クァク・ギョンテク監督“ヒョンビン-キム・ミンジュン,方言に問題はない”
MBCドラマ‘チング,俺たちの伝説’のクァク・ギョンテク監督が二人の主演俳優ヒョンピンとキム・ミンジュンの演技に対して満足感を表わした。

クァク・ギョンテク監督は最近アジア経済新聞と会ってチャン・ドンゴンとユ・オソンが出演した映画‘チング’に比べて,ヒョンビンとキム・ミンジュンが押されるのではないかとの質問に‘やはり初めは同じ考えではなかったのか”と聞き返した。

彼は引き続き“序盤にいくらかたくさん心配にはなった”“ピンやミンジュンが演技する時,これで良かったのだろうか違うほうがよかったのか頭の中がいつも複雑だった。俳優らを立たせておいても初めはチャン・ドンゴンとユ・オソンが見守る感じがした”と話した。

クァク監督はそんな感じが長く続かなかったといった。
10%程撮影を終えて出た後からはむしろその反対現象が現れたという。“まるで映画の中でピンとミンジュン人がいるような感じがするほどでした。視聴者らも同じだと思います。もう少し見ればヒョンビンとキム・ミンジュンがドンスとジュンソクだと感じられるでしょう。私がそうだったように。”

クァク・ギョンテク監督は二人の俳優の方言演技に対しても満足感を表わした。“ミンジュンが本来釜山生まれなので心配はなかったがビンが問題でした。私もやはりどれだけか心配になりました。

どんな方法でいってもなまりに対する話が出てくると思いました。それでピンにも100点ではなく80点でも大丈夫だという考えでしろといいました。”方言演技にはドラマと映画の差もあった。

映画では台詞が短くて,強い抑揚で方言演技をすればイメージも明確に与えられ意味伝達も明らかだがドラマでは彼とは違うために。“映画でチャン・ドンゴンは台詞が短かったんです。2,3行ずつ続く台詞が殆どなかったんです。ところがピンは一番長くて4分ほど独白ナレーションもあります。ピンは本当に努力してがんばりました。

‘あれが方言というのか’という言葉を聞かなければ大丈夫だと思いました。現場で私が聞いてぎこちなければ直したでしょう。私は満足しています。”

彼は今回のインタビューで映画とドラマ製作にあって一ジャンルはもっと大変かという質問に“ドラマははるかに大変だ”“映画に比べて,一編あたり製作費が少ないから時間で解決しなければならない。 それで休み時間寝る時間を減らしながら分量印刷できる”故ドラマ製作の苦衷を吐露した。

視聴率を初めて味わったクァク監督は“初日に放映して視聴率受けてみると翌朝に衝撃受けた。 仕事をするのが嫌だった”“そうしてもみた方々が9:1で称賛が多くて,よく努めた跡が見えるという話が多くて,一日が過ぎて頑張ることができた”と打ち明けた。

クァク監督はまた医者出身のお父さんの話を取り出してシナリオを書けば常にお父さんに先にお見せしたと付け加えた。

一方MBC‘チング,俺たちの伝説’を通じて,主演俳優のヒョンビンとキム・ミンジュンのビッグバンのパフォーマンスがミュージックビデオ形式で電波に乗るだろうという報道が出てきて話題を集めている。