ペクサン芸術大賞模様
キム・ミョンミン,ムン・グニョン,ソン・イェジン,チュ・ジンモ,百想最優秀演技賞光栄の瞬間

キム・ヘジャとカン・ウソク監督が百想芸術大賞の主人公になった。

キム・ヘジャとカン・ウソク監督は27日午後ソウル,松坡区(ソンパグ)オリンピック公園オリンピックホールで歌手タク・ジェフンとSBSチョン・ミソンアナウンサーの司会で進行された第45回百想芸術大賞授賞式でそれぞれTV部門と映画部門大賞の栄誉に授かった。

TV部門最優秀演技賞にはMBC‘ベートーベンウイルス’のキムミョンミンとSBS‘風の花園’のムン・グニョンが,映画部門最優秀演技賞には‘サンファジョム’のチュ・ジンモ‘妻が結婚した’のソン・イェジンが受けた。

少女時代ユナはTV部門新人賞と人気賞を,パク・ボヨンは映画部門新人賞と人気賞を握りながら,2冠王に上がった。

百想芸術大賞を熱い雰囲気にしたKBS 2TV月火ドラマ‘花より男子’のイ・ミノとキム・ヒョンジュンがそれぞれTV部門新人賞と人気賞を受けながら,シンドロームの主役らしい威力を誇った。


倒れたイ・ミンホvs舌絡まったキム・ヒョンジュン何の話を?
花男F4百想でも関心爆発

ブラウン管とスクリーンを行き来しながら,大韓民国を輝かせたスターらが第45回白象芸術対象授賞式で才覚あふれる話しぶりを誇りながら,視聴者らに深い印象を残した。

●イ・ミノ“初めてレッドカーペット踏んで,緊張して倒れた”
イ・ミンホはTV部門男新人演技賞を受賞した後“初めての授賞式なのにレッドカーペット入場して倒れて恥ずかしい”として“真っ最中撮影の\\'花より男子’製作スタッフみなさんに感謝申し上げます。これからさらに悩んで努力するイ・ミノになる”と受賞所感を明らかにして目を引いた。

●キム・ヒョンジュン“F4美男も突発大声で叫ぶ?”
男部門人気賞はF4キムヒョンジュンがイミンホを僅かな差に締め出して受けた。この頃テレビ劇場にシンドロームを起こしているドラマ‘花より男子’に出演中のキムヒョンジュンの彫刻のような容貌と軟らかい感性で女性ファンらの愛を一人占めしている。

SS501キムヒョンジュンは“歌手で演技者で初めての挑戦だったのにとても良い作品に会って,賞まで受けるようになった”として“僕が受けるには過分な賞だ。これからもっとがんばります”と伝えた。引き続きすぐ“ありがとうございます”と怒鳴りつけて,少女ファンらをびっくりさせた。

特にキムヒョンジュンの受賞所感途中舌が絡まって,発音がまともに出てこないので笑いを作る余裕を見せた。






●キムヘジャ“私たちに借金ではない光を渡されたキム・スファンチュ・キギョンニム突然思い出して”
ドラマ‘ママが怒った’のキム・ヘジャはTV部門大賞受賞直後“私に賞をくださる方々に感謝します。特に良い作品が書かれたキム・スヒョン作家に感謝申し上げます。

一方で‘私が果たしてこの賞を受ける資格がある人なのか?’と振り返ってみるようにする。賞を受けるのは私を愛する方々に大きい借金をすることと考えます。

ところが突然キム・スファン,チュ・キギョンニムを思い出されるのかわからない。この前亡くなられたその方は誰にも借金をされなくてむしろ光をくれて行かれた。熱心に熾烈に生きる”と所感を明らかにした。

●カン・ウソク監督“賞上げなくてそのまま行こうとした”
映画‘カンチョルジュン’のカン・ウソク監督はこの日映画部門大賞を受賞した後“監督賞上げないので行こうとしたが行かなくなるようにうまくした”と笑いながら“韓国映画が沈滞だと言うのに違う。もう少し待って,おもしろい映画で戻る”と約束した。

●パク・ボヨン“ママと一緒にしてくれた息子ワン・ソクヒョンありがとう”“今日ダイアリーに書く言葉が多い”
パク・ボヨンは映画部門新人演技賞と人気賞の2冠狂を受賞した後所感を明らかにしながら,映画‘スピードスキャンダル’に共に出演した児役スターワン・ソクヒョンにこのように話しながら,感謝の気持ちを伝えた。



