Cover Story..
クァク・ギョンテク監督の映画‘チング’は820万観客を動員しながら2001年韓国映画の興行記録を樹立した。
特にある劇場の中で上映館が幾つもあるマルチプレックス上映館が一般化された時期ではない。

一劇場にスクリーンが一つだけである単冠時代に‘チング’は‘19歳以上観覧可’という弱点にもかかわらずチャン・ドンゴン,ユ・オソンなど演技派スターたちと映画内外の数え切れない問題を生んだ。2009年,クァク・ギョンテク監督は映画‘チング’で終えることのできなかった話を持ってブラウン管に戻った。映画‘チング’とドラマ‘チング: 俺たちの伝説’はどんな点が同じでどの点が違うのだろうか。





クァク・キョンテク監督の \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'友達\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\',映画 VS ドラマ

クァク・ギョンテク監督,映画で終える事のできなかった言葉を伝える

ヒョンビンとキム・ミンジュンを全面に立ててソ・ドヨンと新人ワン・ジへ,イ・シヨン,チョン・ユミ,ペ・グリンなどを起用したドラマ‘チング,俺たちの伝説’の最初の仮題は‘チング,その終える事ができなかった話’だった。

映画というジャンル的特性の上根掘り葉掘り観客で説明するよりは感覚的に事件を構成したり,暗示を通した表現が少なくなかったために映画ではできない言葉が少なくなかった,しこれをドラマを通じてするという意志が入れられた。クァク・ギョンテク監督に具体的に映画のどの部分が惜しくドラマを通じてもっと見せたかったのかに対して尋ねた。





Q.どう彼らは‘友達’になったのか

映画で児役分量はただ何人にもならない.ただ友達がとても親しいという事は明らかで,
人が親しくなるきっかけにが現れなかった。

すでに公開されたドラマ1,2回でジュンソクとドンスお互いが恥ずかしく思う部分
(それぞれ組職暴力団の息子ということと葬儀社の息子ということ)を共有してお互いに友情を確かめていく。

また勉強ができるサンテク,ほらがひどいチュンホをジュンソクとドンスが時には助けてまた頼りながら友情を積む過程が幼年期と高校時代の多様なエピソードを通じて公開される。


Q.ドンスはなぜジュンソクに強い劣等感を感じるのか

ジュンソクとドンスは明らかに友情をわかちあう懇意な友人間ではあるが
映画の中で二人の対立も頂点に上がってこれによってドンスは命を失うことさえする。

こんな葛藤の裏面にはジンスクという女がいる。ジュンソクとドンスはジンスクに一目惚れするが友情という名前の下,感情を隠して結局ジンスクはジュンソクと繋がってしまう。

見えない三角関係になるが,ドラマではジンスクを置いて葛藤を経験する二人の男の話に映画でジンスクと慎ましいキスを分けたサンテクもジンスクに恋心を感じる過程を追加した。



映画の中でのジンスク(キム・ボギョン)とドラマの中でのジンスク(ワン・ジへ)


Q.あの時代には笑うことができない社会像が多かった

1970年代と1980年代を横切る時期は韓国社会が先進化される町角にあった時に政治,社会全般に未成熟さが伺える要素が多かった。

当時小学校では家庭環境の調査(‘家にどんな家電製品があるのか’と言う式)や爪清潔検事などが成り立ち,教育の熱が高まり始めながら教師らに対する父兄らの寸志攻勢も本格化された時期だった。また選挙には不法的な贈り物や金の封筒などが少なくなかった,政治家たちが組職暴力団と結託されたり政治的に大学生たちを弾圧する事も数多かった状況だった。

こんな時代的状況らが果敢に省略された映画とは違いドラマの中にはコミカルな要素で位置づけている。例えば国会議員選挙で不法的に回した贈り物をチュンホが引き出して他の地域に売り飛ばしながら‘中継貿易’を搖り動かす場面などがそれだ。


映画とドラマ,同じ点と違う点

映画とドラマの間には共通点と一緒に統差異点も頻繁にできたようだった。それでは映画‘チング’がドラマで変身しながら見せてくれる‘同じ点’と‘違う点’はそれぞれどんなものがあるだろうか。





[同じだ]

1.映像美


映画‘チング’でクァク・ギョンテク監督が見せた個性ある映像美はドラマにそのまま解け込ませた。ファン・ギソク撮影監督など映画‘チング’の主役たちを含めて映画製作スタッフたちが大挙ドラマに投入されたため。

