“美しい!Red”ミジャンセン広告キャンペーンロンチン
強烈なレッドカラーの上に‘赤色ではないRed’,‘傷ではないRed’,‘愛ではないRed’というコピーが続けて浮び上がりながら,微妙な緊張感が流れる中でシンミナがはさみを聞いて,長い髪を自らバッサリ切ってしまう。

引き続きバラの花びらがいっぱいのローズウォーターの中でアルガンオイルが浮び上がりながら,美しく変身したシン・ミナの見事な髪のきめでいっぱい詰められた画面の上で‘ローズウォーターRed’,‘損傷ケアRed’というRedの新しい解釈が登場する。

数千輪のバラ藪で囲まれた湖畔の神秘で夢幻的な雰囲気の中になめらかな長い髪を自慢するシン・ミナとその髪のきめを感じるヒョンビンの姿が照らされながら‘美しいRed’というコピーを最後にミジャンセンの‘Red’の秘密が明らかになる。

アモーレパシフィック(代表ソ・キョンベ)のヘアートータルファッションブランド ミジャンセンがソン・サンモ・コプスルモ集中ケア新製品の‘エッセンシャル ダメージケア’市場に発表と一緒に感覚的な映像美を自慢する新しい広告キャンペーンを始めた。

‘エッセンシャルダメージケア’感覚的映像美誇って

アルガンオイルとローヤルゼリ,ローズウォーターで構成された特許受けた成分に超初めを合わせて製作された今回の広告はパッケージ色により製品のペットネームでついた‘Red’を‘傷ついた髪のきめをケアすること’で再解釈,ミジャンセンRedが軽くてなめらかな髪のきめを通して,女性の究極的な美しさをかえすというコンセプトで構成された。

今回のミジャンセン広告で最も目につくのはモデルの世代交代.
これまでチョ・インソンを中心に女モデルを交替してきたこととは違って,2009年からはシンミナ-ヒョンビンのツートップ体制で変化を与えて,ヘアケアからスタイリングまで完ぺきなヘアーのためのフルラインをそろえたトータルヘアーブランドイメージをもっと強調した。

特に今回の広告では作品ごとに多様な変身を通して格別な感覚を自慢してきたシン・ミナと各種ドラマを通して,女性を守ってくれる軟らかいながらも,強い男性でポジショニンしてきたヒョンビン,二人のモデルの魅力が一度に発散されて,より一層目を引いている。

傷の前でも美しくて堂々と変貌した女性とその女性がより一層美しくなれるように守る強い男性の姿を完ぺきに消化することによって広告の雰囲気を一層さらに高めさせたこと。

実際に二人はもう少し神秘でロマンチックな雰囲気を生かすためにキャラクターの表情と動作を積極的に提案して,プロモデルらしいという賛辞をかもし出したという後日の噂だ。

また他の主人公はまさにミジャンセン‘エッセンシャルダメージケア’そのものだ。広告の初めてのカットと中間に全面的に浮び上がるレッドカラーは製品の表面をそのままクローズアップしておしたことで,高級で洗練された製品のイメージを表現するグロッシーなレッドカラーが魅力的だとそのまま使っても遜色がないという判断の下選択された。

アモーレパシフィックミジャンセンのブランドマネージャーク・ハキョンチーム長は“今回のエッセンシャルダメージケア広告は損傷毛髪,綺麗毛髪ケアに関心が高い女性消費者に焦点を合わせて,シンミナを中心にストーリーを展開した”と,“見えるか見えないかかくされたヒョンビンの姿でモデルと製品に対する好奇心をより一層刺激するように誘導した”と付け加えた。

また,“今回の広告がシン・ミナの堂々とした女性的魅力に注目してミジャンセンのヘアケアイメージを強調したとすれば,次に進行される広告ではヒョンビンの軟らかいながらも,男性的な魅力を積極的に活用してミジャンセンのトレンディーでスタイリッシなイメージを極大化する計画”と明らかにした。