イム・ジュファン,'コッナム'友情射撃出演
イム・ジュファン-パク・スジン‘花男’投入にソ-ウルカップル本格メロー
パク・スジンとイム・ジュファンがKBS 2TV月火ドラマ‘花より男子’にびっくり投入,キム・ボムを支援射撃する。

パク・スジンはソ・イジョン(キムボム)がF4最高のプレイボーイで多数の女と深くない出逢いを転々とするゆがんだ愛情観を持つようにさせた初恋チャ・ウンジェで出演する。

劇中パクスジンは幼なじみで育ったイジョンを愛したが,成し遂げられずに兄ソ・イルヒョン(イム・ジュファン)の恋人になる。
ウンジェを自身を初恋で埋めておいたまま,事実その誰より生涯ただ一度だけの縁を渇望しながら生きてきたイジョンの純情派的な容貌が公開される.

パク・スジンはカウル(キム・ソウン)とイジョンのメローラインにも力より増す予定だ。

パク・スジンは“天気はまだ寒いが心だけは暖かい春を迎えた気持ちだ”“初恋をすれば思い浮かぶかすかで幸せな感じを伝えるウンジェの役に変身する”という覚悟を明らかにした。

また一族を背を向けて離れ平凡なバリースターで生きるイジョンの兄ソ・イルヒョンには俳優イム・ジュファンがキャスティングされた。

イム・ジュファンは空席の代わりをして,一族の後継者になったソ・イジョンに願望と申し訳なさと思いの対象.

17回を通して,弟の先んじた資質を調べて退いた理由を紹介するイルヒョンは冷笑的なイジョンが幼いころから担って生きてきた人生の重さを伝えながら,ソ・イジョンキャラクターで原作には見られなかったキョプをより増す予定だ。

一方イム・ジュファンとパク・スジンは3月2日放送される‘花より男子’ 17回から登場する。

ク・ヘソン27日接触事故F4SP番組編成
ク・ヘソン安静のため‘コッナムF4’スペシャル番組編成
F4スペシャルトークショー代替‘第2の風の花園スペシャルなるか?’
花男夜F4スペシャルトークショーでいったい...
KBS月火ミニシリーズ‘花より男子’がク・ヘソンの事故余波で編成される。

編成された放送はF4スペシャルトークショーで代替される予定だ。

先月27日KBS2‘花より男子’(以下コッナム)で女主人公クムジャンディ役を引き受けたク・ヘソンが慶尚南道,昌原で撮影を終えてソウルへ移動中だった途中,ダンプトラックとの追突事故にあって江南病院に入院した。

交通事故以後経過を見守った‘花より男子’製作スタッフは2日放映分をF4スペシャルトークショーで急遽編成した。

クム・ジャンディ特別援護を自ら要望したF4メンバーらイ・ミノ,キム・ヒョンジュン,キム・ボム,キム・ジュンなどF4全員が華城所在専用セット場に集まってこれまで見せたことのなかったトークショーと未公開映像で構成されたスペシャルプログラムで延滞の惜しみをなだめながら,ク・ヘソンの安定と快癒を祈り,3日には17回が通常放映される。

27日ク・ヘソンの交通事故は慶尚南道昌原で進行された撮影が約2,000人余りのファンらの殺到で大きく遅れたあげく発生した。同じ日夜予定されていたF4メンバーらの百想芸術大賞スケジュール前にソウルでの撮影の怒りがこみ上げてくる情報戦をほうふつさせる程の緊急な移動が避けられなかった.

前回,プールの撮影途中頭から落ちて,軽微な脳震蕩診断を受けたが忙しい撮影スケジュールで治療を押している状況に今回の事故でク・ヘソンは口内側が亀裂して,三針程度縫合処理をした状態で,顔がはれた状態と当分の撮影は不可能だと知られている。

車両が大破するほど大きい事故で大きなケガはなかったが打撲傷も受け,手術を通して,口の中で裂けた部分を,針で縫い合わせたク・ヘソンは現在病院で安静にしているところだ。

事故以後夜を明かして,病院に留まりながら,経過を見守ったチョン・ギサン監督, ソン・ビョンジュン代表,そしてKBSのキム・ヒョンイル責任プロデューサーはク・ヘソンの安静のため正規編成の代わりにするトークショーで急遽決めた。

‘コッナム’キョルバンに残念さを感じるドラマファンらも多いが一部ではF4全員がトークショーをするのは今回が初めてなことに加え未公開映像公開に大きい関心を見せている。

