新韓流チャングンソク,日本マネージメント社競争的ラブコール
次世代韓流スターで注目されているチャングンソクに日本大型マネージメント社らが競争的にラブコールを送っている。

チャングンソクが日本現地で次世代韓流スターで可能性を認められている。

現在日本でチャングンソクが出演した‘快刀ホンギルドン’と‘ベートーベンウイルス’が電波に乗っており‘ノンストップ4’まで最近再放送を始めながら,チャングンソクに対する関心度が高まっている。

12月末から日本に滞留しながら,日本語勉強に邁進しているチャングンソクは最近正月連休を家族と送って撮ったCFおよび雑誌画報撮影のために韓国に帰国した。

チャングンソクは2月初め1泊2日で予定されている日本ファンミーティングに参加するために正月連休直後また日本に出国する予定だ。

チャングンソク側関係者は最近スターニュースとの通話で“日本のマネージメント社から契約提案をたくさん受けた”とし“代表的なマネージメント社大部分がラブコールを送った”と耳打ちした。

彼は“日本活動を念頭に置いているのは事実でも今のところは具体的なマネージメント契約などを決めていない状態”として“時間をおいて悩むところだ”と言葉を慎んだ。

昨年MBC水木ドラマ‘ベートーベンウイルス’で大きい愛を受けたチャングンソクは日本が注目する次世代韓流スターだ。特に去る12月‘ベートーベンウイルス’をはじめとして‘快刀ホンギルドン’,‘黄真伊’など出演作三編が同時に日本で放映されながら,話題のスターで急浮上した。

さらにチャングンソクが昨年年末から日本に留まりながら,語学勉強に力を注いでいる点も本格的な日本活動に重さをのせている。

また次期作に対して“今年中には新しい作品をするようになること”としながら“ドラマと映画を分けないで作品を検討中だ”と伝えた。



チャングンソク,破格画報で視線集中
故ヒスレジャージョーカー破格変身.“本当にチャングンソクなの?”
俳優チャングンソクが故ヒスレジャーが演技したジョーカーで破格変身した。

俳優チャングンソクがコスルックとマリリンメンスンヘアーで破格変身した月刊‘テイズドアンコンピュズド’2月号ファッション画報が公開されて,話題を集めている。画報を通して,チャングンソクはまるで映画‘ダークナイト’の故‘ヒスレジャー’が演技したジョーカーのように錯覚を呼び起こすほどカリスマと生きるものあふれる姿に変身した。

特に普段にも多様なスタイルをお目見えしながらペショニスタの容貌を見せた彼は今回の画報で独特ながらも,強い姿も自然に消化して目を引く。画報に接したファンらは“‘本当にチャングンソクなの’というほど破格的だ”“毎回カメレオンのようなチャングンソクの変身が恐ろしい”等の反応を見せながら,インターネットを通して,写真が急速に広がっている。



彼は画報を通すと見せる強い姿とは反対に画報撮影当時進行されたインタビューでは俳優チャングンソクではない人間チャングンソクに対する話を打ち明けた。家族と恋愛,そして人生に関し率直な心境を打ち明けた。同時に習作ノートを公開して自分が直接構想した短編映画のシノプシスを公開した。また音楽と映画,ファッションなど多様な分野を合わせる好みも話した。

チャングンソクは“今回の画報のためにスタッフらと共にアイディア会議もよくしながら,今まで見せなかったスタイルをお目見えしたが準備する過程がとても楽しかった”“僕に対してももう少し素直な話をしてみたがインタビューを見る方々も加減なしのそのままの僕の姿を見てくれたらいい”という希望を伝えた。

一方去る年末MBC演技大賞で‘ベートーベンウイルス’で新人賞を,KBS演技大賞では‘快刀ホンギルドン’で人気賞を受賞しながら,演技を認められたチャングンソクはしばらく空白期を持って今後日本進出のための語学勉強中にある。チャングンソクの変身は‘デイズドアンコンピューズド’2月号を通じてあえる。