オッパ部隊?これからは叔母部隊!アジュンマ,花美男に抜ける!(MBC スペシャル)
これからはこれ以上オッパ部隊じゃない.
MBCスペシャル,“‘コッナム’イ・ミノファンミーティング80%が30代,40代のおばさんだった!”

17日放送されるMBC‘スペシャル’で大韓民国30代〜40代主婦たちと深層インタビューを通じて見つけた私たちがまだ知らなかった‘彼女たちの世界’を扱った.

これからはヌナ部隊,イモ部隊だ.7月17日放送されるMBC スペシャル‘アジュンマ,彼に’と言うスターに抜けた30〜40代アジュムマたちの生の活力素になっている活発なファン活動に対してよく見る.

去る6月21日日曜日午後,KBS 2TVドラマ‘花より男子’主人公イ・ミノ(ク・ジュンピョ役)のファンミーティングが開かれた。最近最高に‘浮かび上がる’スターであるほど,ファンミーティングチケットを占めるための競争は熾烈だった。

イ・ミノファンミーティングチケットを占めるために熾烈な競争が起り,驚くべきことに大変な競争をくぐって集まった人の80%以上は 10代ではなく30,40代女性たちだった。

ご主人と子供がいるアジュンマたちが年幼い花美男に沸き返っていること。彼女たちを眺める視線はほとんどが冷い。‘年値段できない’‘分別のない女達’で照らされ.彼女たちもそういう視線が分からないわけではない.しかし相変らずスターに向けた熱い思いは折ることはできない。

雨には‘ピナム’ソ・ジソブには‘ジソブポエボ’,ヒョンビンには‘テピョンソン’,イ・スンギには‘イモカフェ’など最高のスターには間違いなく連想ファンカフェがある。カフェたちは満20歳以上またはスターより必ず年上にすると加入が可能な難しい条件を立てているが10万名以上という驚くべきな規模を誇る。

それならアジュンマたちがこのように‘パンジーを’を続く理由は?彼女らはペンジルを始めた後健康回復はもちろん生自体にも活力を得ると言う.疲れてだるくて繰り返される主婦と母として生の中で自分を失ったまま暮して来たアジュムマらに幻想の中のイメージだがスターの笑いは最高の慰労になる。

格別な個人の変な趣味生活ほど単純に照らされだけ,大韓民国10万が過ぎるアジュンマがどうしてこんなペンジルに嵌るのか理由は果して何だろう?‘MBC スペシャル’で積極暴いて見る.放送は17日午後10時55分.