現在製作社グループエイト側も“本の放送分のクォリティーに相応するスペシャルプログラムで報いる”と自信感を現わして今回の延期の切なさを後にした所見を明らかにした。

2日夕方9時55分からKBS2を通して放送される‘F4スペシャルトークショー’では‘コッナム’未公開映像撮影ビハインドストーリーを公開する予定だ。





‘コッナム’以上過熱現象‘ファンら間誹謗前眉のしわ’
KBS 2TV‘花より男子’が以上過熱現象を見せている。
出演陣ファンらの度を越した愛情攻勢が今は誹謗前まで広がっている。シンドロームを起こしているドラマが以上過熱現象を見せるものだ。

‘コッナム’の過熱兆しは以前から感知された。特に最近になってファンらの間に‘自尊心’戦いが火を吐きながら,相手に対する‘切り下げ’も頻繁に行われている。こうした中特定メンバーの仲が良くないとの不和説を初め,色々なデマが続けてふくらんでいる状況だ。

F4メンバーらの間の,特にク・ジュンピョ(イ・ミンホ)とユン・ジフ(キム・ヒョンジュン)の一部ファンらの間でオンライン上での‘気力の戦い’はそれこそすごい。お互いに不利な内容や話が伝えられるたびに相手方をけなすことも拒まないでいる。眉をひそめる単語や文句も行き来する現実だ。

ク・ヘソンも犠牲者になっている。四人の男主人公に巻いて積まれているだけに一部F4ファンらの間で時期に充ちたまなざしを受けている。唯一の女主人公だけに,またアイドルスターらと一緒にするだけにク・ヘソン側も放送前“ある程度アンチができる”と思った。

だがドラマ人気が空を沸き上がりながら‘理由ない’誹謗程度が予想をふわりと跳び越えている。この前当てられた交通事故に対して“ク・ヘソンのせいでドラマが延長になった”という言葉まで出てくるほど誹謗程度が度を越したこと。

あるドラマ関係者は“ファンらの間に根拠のない噂が行き来していると聞いた”として“その噂中ほとんど大部分は風説中の風説”と釘を刺した。また“F4をはじめとして,出演陣らの相性は‘これ以上良いことはない’程だ’として“出演陣どうし間が非常に良いがファンらどうし語調を高める場合が多くて,演技者らが当惑する時が多いと惜しんだ。

また他のドラマ関係者も“ドラマを愛するファンらが多いから起きたことだ。良い側で眺めようと思う”ながらも“こういうファンら間の理由のない誹謗戦がむしろ演技者らの間の呼吸を亡ぼすか心配になる”と話した。

ファンらの間でも自省の声が高まっている。
あるネチズンは“ドラマに対する熱気が変なほど過熱された。視聴者とファンらも成熟した姿勢を維持しなければならない時”と意見を伝えた。また他の視聴者も“‘コッナム’の人気は出演陣皆が編み出した成果だ。ファンらもこのような点を認識して皆に応援を送らなければならない”と話した。

プレーボーイズジョイフル実業連盟大会




















芸能人野球決勝戦参観記
‘別世界’グラウンドにはプロの情熱が
チュ・ジンモ,大量失点降板“恥ずかしい”
‘ムードメーカー’コン・ヒョンジン‘打者賞’まで

2009年3月の初日.チャン・ドンゴン,チョン・ウソン,チュ・ジンモ,キム・スンウ,コン・ヒョンジン,ヒョンビンなど当代最高のスターらが集まった野球団プレーボーイズが第1回ジョイフル実業連盟会長期大会決勝に上がった。

彼らは芸能人チーム8チームがトーナメント リーグに繰り広げたこの大会で優勝した。ソウル,陽川区木洞に位置した木洞野球場で確認した彼らの技量はスター性ぐらい硬い基本技をそろえた強いチームだった。

キム・ウンソク,ユ・テウン等で組まれたMBC演技者チームを序盤から攻防を繰り広げた。6回表13対13で同点を許す危機を迎えたりしたが続く6回裏攻撃で3点を奪いながら,優勝した。

この日グラウンドに上がったスターらのプレー面々を調べた。黙黙と打席に入った。力強く狙って振り回した棒が‘土地’という破裂音を出した。一座間に飛んで行く打球にダックアウトが騒々しい。打球の主人公はチ・ジ二.彼が力強く2塁を回って3塁に向かった。

あまりにも打球が遠く飛んで行って,スライディングはしなくても良かった。ダックアウトに向かって,げんこつを持ち上げて見せる彼はチームの看板打者らしかった。チーム同僚1人が記者に迫ってきて“ホームランだけ打てばサイクリングヒット”として親指を掲げた。

