‘シティーホール’,キムソナ前ナムチンがヒョンビン?!
‘サムスニ’の記憶思い出す
SBS水木ドラマスペシャル‘シティーホール’(脚本キム・ウンソク,演出シン・ウチョル,)のシン・ミレの前ボーイフレンドでヒョンビンが言及される予定で話題になっている。

‘シティーホール’の劇中キムソナが引き受けたシン・ミレは数百万ウォンに達するカードの借金をして,これを返すために1等賞金2千万ウォンのかかったアガシ選抜大会に出場して,紆余曲折の末1等をとるようになった。

知ればこのカードの借金は前のボーイフレンドに時計,ネクタイ,ジャケットなどをプレゼントするためになったもの.しかし,ボーイフレンドは9級公務員になりながら,ミレを後まわしにして女後輩とつきあいながら,ミレに深い傷を残すが,近い将来放送を通して,この理由が公開される。

この渦中にミレの祖国に自身の前ボーイフレンドがヒョンビンと似ていると打ち明けて関心を引く予定だ。ミレは“私の昔のナムチンがヒョンビンのように出てきましたよ?ところが私に親指姫のようにポケットに入れて持ち歩けたらいい。。。”という。

これは2005年MBCで放映した‘私の名前はキムサムスン’で当時ジンホン役のヒョンビンがサムスニキムソナに言った台詞だ。

こういう内容らは‘シティーホール’キムウンスク作家の閃く才覚から出た。‘私の名前はキムサムスン’のサムスニキムソナを記憶する多くのファンらのためにキム作家は‘シティーホール’でシン・ミレ役を担ったキムソナを通して‘私の名前はキムサムスン’の内容を言及するようにした。

しかも5月20日7回放送ではミレの前ボーイフレンドの姿が電撃公開されながら,もう一度視聴者らの耳目を集中させる予定だ。一方,‘シティーホール’5月13日5回の放送ではベンディンアガシ大会で1等のミレが賞金をまともに受けることができず,むしろ自身も知らないうちに生活困難者助け合いに使われたことを知ってあきれる理由などが描かれる。


===================================================================

シティホール面白いです^^..
もしかしてカメオ出演?なんてちょっと期待しましたが,
似ているという話題記事でしたが,出ませんか?..ㅎㅎ..

ドラマのカメオ出演は最近多く出てるので一度ヒョンビンも...
出てみてはどでしょうか...何気なhyojiの願望でした..^^