クサセ,すなわち私たちの話になるとき
‘彼らが生きる世の中’‘彼ら’の生きる世の中がすなわち‘私たち’の話になる時
KBS‘彼らが生きる世の中’は彼らを通じて‘私たち’をのぞき見るドラマだ。放送局で絶えず起る人々の葛藤と仲直りを見て,またはその間に愛と友情,出会いと別離の間どのあたりにある彼らの愛を見ながら私たちはまっすぐそんな人生を暮している私たちを振り返るようになる。

ある極端的な事件はなく,そして連続的なストーリーなく日常のわずかなエピソードだけで20人余りにのぼる人の人生を眺める‘彼らが生きる世の中’は今‘私たち’に何を投げかけているだろうか。

“愛が面倒になるほど生きることが手に余る”と言う人々を通じてむしろ生に対する慰安を投げてくれる‘彼らが生きる世の中’を‘10 FOCUS’の最初の記事で紹介する。ノ・ヒギョン作家と6年ぶりに一緒にしたピョミンス監督のインタビュー,そしてすべてのソロたちを恋愛したくなるようにするヒョンビンとソン・ヘギョの姿が盛られた現場取材も共にする.

毎朝,ご飯を食べながら泣いた日々があった.誰のためだったかは思い出さない。初めてさじを首に越す度に目の前が薄く明るくなって,それでは上越しのお父さんに涙が見付る,そうしたくなくて首を下げてご飯を食べて部屋に入って布団をかぶった。5分だけ.そうしなければバイトに通う会社に遅れるから。

その時本当に無駄な振る舞いにあったのは,布団の外に出た20分後に,平気な顔で地下鉄に乗らなければならなかったということだ。そして,一時間の間地下鉄に乗って到着した会社ではなんの事もなかった。泣いて,終わり,食べて,働いて,雑談して,雑談して笑って.そうしていつからか家で泣いて私と地下鉄で立ってうとうとし始めた。

そのため,KBS‘彼らが生きる世の中’のジュニョン(ソン・ヘギョ)を嫌うことができない。そのように好きだったジュンギ(イジュンヒョック)と別れた後半月ぶりに感情を整理したジュニョンを。もしかしたらジュニョンは一人でTVを見る夜,ジュンギのことを懐かしく思うかもしれない。しかし,最初の4部作特集劇を準備するドラマ監督が昔の恋人を懐かしく思う時間は1年に何人もなるだろうか。

ジュニョンが恋愛をしても振られても,彼が一日に2時間寝ながらドラマを撮影するのは変わらない。ジュニョンの先輩ジオ(ヒョンビン)がヨンヒ(チャスヨン)との長くて強い恋愛を終わらせた後家で泣くことができたのは彼がミニシリーズに行った時点だったからではないか。毎月続続月給を貰わなければならない人たちには泣く時間も,涙を受けてくれる人も余裕もない。

気づきなさい,そして静かに理解しなさい


親が亡くなっても仕事をしなければならない,切々なる愛の記憶も酒の席でつまみ事になってしまう現実

ジュニョンは“愛が面倒になるほど生きることが手に余る”と言うソウ(キムヨジン)のシナリオを理解できないという。しかし,‘彼らが生きる世の中’はその質問に,もう私たちはそうして生きていると答えるように見える。トップスターユニョン(ぺジョンオク) はお母さんの死が分かってからも撮影のためにベッドシーンを撮る。人生が大変なのは難しい事のためではなく,そのことを抱いたまま誰かとぶつかりながら生きるからだ。

放送10分前までミニシリーズの編集が終わらないドラマ局で私が大変な愛をしていると,触れないでくれと言わずに言える人は誰もいない。皆がつらい。しかし,誰もつらくなれない。恋人と別れた日のジュニョンとジオも,15年前ユニョンとの愛のため妻に離婚されたミンチォル(キムガプス)も。

もっと大変なのはこの手に余る生をお互いに全て分けることができないという事実だ。ミンチョルの15年を大変にさせるユニョンとのロマンスはドラマ局の人々に酒の席で雑談する。“キャラクターを完全に理解したと思う瞬間”ドラマは道に迷うというジオの言葉のように,私たちは誰もお互いの人生を皆理解することができない。‘彼らが生きる世の中’はそんなに数多い悲劇の主人公たちが集まって作ったわずかな日常のドラマだ。人々はそれぞれの部屋ではあらゆるドラマを撮るが,部屋では‘彼ら’の世の中では誰も感情をすべて吐き出すことができない。

