釜山一流ホテルら,‘スターマーケティング’風
釜山の一流ホテルらが有名芸能人とスポーツスターたちを立てて,観光客を誘致する計画を用意中だ。

釜山ロッテホテルは“芸能人とスポーツスターらが泊まった客室を‘スタールーム’(仮称)に作って, ホテルを訪ねた顧客らに新しい楽しみをプレゼントする計画”と20日明らかにした。

スタールームで構えられる客室はこのホテルスイートルーム2〜3箇所。釜山ロッテホテルによればこの客室は韓流スターペ・ヨンジュン,ピなどをはじめとして,数多くのトップスターらが利用した場所だ。

映画‘タッチャ’のチェ・ドンフン監督, キム・ヘス, チョ・スンウをはじめとして‘サラン’のクァク・ギョンテク監督, チュ・ジンモ, パク・シヨン, ‘セブンデイズ’のワールドスターキム・ユンジン, ‘今愛する人と住んでいますか’のオム・ジョンファ, パク・ヨンウ, イ・ドンゴン, ハン・チェヨン, ‘仮面’のキム・ガンウ, 韓日合作映画‘ハナカゲ’のキム・レウォンとヤマモトミライ等有名なスターらが来た。

特にこのホテルで二番目で高い3810号‘プレジデンシャルスイートルーム’は代表的な撮影場所で映画界にうわさが立っている。ホテル側はスターらの著作権を侵害しない方案を検討したあげくホテルを訪問したスターらの親筆サインや写真らを額縁で作って,客室壁面に付着する方法で‘スタールーム’を作ることにした。

ロッテホテルは今年米国女子プロゴルフ(LPGA)ツアー正式メンバーでデビューするようになるプロゴルファーミッシェルウィ(ウィソンミ)を2010年12月までホテル広報大使に委嘱して1日総支配人と社会奉仕活動など多様なイベント行事を推進することにした。

プロゴルファーパク・セリはすでにフィットネスクラブ一生名誉会員で加入, 釜山ロッテホテル会員らのためのサイン会とレッスン講演などをした。釜山ロッテホテル関係者は“ホテルのイメージとブランド価値を高めるためにホテルと縁を結んだトップスターとスポーツスターを積極的に活用することにした”と話した。

海雲台(ヘウンデ)グランドホテルも映画俳優チャン・ドンゴンを3年連続名誉総支配人で選定するなどスターマーケティングに努めている。チャン・ドンゴンは釜山国際映画祭をはじめとする各種国内行事に参加するために釜山を訪問する場合このホテルを探して, 宿泊をしていながら, ホテル行事に祝いのメッセージを送る‘義理派\\\\\\\\\\\\\\'で伝えられた。

昨年釜山国際映画祭本部ホテルに選ばれたのを記念して, ホテルがお目見えした‘スターハウスパッケージ’の場合チャン・ドンゴンが宿泊した‘プレジデンシャルスイートルーム’を景品で掲げたが1万人余りがイベントに参加するほど熱い関心を見せることもした。

また昨年11月にはホテルのロビーと展望用エレベーターで歌手ソテジのミュージックビデオ‘ヒューマンドリーム’の撮影があって今年6月放映予定であるクァク・ギョンテク監督のドラマ‘友人,僕たちの伝説’が2月からこのホテルサウナとロビー, 洋食堂などで撮影予定なので関心を集めている。

ドラマ‘友人,僕たちの伝説’は映画‘友人’をドラマ化したことで俳優ヒョンビンとキム・ミンジュンを主人公にミニシリーズ20部作で撮影される予定だ。このホテルはドラマ, 映画, ミュージックビデオ撮影などをホテル広報の好材料で見てスターマーケティングと連結させる方案を研究中だ。