●シン・ボンソン“派手な衣装についたスパンコールのために骨を折りました”“パク・ミョンス氏は首によだれかけをしていらっしゃいましたね”
授賞式授賞者で同時入場したパク・ミョンスがシン・ボンソンの派手な銀色衣装を言及すると背中に血が出てるという才覚ある発言で一座を爆笑するようになった。

またシン・ボンソンは派手なリボン装飾のある衣装を着たパク・ミョンスに“パク・ミョンス氏は首に涎掛けをして来られました”と話して,笑いをかもし出した。

●イ・スンジェ“私は功労賞に満足せず来年には演技賞に正式挑戦”
“今日この賞は行全てのものを終える記念碑的な賞だと思う。皆さんが今功労賞をくれたから私がもう止める時がきたかと思うが違う。来年には演技賞に正式に挑戦する”



●イ・ジュンギ“パク・ソルミ先輩最近の映画‘ヒュデポン(携帯電話)’いや‘ヘンドポン(携帯電話)’”失言に観客爆笑
イ・ジュンギは授賞者に共に出てきたパク・ソルミに近況を尋ねながら“パク・ソルミ先輩,最近の映画‘携帯電話’封切り控えておられるのでしょうか?”と話して,観客らの爆笑をかもし出した。

パク・ソルミが出演した映画は‘携帯電話’ではない‘携帯電話’だったこと.パクソルミはイ・ジュンギに“‘携帯電話’だ。携帯電話なくしてはならない”と才覚があるようにうなずく返事をした。



●チュ・ジンモ“王役で常に酒のテーブルを頂いて本当に賞をいただいたから本当にうれしい”
チュ・ジンモは‘サンファジョム’で映画部門男最優秀演技賞を受賞した直後“毎年先輩らが怪しい姿だけ見たが僕もこの席に上がってくるまで10年以上かかった。

可能性だけあるという言葉だけ聞いて真の俳優に作ってくれたユハ監督ニムに感謝する”として“チョ・インソン氏ソン・ジヒョ氏すべてのスタッフらにもありがとう”と明らかにした。

●ソン・イェジン“本当に気が動転しますね”
ソン・イェジンは映画部門女最優秀演技賞を受賞した後“‘妻が結婚した’が9回目の作品だったのに今10回目の作品の準備している。多くの方らの愛が私をさらに成熟するようになって心を動かすようにする。観客らの心動く俳優なる”と幸せな受賞所感を明らかにした。

また映画部門大賞受賞に続きまさにTV部門大賞受賞がまさに続いて,ソン・イェジンは“本当に気が動転する”と泣き言をならべた。






◇第45回白象芸術対象授賞式受賞者名簿

◇TV部門
▲大賞=キム・ヘジャ(ママが怒った)

▲最優秀演技賞=キム・ミョンミン, ムン・グニョン

▲作品賞=KBS2‘ママが怒った’KBS2‘ギャグコンサート’(芸能)SBS‘それが知りたい’-‘竹島の選択’方(教養)

▲演出賞=シン・ウチョル(オンエア)

▲人気賞=キム・ヒョンジュン, ユナ

▲芸能賞=キム・ビョンマン, パク・ミソン

▲新人演出賞=プ・ソンチョル(スターの恋人)

▲脚本賞=ユ・ヒョンミ(信義秤)

▲新人演技賞=イ・ミンホ,ユナ

▲功労賞=イ・スンジェ

◇映画部門
▲大賞=‘カン・チョルジュン:公共の敵1-1’

▲作品賞=キョン‘軸!私たちの愛\\'

▲監督賞=イ・ユンギ(素敵な日)

▲新人監督賞=イ・チュンリョル(ウォナンソリ)

▲最優秀演技賞=チュ・ジンモ(サンファジョム) ソン・イェジン(妻が結婚した)

▲新人演技賞=チュ・ジフン(西洋骨董洋菓子店アンティーク) カン・ジファン(映画は映画だ)
 パク・ボヨン(スピードスキャンダル)

▲シナリオ賞=カン・ヒョンチョル(スピードスキャンダル)

▲人気賞=チュ・ジフン(西洋骨董洋菓子店アンティーク) パク・ボヨン(スピードスキャンダル)