しかし,彼らは人間だからある瞬間には彼らの前で自分の感情ががつんと飛び出してくる。前日夜ユニョンにまた会うことを許諾受けたミンチォルは足つきから変わって,ジュニョンはすでに自分の恋人になったジオが昔の恋人ヨンヒと会っているところを見た後からは撮影場でつやがない。それで彼らの世の中はお互いにその感情に気づいて,適当に理解する時,無理なく戻る。理性的には撮影監督が演出者の指示に従って映像を取らなければならないが,現実では大掛かりなけんかをして,お酒を飲みながら,お互いの立場がわかってこそまともにドラマを撮ることができるように。

ジュニョンがスタントマンの負傷がどうして自分の責任なのか,撮影場で俳優とスタッフに対する礼儀が何なのか悟る過程は他人を理解することができなかった人が彼らと一緒に生きる方法を慣らす過程でもある。

“大丈夫だ”なだめる涙のような彼ら


ジオとジュニョンを見ながら,恋愛をしたくなったとすればすでに日常を共有する人の大切さがわかるためだろう

そのため,‘彼らが生きる世の中’は恋人たちの切なる涙なくも美しく輝く。このドラマは誰もお互いの人生を完璧に理解することはできないということは認めるが,同時にお互いを理解するように努力しなければならない彼ら各自の人生を見つめるようにする。周りの人々を利用して‘業界のルール’を壊したユニョンは典型的な悪女であるかもわからない。しかしお母さんと一緒にいる時のユニョンの姿はまた違う。ドラマ局で悪どいことで噂になった監督ギュホ(オムギジュン)は弟が死境を彷徨う日にも誰にも上で受けることができない。

各自の個人事が少しずつ公開されながら,理解して受けとめることができなかったようだった各自の人生は他人に収容されることができる機会を得る。一男を3ヶ月以上愛することができない魔女の愛情行為を,15年間一女だけ眺めて暮す離婚者の純情を。愛に対して‘とても易しい’と言ったジュニョンはジオに純情をつくしたくなって,一時は命を捧げてヨンヒを愛したジオは彼女と別れてすぐジュニョンの微笑みにときめくことを感じる。人々は常に理性と道徳が重要だ言うが,彼らのもまれる人生は理性と感性,道徳と欲望の境界で理解することも,表現することもできない副産物たちに戻る。

どうしてジオのお母さん(ナムンヒ)は事毎に自分が食べる事もできなくてやきもきする夫が買ってくれたもの大事にしようか。果してジオは良いドラマを作って,ギュホは悪いドラマを作るのか。‘彼らが生きる世の中’は誰かの人生を理解したり,裁く代わりに皆の人生をそのまま抱えこむ。私たちが商社で壊れる日の夜に必要なことが精神と意思ではなく関心のない姿で“お酒を飲んで忘れてこのやろう”と言ってくれる友達のように。

お互いの人生を理解する代わりに受け入れる瞬間,‘彼らが生きる世の中’で愛は“手さえ出せばタクシーが止まる”ドラマのように日常を飾らなくても美しくなる。部屋の床で寝転がるジオとジュニョンを見て恋愛をしたくなったら,それはあなたがすでに同じ空間で負担のない日常を共有できる人の大切さを,家の外の数多い‘アキレス腱’を脱して恋人と一緒にいる32時間の意味が分かるからだでしょう。

勿論,彼らもお互いを完璧に受け入れることはできない。ジオとジュニョンはお互いの親のために苦しがるが,お互いに“それが何をそんなに大変なのか”と言う。その疎通の間違いはジュニョンとジオを別れるにも,あるいはギュホとある女優のように‘惜しい時を備えた潜在的恋人関係’で作ることもできる。

しかし,誰でも愛する瞬間だけはお互いを理解するために近寄るというのだけでも,愛は十分な価値を持つ.愛が面倒である位生きることが手に余る人々であればあるほど愛が必要だ。娘に憎まれて,ドラマ局のたくさんの問題に苦しみながらも年を取るほど食べながら楽に過ごそうといいながらもう一度ユニョンに近寄るミンチォルのように,そして彼が渡したお菓子をこりこりかみながら “11時前には電話するな”と彼との関係をまた始めるユニョンのように.

