復古情緒漂う‘チング’OSTに関心集中
‘チング’,アレックス-ビッグバンなど参加したOSTと絶妙の調和
MBCドラマ‘友人,俺たちの伝説’が復古情緒が充満するドラマOSTで関心を引いている。

男性的なアクションで見どころが豊富なだけでなく最近男女主人公の愛物語が始まりながら,連日大いなる関心を得ている。

ジンスクの家へ向かうところを共にするドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン)の姿が交差路登場する。3回ではジュンソクとジンスク,ドンスの交錯した愛を暗示しながら,ホ・ヨンセン(SS501)の歌が切なさをより増した。

SS501のリ―ドボーカルであるホ・ヨンセンがソロで参加した曲‘涙を消して行って’という主人公の愛と葛藤が始まる感情を表現した曲でホ・ヨンセン(SS501)の訴え力ある美声が劇的な雰囲気を生かした。

ドラマが放送された直後SS501ファンページなどには多くのファンらがこの曲が挿入された場面の映像を上げながら“切なくてきれいな声がドラマによく合う”,“ドラマの場面と一緒に見ればもっと切なさが感じられる”という反応を見せた。

彼らの出逢いからお互いは知らないが交錯するようになる運命らが荒っぽく描かれる高校生時期はアレックスの歌がその雰囲気を描き出す。

主人公らの感情が交錯するようになる友人とジンスク,ソンエ,ウンジの初めてのミーティング場面とジュンソクの家で彼らが集まる場面はお互いが見つめるこれは違うが友人のために,愛のためにお互いの心を隠す切ない感情が表現された。

この場面に感情を没入するようにしてくれた音楽がまさに甘美だが寂しいアレックスの‘closer’.アレックスの甘美な声とオクスティクその他の演奏家が交わって,主人公らの切なさをよりもっとよく表現された。

ドラマ“チング,俺たちの伝説”でアクションとメローほど多くの注目をあびるのが7〜80年代を表現した復古情緒だ。7月4日に放送された3話では洋食店でのミーティングと音楽喫茶DJが登場し,5日放送された4話では主人公らの渓谷水遊び場面が登場した。

特に渓谷場面では復古の雰囲気が充満するオ・ジョンヒョクの‘Old School Rock’が雰囲気をより一層助けた。この曲はクリックビー出身の歌手オ・ジョンヒョクの初OST参加曲で,バラード曲とは違った新しい感じのPunk Rockを試みて,よりもっと注目をあびている。

‘チング’OSTはすでにビッグバンのTOPとテヤン,そしてイ・ソラ,バービーキムなど派手なOSTラインアップで音楽ファンらの大きい関心を集めている。


==============================================

ヨンセン氏の曲やっと出てきました^^
しかしものすごいOSTメンバーですね...
ビックバンに引き続き,SSヨンセン,アレックスまで...
びっくりです...かなり力入ってます..