おかげで照明セッティングなど撮影準備作業だけも一般ドラマの撮影準備時間の三,四倍が上がるほど強行軍が続いたがそれだけに画面の質は良くなった。

また撮影された映像に対してはシルバーリテンションという特殊な技法の後処理が成り立ち映画で見せてくれたカラーだが黒白の深い味と荒い感じを持った独特の映像をTVでも見られるようになった。



2.男性美





映画やドラマがすべて逃せない要素がまさに男友達熱い友情。

敵対組職のボスになっても幼い時期から純粋に受け継いできた友情の紐をおかない男たちの姿は彼らの職業が組職暴力団とそして記者,そして平凡な中産層の家長に離れて強調される要素だ。

また友情と愛の間でさ迷う男たちの姿と愛する女のために純粋さを捧げる姿など男性的な香りが一杯だ。


3.個性強いキャラクター

映画‘チング’とドラマ‘チング,俺たちの伝説’には主人公2〜3人を除き顔が大きく知られない演技者たちがたくさん登場する。特に慶尚道出身演技者たちの中で地域で活動した演技者たちが映画‘チング’を通じて全国区スターでアップグレードされたりもした。

映画‘チング’のキム・グァンギやイ・ジェヨン,キ・ジュボンなどが強い個性を誇り以後スター演技者と名前を知らせイ・ジェヨンはドラマ‘チング,俺たちの伝説’でも映画と同じようにサンゴン役を引き受けて活躍する予定。



映画とドラマすべて‘サンゴン’役を引き受けた俳優イ・ジェヨン

また香ばしい方言英語で人目を引いたヤン・ジュンギョン真人社フィルム代表など
映画社内部のスタッフたちのびっくり出演はドラマ‘チング,俺たちの伝説’にもつながる.


[違う]

1.登場人物の追加


ジュンソク(ユ・オソン)とドンス(チャン・ドンゴン)を中心に話が展開された映画‘チング’に比べてドラマ‘チング,俺たちの伝説’の中心人物はその数字が大きく増えた。

特にドラマではサンテク(ソ・ドヨン)とチュンホ(イ・シオン)を含めた男友達とジンスク(ワン・ジへ)とウンジ(チョン・ユミ),ソンエ(ペ・グリン) などグループレインボーのメンバーたちと彼らを取り囲んで起るストーリーが大幅に補強された. サンテクやチュンホも劇中女登場人物たちと愛情ラインを形成し家族たちとの話もたくさん登場する予定だ.



ジョンフン船長                          ソンエ


ウンジ                               クォン記者



2.メローラインの補強

ジュンソク(キム・ミンジュン)とドンス(ヒョンビン)はジンスクを置いて三角関係を形成するなど愛情ラインが補強され,それほどメロー部分も強化された。

甚だしくはその三角関係と別にサンテクまでもジンスクに向けた思いを表現したり,映画でしばらく出てくるキスシーン以後のストーリーに対して気になって思うファンの心を解けるものと見える。

チュンホもソンエとの愛情ラインを形成して可愛い‘ごきぶり一番’のような愛情ラインを形成する。







3.コミカルな要素


ドラマの中心になる1980年代を前後した時代は政治的でも社会的にも笑うことができないエピソードらが少なくなかった時だったほど映画で大きく目立たない喜劇的要素が加味された。

チュンホとソンエが見せる別名‘\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'ローラー場ダンス’やサンテクが高位官僚の家の前に路上放尿をして防犯隊員たちに這うなどのコミカルな要素を結合した時代風刺が少なくない。また物資が今ほど豊かではなかった時代,釜山の密売品市場である国際市場を中心にチュンホ家族らが生きて行く話も笑いを誘発する要素として作用するものと見られる。

映画で暴力と絡まった事件が主に詰められた主人公たちの高校時代も多様な先生たちのキャラクターが登場することはもちろん,女子高生たちとのミーティンなど誰もが経験した高校時代の思い出を思い出させるようにする話でいっぱいだ。

こんな多様な共通点と差異点を通じて‘チング’が単純に暴力組織に陥った友達の話を中心素材にするドラマではなく時代世相を反映して多様なストーリーを持ち見えるほどのドラマで再誕生させることで助けになれるとの期待を受けている。