パン・ユゴル,ドラマに引き続きミュージカル挑戦
去年KBSドラマ‘彼らが生きる世の中’を通じて,演技者に復帰したパン・ユゴル(27)が今回はミュージカルに挑戦状を差し出した。

2007年代で国際ミュージカルフェスティバル公募作と2008年高揚湖芸術祭りで最優秀作に選ばれて,高揚オウルリムヌリで超然だったシネミュージカル‘ミスダチョウ’に株助演でキャスティングされた。

‘ミスダチョウ’は映画のスクリーンをミュージカル舞台に活用して,映画という無限想像力の世界でミュージカルという現場感動の世界へ走って出た新しい形式のミュージカルだ。

若いおばさんと浮気をして道で雷に打たれて,死んだ浮気者ミスダチョウが天国に入る資格を得るために浮気をした女の夫体で生まれ変わって,結婚地獄に抜けるようになるが結局は愛の真の意味を悟るようになるというあらすじだ。

劇中時ユゴルは空時に居住する空客引き役を担って,話を導いていく。主人公であるミスダチョウ役には歌手エスジンが出演する。

パン・ユゴル所属社側は“多才多能で,主体できないユゴルの浮気心を見せられる活動口を模索して演劇と映画ミュージカルを一度に合わせられるシネミュージカルというジャンルに魅了されて,積極的に推薦した”と伝えた。