ヒョンビン,感性的目つき演技視聴者‘好評’
MBC週末企画ドラマ‘友人,俺たちの伝説(以下チング)’で主人公ハン・ドンス役で熱演中のヒョンビンに対する視聴者たちの好評が続いている。

先週末放送された5,6部でドンス(ヒョンビン)は高等学校を離れて,魚市場で仕事を始めた。 不幸な家族史,不運の学生時代を後にして新しい人生を切り開くことになった。

難しい暮らし向きのせいで好きだったボクシングも,絵もまともにできず夢をあきらめなければならなかったドンスは結局学校を離れ険しい仕事を始めることになる。お父さんに対する傷,お母さんが家族から離れてしまった痛みそして自身の夢を広げることもできない残念な状況までドンスの不幸な運命は見る人にとって弱々しい感情を持つようにさせる。

特に,ドンスで熱演中のヒョンビンの感性的目つき演技がキャラクターにより一層没頭させている。 映画とは別でヒョンビンはドンスの痛みと傷を彼だけの寂しいペーソスでキャラクターの真正性を加えているという評価だ。

ヒョンビンはやはり“ドラマの中での各場面ごとの状況によって,ドンスの目つきや感情を違うように表現した”“これからドラマで見るドンスの変化を見守ってくれ”と明らかにした。

放送後,視聴者たちもヒョンビンの目つき演技に対する称賛一色だ。 “ヒョンビンがドンス役を担って安定した演技を披露している”“ヒョンビンの目つき演技に弱々しさがついて出る。 ドンスのキャラクターにどっぷり浸かった”等の評を上げている。




ヒョンビン-ワン・ジヘ-キム・ミンジュン興味津々三角関係
ドラマ‘チング’が本格的な三角関係で愛情戦線を形成した。
去る放送分でドンス,ジュンソク,ジンスク三人の三角関係が繰り広げられた。

劇中友人だけを過ごしたドンス,ジンスク,ジュンソクの三人が高校卒業をして各自の社会生活開始と共に成人になりながら,お互いに対する心を表現するようになった。

ジュンソクは小学校5学年の時死んだお母さんの遺骨を叔母を通して,日本に送りながら寂しい気持ちでジンスクを訪ねて行き,焼酎一杯を共にしようと提案する。焼酎の杯を傾けたジュンソクはお母さんの遺品の日本人形をジンスクに渡してジンスクは自身を見送ってくれたジュンソクを強く抱きしめた。




引き続きドンスとジンスクの間にも愛が芽生えた。
魚市場で仕事をするようになったドンスは船長の勧誘で出港を悩んでいる間ジュンソクの家を久しぶりに訪ねて,ジンスクが初月給で買ってきた牛肉を夕方一緒に食べることになる。

ドンスが出港をするという事を知ったジンスクは船が離れる前ドンスを訪ねて,ハーモニカを渡しながら“陸地へ一人の物を持っていけば無事に戻れる”といってジンスクの家の電話番号が書かれた手帳を一緒に渡す。

ジンスクの贈り物に感動したドンスは“無事に戻って,電話するよ”といって船に上がった。

ドラマ‘チング’で彼ら三人の関係は映画‘チング’では現れなかったことが視聴者らの気になるものを解消しながら,大きい関心を集めている。