‘ビッグバン ココマ無名時代’,視聴者注目
スターの過去の姿はいつ見ても新しい感じを与える。
7日放送されたSBS‘生放送一夜のTV演芸’でスターのデビュー当時のインタビューの姿を公開した。

この日放送は現在大韓民国トップスターになった彼らのデビュー時期のいきいきした姿が見られて目を引いた。
歌手兼演技者ピは歌と踊りをカメラの前で満足な時まで繰り返してお目見えする姿を見せた。



ピは“僕が考えても情熱いっぱいな新人だった”と回想した。
彼は“あの時は小さい失敗も容認できない固い木だったので,今は柔軟さができたようだ”と話した。

キムテヒは‘一夜のTV演芸’カメラに向かって,何度も“はい,‘演芸街中継’視聴者の皆さん”と言って,製作スタッフを戸惑わせることも。

ハ・ジウォンは2000年デビュー当時でもしっかりした魅力で目を引いた。
シン・ミナとイ・スンギはインタビューをしながら始終一言葉をたどって困りきる姿を見せた。



ユ・ジテは新人時期胛鴎亭洞路上で踊りをお目見えした。
ユ・ジテは“あの時は恥ずかしかったが,私がまだ(このことを)しているというのが不思議に思ったりもする。はじめは見慣れなかったが,私はそれでも努力した”と笑った。

フィソンもやはり新人時代からあふれる浮気心をお目見えした。
当時フィソンはカメラの前で踊りと歌,ラップをお目見えしたが,フィソンがラップをする時,二人の少年がビットボックスを一緒にした。

製作スタッフは“フィソンのそばでビットボックスをしているこの少年らをよく見て”と“まさにビッグバンのテヤンとチ・ドラゴン”だったと明らかにした。画面での二人は今よりはるかに幼い少年の姿だ。



米国進出したボアのデビュー時代の姿も公開された。
当時リポーターに出たイ・ギソンは“準備されたスターが何かを見せる典型的なケースだった”とボアを回想した。13才だったボアはカメラの前でも全くしょげずに, きちんと自身の考えを明らかにする姿を見せた。

“13才らしい生活はたくさんできないのではないか”という質問にボアは“惜しみは多い。でも二匹のウサギをすべて掴むことはできないでしょう。一匹でも掴めるようにがんばる”と話した。9年が過ぎた後ボアは“私が夢見てきたことに比べて,想像できないものを成し遂げたようだ。音楽プログラムで1位を一度とってみたかった”と現在の心境を伝えた。

今まで変わらないことを尋ねた質問にボアは“変わらなかったこと?身長”として笑った後, “音楽や舞台に対する情熱はむしろさらに増えて, 減らなかった”と話した。

またこの日放送ではチョン・ジヒョン, ヒョンビン, イ・ナヨン, ソン・イェジン, アイビー, godメンバーらのデビュー時代荒っぽい姿も公開されて目を引いた。



(ヒョンビンインタビュー翻訳)
今この16部作というドラマをやりながら、少しの間生じた現象に過ぎないのではないかと心配です..

僕が演技をやりたくて始めた時の心だけは変わりたくないです。それだけは, 他はたくさん変わるかもしれないけれど, それだけは変わらないようたくさん努力するつもりです。もちろん今も努力しています。

翻訳:kumijaさん
今も変わらないですね...^^

-----------------------------------------------------------------------

ゎい〜グクだ!グクだ〜^^
思わぬプログラムに出現して!久しぶりに過去のビンを眺められました...むふっ。
ぁ〜びっくりした..^^