クァク・ミンソク“ヒョンビンにまともに殴られました”
“ヒョンビンにまともに殴られました。”MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’に出演中の演技者クァク・ミンソクがヒョンビンとの激闘シーンで絡まった因縁を公開した。

‘チング,俺たちの伝説’で劇中クァク・ミンソクが引き受けた役割はドンス(ヒョンビン)のお母さん(ィエスジン)を誘惑,家庭を捨てて家出するようにさせた‘クレンナム’で,ドンスの幼い時期が不遇な原因の中の一つを提供する人物だ。

7月11日放送された5回では高校生になったドンスの前にお母さんが帰ってきてクレンナムもやはりドンスのお母さんの周辺を徘徊して結局ドンスに袋叩きにされる状況が演出された。この日放送撮影でクァク・ギョンテク監督はヒョンビンにドンスの怒りを表現するために実感できる腕力を要求したという。

クァク・ミンソクは“一度でOKシーンを選んでみようという考えにまともに殴ってくれと言ったが撮影が続いて見たら実際に当たる状況がかなり長く演出された”として“翌日全身にシップ薬をつけるほど苦労したが撮影がよく終わってうれしい”と明らかにした。

実際この日の撮影では現実感あふれる演技をしてヒョンビンもやはり八等に傷を負い演技後に演技者らがお互いを励ましたという後門だ。

‘モダンボーイ’,‘台風’等の色々な映画に出演したクァク・ミンソクは今春放映されたドラマ‘帰ってきたイルジメ’でハ・リスと愛の心を広げるなど各ドラマと映画で個性強いキャラクターをお目見えした演技者だ。

一方,ドンスとジュンソク(キム・ミンジュン),サンテク(ソ・ドヨン),チュンホ(イ・シオン)等男の友人らとジンスク(ワン・ジヘ),ウンジ(チョン・ユミ),ソンエ(ペ・グリン)等‘レインボー’メンバーらの高校時期が描かれて,明るい雰囲気で切り替えた‘チング,俺たちの伝説’は毎週土曜日(午後10時50分)と日曜日(午後10時40分)に放送されている。