ドラマOST韓流スター効果
ソ・ジソプなど茶の間復帰...アイドル・大型歌手相次いだ参加

韓流スター,アイドルスターらが大挙テレビ劇場に集結しながら,ドラマOST市場が一緒に注目されている。

何年か前まで‘ドラマOST’は品揃え用あるいはいくつかの人気歌手が歌った主題曲を利用した広報手段で他では認識されなかった。

しかしもうドラマOSTはドラマ視聴率上昇はもちろんで,不況期製作社に孝行息子役を正確にしている。

特に製作環境がドラマとレコード製作,マネージメントを合わせる総合エンターテイメント市場で拡大しながら,ドラマOST市場はよりもっと注目されていること。

その上レコードだけでなくデジタル音源市場が順次拡張しながら,ドラマ製作社らがOST製作に心血を注ぎ始めた。

国内だけでなく日本およびアジア圏でも国内ドラマOSTはかなりの韓流歌手のアルバムに劣らない人気を呼んでいるためだ。

少女時代,東方神起などアイドルスターはもちろん,イ・スンチョル,シン・スンフンなど中堅歌手らまで最近OSTに参加して,彼らの歌唱料は曲党数千万値をつけたりもする。

何より最近大型大型韓流スターとアイドルスターのドラマ出演はこのようなOST市場全般に対する関心を呼び起こしている。

韓流スターソン・スンホンのドラマ復帰作のMBC‘エデンの東’はSGワナビー, イ・スンチョルなど最高級歌手らの参加でOSTレコードと音源が人気を呼んで,現在人気が高いハイティーンドラマ‘花より男子’もやはりSS501が歌った‘私の頭が悪くて’とティーマックスの‘パラダイス’,サムデイの‘知っていますか’等が同時にオンライン音楽チャートで高い人気を呼んでいる。

‘花より男子’の主人公キム・ヒョンジュンはSS501のメンバーで,また他の主人公キム・ジュンもグループ,ティーマックスの一員だ。2月放映を前にしてソ・ジソプ,シン・ヒョンジュンのSBS ‘カインとアベル’もやはり国内だけでなく海外市場まで見下げる最上級歌手らが参加すると発表された。これだけでなくクォン・サンウ主演の‘シンデレラマン’,ヒョンビンなどが主役を演じるドラマ‘チング’等も同じ状況だ。

OST製作社一関係者は“最近ドラマOSTが順次人気を呼びながらOST製作に参加しようとする大型企画会社らの競争も徐々に激しくなっている”と話した。