それでも人生は続く



そんなにして,‘彼らが生きる世の中’は彼らがどうして続続各自の部屋の中から出て大変に一緒に生きていくのか見せてくれる。誰も気兼ねをするほど片意地な演技者ミンスク(ユンヨジョン)も誕生日の朝に一人きり食事する姿は寂しいと言い尽くせない。楽しくても悲しくても,いつも向い合う彼らとの人生はお互いを手に負えないようにするが,いつも繰り返されることだから慰安を与える。彼らがいくら大変だと言っても彼らは明日も,またまたその翌日も大きく変わらない人生を一緒に生きて行くでしょう。

ジオがヨンヒと別れた後一人涙流してもドラマ局の頭痛は消えない。誰も易しくお互いの傷を取り出して見せることができない人生の繰り返しがむしろ各自の生を耐えられるようにさせられるという肯定。生に対するこの逆説的な肯定を悟る瞬間,‘彼ら’の生きる世の中はすなわち‘私たち’の話になる。‘彼らが生きる世の中’のドラマ局の人々のように家族が,恋人が,職場の仲間たちが私たちを大変にさせる。しかし,私たちは毎日彼らと一緒に住むという信頼があることに生きていくことができる。

‘嘘’から‘孤独’まで,ピョミンス監督とノ・ヒギョン作家は誰も理解しにくい個人が愛して,傷ついて,挫折する話を描いた。そして,6年ぶりに再会した彼らは個人の‘傷’に集中する代わり,手に余る生を抱いて行くある‘方式’を見せてくれる。傷を抱いて生きて行かなければならない私たちの複雑で定義することができない生そのものを通じる.

愛と別離,喜びと悲しみは彼らあるいは私たちが生きる世の中で絶えずつながる人生の一部分だ・そして,私たちはその人生の中でとにかくこれから進む.それがたまには愛が面倒であるほど手に余っても.あなたは昨晩部屋で何をしたのか.それは誰もわからない.しかし,明らかなのはその翌日にも朝は尋ねて来て,あなたは誰かと一緒に人生を生きるというのだ。たまには朝御飯が首に埋まっても。

クサセ,本当に彼らが生きる現場
‘彼らが生きる世の中’本当に彼らが生きる現場





私は流行語が口の中でぐるぐる回る。“優秀だった,本当に。”しかし記憶の中でのそのイントネーションでない。真心を入れてする言葉だ。

トサン大通りでデートを楽しむジュニョン(ソン・へギョ)とジオ(ヒョンビン)を眺める人々は誰でも同じ心だった。しばらく事務室を抜け出したようにある姿の女性らは“まあ,大当たりだ。チュゴルリュン似ている。”

“ねえ,何。私たちのピンサマがもっとハンサムだったよ!”とひそひそ話しながら,きゃっきゃっ笑いを放って,行く途中止めて気を落とした男性らは“ひあ,綺麗なことで本当に綺麗。” “顔が私のげんこつよりさらに小さいね。”といいながら実物はソン・へギョがやはり一番上であることを互いに確認させてくれるのに余念がない。

それだけか,日本人のおばさんらは写真を撮りながら“スゴイ!” “カッコイイ!”をやりとりする。二人の恋愛を会社に秘密にしようというジュニョンはその理由を尋ねるジオにそう答えていた。二人ともうまく行けば他人がどれくらい妬くかと。いや,このように優秀な二人が並んで歩く姿を見ていれば嫉妬が出るどころか美しい光景を直接見られて感謝したい状況だ。

ピョミンス監督が生きる世の中






‘彼らが生きる世の中’の製作発表会でヒョンビンは“ピョミンス監督ニムに対してあまりにも良いという話だけを聞いて後にはどんな方なのか気になっていました。ところが共に作業をしてみれば...本当に良かったんですよ。”とドラマに参加するようになった所感を明らかにした。

現場のピョミンス監督はいくら差し迫っていて困難な状況でも怒ったり大声を出さない。そして一瞬も顔に微笑を失うことがない。遠くにいるスタッフらと俳優らに話声が伝えられないので,長居をする間もなくこっちに走ってあっちに走りながら,指示事項を伝達しながら,現場をダイナミックに率いる。

几帳面なモニターと正確な計画を土台に一生懸命自身の欲を実現させようと東奔西走するピョミンス監督の姿はある瞬間ジオであったが,ジュニョンでもあってギュホでもある。




ドラマの中で主人公らがそうであったようにピョミンス監督は二人が歩いてくる一場面をおいて遠くから撮って,バストで引いて撮って,クレーンで高いところで撮って,ひっくり返して撮りながら,多様な場面を作る。その上駆けつけた人波と自動車の騒音のために予期できないNGが度重なって履整理する頃には時間が結構遅れてしまった。

