“チュンムロ,今は私たちが受け付ける”
・カンドンウォン・チョハンソンなど来年ぞろぞろ入隊...キャスティング難航
・新作封切り前にしてパクヨンハ・チュジフン・コス‘ラブコール0順位’
・可能性見せたカンジファン・ヒョンビン・イミンギも関係者ら貪欲目


トップスターチョ・スンウ・チョ・インソンが悲運席は誰が埋めるか?
忠武路(チュンムロ)関係者らが‘薄い俳優層’に泣きべそをかいている。

エース役をしたチョ・スンウが先月入隊したのに続きチョ・インソンが来年3月入隊を控えていて残念さをより増している。また来年に青春スターカンドンウォン・チョ・ハンソンなどスター性を持った俳優らの入隊が予定されている。

来年20代後半から30代初め男俳優らが登場する映画を企画中である製作者などはキャスティングに難航している。チョ・スンウとチョ・インソンだけに投資を受けることも容易で,演技力とスター性をまんべんなくそろえた俳優が多くないためだ。ハ・ジョンウ・ソ・ジソプ・クォン・サンウなどがいるが,彼らがその多くの映画を消化することはできない。映画関係者らは二つの目を剥いで困難に合ったチュンムロを助ける俳優らを探している。

映画関係者らは2月開封されているスリラー‘作戦’に出演するパクヨンハに多くの期待をかけている。演技者よりは韓流スターのイメージが強かった舶用する今年のドラマ‘オンエアー’で久しぶりに自身の演技力を思いきり発揮して,映画関係者らの関心を大きくした。彼は2番目映画出演作である‘作戦’で株式市場で一発を噴出して人生を終わらせようとする男役を受け持って,ムービースターとして自身の真価をお目見えする予定だ。

コミック諜報物‘7級公務員’を撮影中であるカンジファンの株価も急上昇中だ。ドラマ‘京城スキャンダル’‘快刀ホンギルドン’等で数多くの女性ファンらを集めた彼は今秋‘映画は映画だ’でソ・ジソプに劣らない強烈なカリスマを吹き出した。映画のフォーカスがとてもソ・ジソプに合わされて,彼の演技は低評価されたが映画関係者らの挨拶の実績を確かに受けた。ハンサムな容貌と硬い演技力を持っていて大型ムービースターになる可能性が高い。

ロマンス物‘キッチン’の封切りを前にしてチュジフンも映画関係者らから数多くのラブコールを受けている。特にドラマ‘宮’で日本と中国で多くの人気を集めて,ぺ・ヨンジュンの後に続く韓流スターになるという評価を聞いている。モデル出身らしい高い身長にシャープな容貌を持った彼は今年の秋スクリーンデビュー作‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’で評壇と観客らから合格点を受けた。シン・ミナと一緒に公演した‘キッチン’では既存のクールながらも,セクシーな魅力を思いきり誇る展望だ。

今年軍で除隊したコスのチュンムロ復帰も期待を集めている。
コスは日本ドラマを映画化したメロー映画‘白夜行’でソン・イェジンと切ない愛を演技する。軟らかいメローガイで愛された彼は軍除隊後男性美をより増して,女性ファンらの期待を集めている。最近軍生活の間に作った筋肉スタイルを公開して,女性ファンらをときめくようにした。

24日開封されていた‘ロマンティックアイルランド’のイミンギも映画関係者らの愛を一体に受けている。高い身長とハンサムな容貌と合わない独特の個性で愛されている。彼は来年夏封切る期待作‘海雲台(ヘウンデ)’でもソル・ギョング・ハジウォンと共に映画を率いる大きい役を受け持って目を引いている。‘海雲台(ヘウンデ)’製作者などは映画が開封されていればイミンギの人気が急上昇すると大言壮語している。

ユン・ジョンチャン監督の新作‘私は幸せです’に演技変身を試みたヒョンビンも注目をあびている。お金に悩まされて精神分裂症にかかった小市民を演技して,去る秋釜山国際映画祭で賛辞を受けた。

以外にも数多くの20代俳優らがスクリーンスターの夢を大きくするために努力している。果たして‘第2のチョ・スンウ’と‘第2のチョ・インソン’は誰になるか帰趨が注目される。

=======================================================

また続々入隊していきますね...カンドン氏まで...
そう思うと,ヒョンビンも次期準備に入りますね..