‘チング’製作社“チャン・ドンゴン・チュ・ジンモ
出演事実無根”公式釈明

映画‘チング’のドラマ版である‘チング,僕たちの伝説’の製作社が最近ふくらんだチャンドンゴンびっくり出演報道に対して“根拠のない噂”と一蹴した。

来る7月頃MBCで放送されるドラマ‘チング,僕たちの伝説(正式題目)’製作プロデューサーを受け持っているジニン社フィルムのイ・チャンジュン専務はトップスターチャン・ドンゴンがカメオで出演すると知らされた9日報道資料を通して“ドラマ‘チング’にチャンドンゴン, チュ・ジンモなどの俳優らが出演するという報道があったが現時点では事実無根だ”と説明した。

報道資料によればクァクギョンテク監督と言及されたトップスターらの親密関係は明らかだがドラマ出演に対する言及は事実無根であり, 各俳優らの所属社や製作社側でも出たことがないということ。

イ専務は“記事に言及された関係者が誰なのかは確実ではないが題名変更など最近‘チング’ドラマ進行過程に対して詳しく知っている人ではない”と付け加えて,“実は‘チング’のドラマ題目は昨年‘チング,その尽きない話’という仮題をつけて知らせたが進行過程で‘チング,僕たちの伝説’で題目が変更,確定した”と明らかにした。

また‘チャン・ドンゴンの所属社側がドラマ製作社の提案を受けて検討中だ’という内容に対しても“所属社側に提案をしたことがないのに検討をするという言葉自体が論理に合わない”と否定した。

ドラマ‘チング,僕たちの英雄’は映画‘チング’を演出したクァクギョンテク監督が直接ドラマ化する作品で期待を集めている。現在ドラマは釜山で撮影準備中の真っ只であり,映画でチャンドンゴンが引き受けたドンス役にヒョンビン,ジュンソク役にはキムミンジュン,サンテク役にはソドヨンがキャスティングされた。

クァク監督と共に映画作業をしたチャン・ドンゴン,チュ・ジンモ,パク・シヨンなどトップスターらの出演有無が関心を引いた。この作品の製作と演出は映画‘チング’のジニン社フィルムとクァクギョンテク監督が引き受け,釜山現地で撮影が進行される予定だ。

(他の記事から..)
チャン・ドンゴン所属社エイエムエンターテイメントは“チャン・ドンゴンがドラマ‘チング’カメオ出演の提案を受けたことは事実だ。だがまだ出演有無を決めることはなかった”と話した。

所属社側は“ドラマが撮影を始めることもなかっただけに現在としては決定された懸案がない”とし,“具体的に撮影やキャラクターなどに対する話が五箇だけその時に判断する”と付け加えた。

‘チング’友情出演提案はチャン・ドンゴンがクァク・ギョンテク監督と製作社から直接受けたことが知らされた。特に普段親密が厚いクァク監督はかなり以前からチャン・ドンゴンにドラマに出演してくれることをお願いしたと伝えられた。

現在としてはチャン・ドンゴンが‘チング’に出演する可能性が高いほうだ。クァク・ギョンテク監督が映画に続きドラマ演出を引き受けて所属社同僚ヒョンビンが主人公で登場するため。だがチャン・ドンゴンが現在次期作決定を急いでいて出演できない可能性もやはり排除できない。

所属社関係者は“チャン・ドンゴンが近い将来国内映画でカムバックする”と明らかにして,チャン・ドンゴンの国内活動開始を知らせた。

=======================================================

ひとしき盛り上がったけれど,事実無根と...残念..
正式にタイトルもまとまったようです...^^