その時,こっそりと周辺を振り返ったスタッフがピョミンス監督を率いてどこかに向かう。次の場所であるサンドイッチ店が近いところにあらかじめ物色しておいたものだった。時間を節約できる絶好の機会.ピョミンス監督は満足な表情で自ら台本を読みながら,ジュニョンになってジオになってしながら店で歩いて出て,この時を逃さずに撮影監督は指でアングルを作って,ピョミンス監督の動きをついて行く。

“アハ,惜しいね。あれがぴったりかかってしまう。”撮影監督の指が示す所には[トサン公園]四つの文字が打ち込まれた岩が持ちこたえていた。“それでは,こっちに歩いていけば良いでしょう。”スタッフらのため息の声がまださめやまらなくなる前にピョ監督はうろたえるそぶりもなくこっそり同船を戻して,また歩みを移す。ピョミンス監督が生きる世の中は,それこそ柔軟で軽快なところだ。

“必要な時はスタッフらが出演もします。”




‘彼らが生きる世の中’の現場を尋ねた二回目の日.女主でもしばらく入って,撮影地で知らせひっそりとしている教会の前に到着して,ぽつんと繰り広げられた葦畑が目に映る。

うろたえた写真記者が何か発見したように手を伸ばした。
“あれ,バスじゃないか?”大型バスが手の平だけするように見られる程遠く離れた葦茂み中に,この頃のように寂しく離れているきしべでスタッフらは相変らず彼らの世の中を生きていた。

この日現場を指揮する人は‘この殺す奴の愛’と,色々な単幕劇を通して,特有の実験的で感覚的な演出能力を認められてきたキムギュテ監督.‘彼らが生きる世の中’を熱心に見た視聴者らはすでに感づいたが,Bチームが撮影をする日だ。

キムギュテ監督がスタッフらと話を交わす間,さっとモニターの前の監督席が気になって,頭がのびた。しかし椅子の上に広げられた台本に登場する人物はキム君やユニョンでなく豪傑と女性ら.ぎっしりといっぱい詰まっているように使われたコメントとアンダーライン,所々描かれた円までもっともらしくさせたその本は劇中ギュホ(オム・キジュン)のドラマ‘天地淵’の台本だった。

どんなに精巧なのか本表示に書いている名前まで主人により違うが,ソン・ギュホは名前だけ小さくちゃんと書いていてチュ・ジュニョンはピンク色で大きく‘ジュニョイ’と書いた後可愛い絵まで描かれている式だ。

事実,現場で‘彼らが生きる世の中’と‘天地淵’はスタッフらさえ正確に区分にならない。真冬に次ぐ寒い天気のせいで皆厚いジャンパーを着込んでマフラーをぐるぐる巻いて,誰が俳優なのかよく分からなかっただけたまに“必要な時はスタッフらが出演もします。”というソ・トンナク助監督の話のように時には製作スタッフらがカメラにあらわれたりもする。

カメラアングルに遠く背景が映るときはからだを溶かしたスタッフらが走って,現場の忙しさを演出する式だ。また助監督で出演するイダインとクァクビョンジンが小物のチョコパイと牛乳をスタッフらに分けてあげる姿は劇中役の延長のように見られたりもする。

構成員皆がマルチプレーになって,創意的に自身の役を作り出す姿は忙しかったが,一方では平和なことでもある。

信じることはやはり人,そして真心





しばらくおやつを食べて撮影再開されて,不可に集まったチョンソクウォンとソヒョリムは休んでいるホゴルとポンスンになって自然に演技状況を続けさせる。カメラが戻って,キムギュテ監督のモニターに監督席に座ったソン・ギュホ監督の姿があらわれる。ちょっと前まで防寒服をかぶって手暖炉まで上げて,がたがた震えたオム・キジュンはいつのまに薄いジャンパー姿にも屈しない冷血一になっている。

“お前がチームをまとめるべきで,チームがお前をまんどうみなければならないのか?”大声を出さずに相手方の意欲を失わせて下らないことを喋ることが目の前で炸裂する。その皮肉の対象は当然狂ったヤンオン二,スギョン(チェダニエル)だ。にこにこしながら,現場を縫ったチェダニエルの表情はいつのまにか不満でぎっしり埋まって歪んで,驚くべきことにその顔には窮屈な日程と寒さの中で現場を守るスタッフらの疲れてだるさがもっともらしく溶けていた。