当時チ・ジ二は今日5打数4安打を打った。2塁打と3塁打が1つずつあって,ホームランが惜しい状況だった。彼はプレーボーイズ創立と共に野球を始めた晩学の人選手だが,昨年東大門区場でホームランを記録するほど険しい上昇の勢いに乗っている。



彼はこの大会でMVPに選ばれた。6回表が始まるが前までスコアは13対2まで行われながら,プレーボーイズの勝利が既定事実のように見られた。すると選手たちの集中力も落ち始めた。

1番打者と中堅手を引き受けたコン・ヒョンジンが平凡な打球を後に流して,3塁打で作ってやったこともこの時だ。13対3でスコアが変わって相手チームが追撃意志を燃やして,コン・ヒョンジンはぎこちない微笑で投手に申し訳ないというサインを送った。投手は大丈夫だとうなずく返事をした。

失策はあったがコン・ヒョンジンの活躍は期待以上だった。ヒット2ケとボールネット2ケを選び出して,4回も出塁しながら,相手投手を困らせた。競技場外でも彼の活躍は光った。ダックアウトと言葉でチームの雰囲気を盛り上げるのも彼の役割だった。彼は打撃が振るわないチーム員のそばに近付いて,打撃フォームを真似ながら‘(打撃)それが何だ’とふざけて言った。

チームのムードメーカーである彼は,この日打撃賞を受けた。コン・ヒョンジンがおどけているそばでチュ・ジンモが1回から身体をほぐしていた。この日仕上げ投手で内定した彼はダックアウトの前でからだをほぐしていた。彼の投球フォームはアマチュア選手ではめずらしく下へ緩んだサイドローム繋いだ.

ちょっと見ればアンダースロー右に近いほど腕を下の方で上に上げながら力強く投げた。ミートにコチは球の速度と彼のフォームはプロ選手劣らなかった。“お〜”と感歎詞が見物した観衆に出てきた。速度は90〜100kだったが制球が安定的に見えた。そばにいたチーム選手が“俳優らは真似するのは世界で最高”として“何でも簡単で学び上手だ”と話した。

チュ・ジンモは6回表無事走者いない状況でマウンドに上がった。
彼は登板序盤印象的なピッチングを見せたが2人の打者(タイプ)が内野失策で出塁して揺れる姿を見せた。すぐ安定をたずねたが結局イニングを終えることができなくてマウンドから降りるようになり惜しい表情を隠すことができなかった。ダックアウトで“すべてたたんで,やり直そう!”として選手たちを督励する声が鳴り響いた。

攻守交代時間になって,キムスンウが写真を撮っている取材陣にいたずらを歩きながら力強く笑った。コン・ヒョンジンは“寒いが何をしにここまできたか”として飲み物を渡す。チームの主メンバーららしく客の接待(?)も上手だ。午後1時45分頃,彼らは優勝が決定されて,子供のようだった。

この日参加したコン・ヒョンジン,キム・スンウ,イ・ジョンヒョク,チュ・ジンモ,チ・ジ二(以上カナダ順)等スターらは互いに誰がもっと上手くやったかと話しながら,周辺で笑いが溢れでた。彼らは後始末場で自然に移した。からだ状態が良くなくて,この日の競技に欠場したチャン・ドンゴンの120km対投球とチョン・ウソンの豪快な打撃を見られないのが取材陣の残念として残った。

XNOTEファンサイン会説明行事

























LG電‘Xノート’シンミナ・ヒョンビンファンサイン会
シンミナ, ヒョンビンXNOTEファンサイン会および新製品説明行事持って
XNOTE広告モデルのヒョンビンとシンミナが新学期を控えてファンサイン会および新製品説明行事を持った。

広告モデルのヒョンビンは21日,シン・ミナは28日ソウルヨンサンアイパークモールXNOTE体験観で開かれたファンサイン会行事にはノートブック購買予定顧客200人余りと共に和気あいあいな時間を持った。

特にシン・ミナとヒョンビンはLG電子売り場でノートブックを買いに来た顧客に新製品を直接説明する1日パーソナルショッパー(Personal Shopper)に変身して目を引いた。

彼らは特に最近広告を撮影したXNOTE新製品P510の特徴を詳細に,顧客に説明しながら,営業社員の役割まで忠実に遂行したと。

LG電子はファンサイン会に参加した顧客らにメモリー1GBクーポンを提供,XNOTE製品購買時メモリー1GBを無償でアップグレードすることもした。




TOPRSSSUK2

2009 - March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.