俳優をオマージュしたのでもないです。 もちろんジュンソクという人物に対する解釈は似ていることもあります。 でも明らかに僕が演技するジュンソクは違います。 自信があります”

キム・ミンジュンはハン監督に聞いた助言を打ち明けた。 キム・ミンジュンがジュンソクに近付く必要もなく,ジュンソクがキム・ミンジュンにくる必要もないということ。 またユ・オソンのジュンソクまでも行く必要なく重力が導く方向のとおり中間地点で会うことが最善だというものだ。 キム・ミンジュンは助言を聞いて負担感をさっと振り払ってしまい自身が考えるジュンソクを思う存分表現していると明らかにした。

“もちろんまだ撮影がすべて終わったわけでなないです。 補充撮影がちょっと残っています。 うん...何というか? 後を磨かなかった気持ち? 旅行も行ってちょっと休みたいがまだ肩で緊張を引き回せません。 でも‘チング,俺たちの伝説’は僕が本当に後悔のない作品です。 人々の前に自信あるように出せるから多くの人に見ていただけたら嬉しいです”