イ・シオン“ヒョンビン-キム・ミンジュン,空のようなスター友人で”(インタビュー)
MBC週末企画ドラマ‘友人,俺たちの伝説’(以下チング)で友人4人衆中1人のチュンホで扮している新人演技者イ・シオン. 1千対1の高い競争力を突き抜けてそうそうたる演技者らと肩を並べる幸運を得た。

イ・シオンはキャスティングされた直後“ヒョンビン氏とキム・ミンジュン氏に迷惑をかけてはいけない。 本当に命をかけてやらなければならないと考えた”と打ち明けた。

ヒョンビンとキム・ミンジュン,彼がすることに演技する俳優らは最高のスターだった。

釜山でオールロケに進行された撮影によりイ・シオンは数ヶ月を彼らと共に同苦同楽した。 演技に対する助言を聞いて,情操的にたくさん同じ思いをして人生のパートナーらを得た。

イ・シオンはインタビューずっと共に出演した俳優らに対する賞賛を惜しまなかった。

“同年齢ヒョンビンを見て‘わけもなくあの位置にいるのではない。 あの席にいてもかまわないほどの友人だ’と思いました。 俳優に対する愛着が多いようです。

僕たちと一緒にいると人間ヒョンビンの姿ですが,撮影会場に行けばドンスに完璧に変わるんですよ。 新人時期体験する困難に対しても助言をして,話さなくても何の悩みがあるのか見抜きました。”

“(ソ)ドヨンヒョンは本当に変わり者です。 初めて見た時は髪が長かったが本当にハンサムでびっくりしました。‘あの人に近づくのは難しいだろう’と思いました。 ところが常に僕を助けてくださってどこへ行っても連れて行って下さって。 今は本当に実兄のようです。”

特に映画‘サラン’時から俳優で憧れたキム・ミンジュンに対する話は終わりもなく続いた。



“ミンジュ二ヒョンは怖いと思ってたが会ってみると本当に痛快な人です。 演技だけでなく細かくよく面倒みて下さって感動受けたことが何度かあります。 撮影の前日,新人がカメラ前に立てば難しいだろうと,台本の練習を一緒にしてくれたり母方のお祖父さんの葬儀場にもきて,とても慰労して,多くの力を得たりもしました。”

それと共にイ・シオンはインタビューの時着ていた服を示して“ミンジュ二ヒョンが誕生日プレゼントして下さった服です。本当に細心な方です”と自慢するのに余念がなかった。

イ・シオンは“‘チング’をやりながら大切な人と本当にたくさん会った。 人福があるようだ”としてパッと笑った。