新しい広告相次いでお目見えして若年層攻略
激しい売り場開設競争を行っているブランドショップが夏TVCFでも激戦を行っている。去る10日を前後して,夏シーズン主力製品を前に出した新しいCFをお目見えするかと思えば一部会社は特定製品でないブランドショップ売り場自体を広報するCF放映に出て,話題になっている。

夏シーズンTVCF放映に熱を上げている代表的なブランドショップでは美しさ,ビューティフルレックス,ザフェースショップ,エチュードハウス,ミーシャ,スキンフード,トニーモリ,ネイチャーリパブリック,イッツスキンなど主要ブランドショップ大多数が該当する。 この中で美しさとビューティフルレックス,イッツスキン,ネイチャーリパブリックは製品広告でない売り場またはブランド自体を広報する広告をお目見えして目を引く。

これらブランドショップは空中波TV3社と若年層に人気があったエムネット,オン・スタイル,OCN,MBCドラマネットなどケーブルTVを中心に広告露出回数を増やしている。 不況が持続して,いろいろな所のブランドショップで購入するのが難しくなった消費者らにより強烈な印象を残して,ブランドと製品に対する認知度をアップするための戦略だと分析される。

美しいのは去る10日から夏シーズンを狙ったTVCF‘夏ビューティーソリューションがある所’というコンセプトの二番目CFを放映している。 今回の広告で目を引くのはやはりモデルと広告音楽. 二番目広告の主人公はラネージュオムムの新しいモデルのヒョンビンとラネージュ広告モデルのソン・ヘギョ. ラネージュオムムセンブロック広告で洗練された都市男性のイメージを見せたヒョンビンは今回の美しさの広告で女性らのための夏ビューティーソリューションを提案した。

ビューティフレックスは‘美しくなる宝島’というコンセプトとピンモデルイ・ヒョリを活用したTV広告を通じて信頼を受けるトータルブランドショップというイメージを消費者に植え付けられるようにするという戦略であり,ビューティークレジットは専属モデル ク・ヘソンに続き去る22日ドラマ‘内助の女王’で人気が急上昇中のタレント ユン・サンヒョンをモデルに選定,ビューティークレジット広告に投じる予定だ。 人気ドラマ‘花より男子’とブランド名が同じだという理由で売り上げ好調傾向を見せているビューティークレジットは新しい広告モデル選定に力づけられて,売り上げにシナジー効果が発生すると期待している。




そうあるかと思えばザフェースショップは去る13日から‘自然が作った黄色帯スキン’編を放映している。 韓流スターペ・ヨンジュンが直接混ぜて使うアルセントエコー-テラピートニックウイードエッセンシャルのナレーションを引き受けて,話題になっており空中波3社の人気プログラムとケーブルTVに放映している。

ミーシャは今年初め四十という年齢にも変らずトレンドリーダーでの容貌を誇示しているキム・ヘスを新しい顔で選択してTVCFを放映しているのに良い反応を得ておりエチュードハウスはドラマ‘花より男子’を通じて,最高の人気を謳歌しているイ・ミノとパク・シネをモデルにしたTVCFを放映して,若年層の人気を継続している。

スキンフードは専属モデル ソン・ユリを前面に出して,今月初めから夏シーズン アガベサボテンラインのCFを放映している。 夏老化を備えた水分倉庫,アガベサボテンというメッセージを生き生きと伝えている。 イニスフリーは専属モデル ムン・グニョンを登場させて,済州緑茶抽出物を含有したグリーンティーピュア クリームの自然主義コンセプトを浮上させている。




またイッツスキンは去る4月から新しいモデル キム・ボムをモデルにした初TV-CFを放映している。 ドラマ‘花より男子’の影響で中国,日本で精一杯熱くなったキム・ボムの人気で日本でもイッツスキンの人気が高まっているということが会社側説明だ。

トニーモリもやはり去る9日から来る9月8日まで3ヶ月間新しいTV CF放映に突入した。 ドラマ‘花より男子’で大人気を呼んだSS501キム・ヒョンジュンをモデルで前に出してOCN,オン・スタイル,MBCドラマネットなど3ヶケーブルTVで視聴率が高い時間帯に主に放送される。 月広告執行費は8千万ウォン線.

後発走者のネイチャーリパブリックの場合,空中波はKBSとMBC,SBSのプライム時間帯に放映してケーブルTVはMBCドラマネット,OCN,エムネットに放映している。 7月一ヶ月にだけ5億ウォンの広告費を投じる予定だ。 去る9日から放映している夏主力製品TV CFでは宇宙の初めから降りてきた水の神秘さを伝えている。 ネイチャーリパブリックは今月には製品に対する具体的な情報を印刷媒体中心に伝達してTV CFではイメージだけを伝達する戦略を駆使する。