YTN NEWS
去る2001年観客800万人を呼び集めた映画‘チング’が9年ぶりにドラマに戻りました。
期待の中で放送が始まったが予想通り暴力的な場面のために視聴者らの批判が相次ぎながら
予定された土,日曜日の再放送も取り消しになりました。

[リポート]
男,義理,拳そして郷愁.
観客らは熱狂して,マルチプレックスがなかった時期800万観客動員という大ヒットしました。
そして9年.映画は同じ監督が違う俳優らと共にしながら,20部作ドラマで生まれ変わりました。

[インタビュー:ヒョンビン,ドンス役]
“一番映画のチングとドラマのチングが変わった点はやはり愛という要素が加味されて
一番多い変化を与えなかったと思います。”

メロー的な要素が強調されながら,強い男性美に軟らかさをより増したという説明です。

[インタビュー:ワン・ジヘ,ジンスク役]
“メローラインが追加されたので男たちの間で葛藤を惹起させる役割をしていると思います。”

ここに初めて映画監督が演出したドラマという点が製作段階から関心を集めました。

[インタビュー:クァク・ギョンテク,監督]
“結果が良くなければ私は最初に一番最初というタイトルのために悪口も言われる負担も同時にありました。”

しかし,ドラマが異例的に‘19才観覧可’判定を受けながら,暴力性がまないたに上がりました。
放送初回では喧嘩場面の半分以上がモザイクで処理されて,視聴者らの顰蹙を買ったりもしました。完成度を高めるために100%事前製作されたドラマ‘チング’
視聴率9%で期待に至らない中で,完成度を評価を受ける前に多すぎた暴力性が論議になっています。