その瞬間,彼が出演した広告の文句が浮び上がった。
“思い通りにすればいい。”彼らがこのように大変な世の中を生きていく秘訣を盗み聴いた気がする。人々の評価も,視聴率も,何一つ予測できない彼らが生きる世の中で信じることはやはり思い,それ一つだけだったのかもわからない。

クサセ,製作現場実感する第9話


‘クサセ’はドラマ教科書?“製作現実実感できる〜’
現実よりさらに実際のようなドラマがマニア層を作っていっている。KBS2月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(以下‘クサセ’)は俳優らの間でもドラマ教科書に通じるほどリアリティーを強調したドラマだ。24日放映した‘クサセ’でチュ・ジュニョン(ソン・へギョ)はドラマ撮影現場で体験する困難を解いていくPDの姿を表現して目を引いた。

チュ・ジュニョンは放送局で用意された休憩室に3時間だけ寝て明け方4時に起きて地方撮影に出た。疲れた身体を率いた撮影地ですべての撮影準備を終えたが現場の上で飛び回るヘリコプターの騒音で‘キュー’サインをおろすことができなかった。

引き続きチュ・ジュニョンは同期で助監督のヤン・スギョン(チェダニエル)を呼んで,近隣管制塔に電話して,飛行状態を確認したのか可否を尋ねた。

ヤン・スギョンは“それは交渉部長の仕事”といいながら責任を逃れようとした。チュ・ジュニョンはそんなヤン・スギョンに“仕事をしにきたところで言い訳しにきたのか”と撃って付けた。

“当然助監督の仕事だろう。撮影場に行って雨が降っても助監督の責任でご飯を食べに行ってご飯がまずくても助監督の責任だと。”同期だがPDと助監督なので体験しなければならない哀歓がにじみ出る場面だった。



またチョン・ジオ(ヒョンビン)とキム・ミンチョル(キムガプス)の対話場面の中で単幕劇を維持したいドラマPDらの立場も現れた。

この応真KBSドラマ企画チーム長は“‘クサセ’はSBSドラマ‘オンエア’より放送局の実績的な世の中を描写するところにあってはるかに激しく事実感と親しみあるように表現された”として“人間と人間の生に対する探求がドラマのテーマを判別する一つの基準になった‘クサセ’という上級だ。このドラマでは現場で走っている放送関係者の人々の探索が密度あるように現れた”と話した。

一方この日放送でチョン・ジオは屋台で行った喧嘩を止めさせようと片方の目にケガをする場面が演出されて,今後ジオの将来に重要な障壁を作用しそうな暗示を与えることもした。


クサセ,ハンソルチャンマル協賛反響


ハンソルチャンマル クサセ協賛で反響起こして
国内松で作った強化床を供給しているハンソルホームデコ(www.Hansolhomedeco.co.kr)がKBSミニシリーズ‘彼らが生きる世の中’でハンソルチャンマルを協賛して,反響を起こしている。

ハンソルチャンマルはドラマ内で主人公のソン・へギョ(チュニョン役),ヒョンビン(チオ役),ユンヨジョン(ミンスク役)の家他放送局,カフェなど5ケ所のセット場に施工されて,ドラマの高級なコンセプトを完成した。

都会的感じで洗練されていることと物静かな感じで節制された素敵さを生かしたチュニョンの家,鋭利で正しくて,人間味あふれる暖かい心を持ったチオの性格のように暖かくて安らかな雰囲気をかもし出すチオの家,クラシック一世帯と装飾らが憂慮し,よりもっと上品で格調あるロクショリスタイルを完成する女優ミンスクの家などドラマのあちこちでハンソルチャンマルに会って見えるようになった。

ドラマ協賛を記念して,12月まで‘我が家を自慢する’というハンソルチャンマル使用後期イベントを実施,ハンソルチャンマルと共にした家族の姿の写真をホームページに上げれば抽選を通して,謝恩品を贈呈する。

ドラマ‘彼らが生きる世の中’はKBS 2TVで月,火曜日放送されているドラマで,放映前からピョミンス演出,ノ・ヒギョン作家のタイトルだけでも大いなる関心を受けた。

出演俳優もまた主人公チュニョン役のソン・へギョ,チオ役のヒョンビンをはじめとするペジョンオク,キムガプス,キムヨジン,オムキジュン,ソヒョリム,ユンヨジョン,キムチャンワン,チェダニエルなどの俳優らが熱演する放送会社ドラマ局の姿が大いなる関心を受けている。




TOPRSSSUK2

2008 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.