イ・ギウ,KCMミュービ主演引き受けて,熱演
タレント イ・ギウ(28)が歌手KCM(27)のミュージックビデオ主人公を引き受けて,熱演を繰り広げた。

俳優イ・キウと綸旨民が歌手KCMの新しいミニアルバム‘エスプレッソ(Espresso)’のタイトル曲‘遠くにいる’ミュージックビデオを通して切ないメロー呼吸を合わせる。

来月3日発売されるKCMのミニアルバム タイトル曲ミュージックビデオでイ・ギウとユン・ジミンは愛のために全てのものをみな捧げる恋人で出演して,曲の甘美さをより増した。

KCMはミニアルバムでは最初に11曲を収録する予定だ。これは4集正規アルバム‘キングダム’に関心を持ったファンらに対する有り難みの表示だ。イギウは,正規アルバムのように完成度を高めたKCMのミニアルバムでタイトル曲‘遠くにいる’ミュージックビデオに出演した。

今回のミュージックビデオは映画‘コサ:被疑中間コサ’のチャン監督が演出を引き受けてイギウと一緒にユン・ジミンがキャスティングされて,呼吸を合わせた。

KCMのある関係者は“KCMはアルバム作業のために昨年夏からレコード作業に没頭してきた”として“自身が直接作詞,作曲した曲も含まれながら,シンガーソングライターでも大衆に知らせる予定”と耳打ちした

今回のミュージックビデオはコンセプトは美しくて残念な愛の中で繰り広げられる暖かい話.二人はお互いのために献身するが予想できない事件で別れなければならない切ないロマンスを描いた。後半では予想できない反戦が隠れていて,すでに関心を集めている。

KCMの切なくて切ない歌とチャン監督だけの独特のスタイル,俳優イギウとユン・ジミンの熱演で誕生した今回のミュージックビデオは予想できない反戦で聞く楽しみだけでなく見る面白みを増す。

一方,KCMミニアルバム‘エスプレッソ’(Espresso)は2月3日発売されてKCMは2月8日SBS‘人気歌謡’を始め本格的な活動を始める。