クサセ,ピョ監督..悲しくきた,嬉しくきた.
‘彼らが生きる世の中’“重要なことは今だ。悲しくきた,うれしくきた”
KBS‘彼らが生きる世の中’のジオ(ヒョンビン)は非現実的な人物のように見られたりもする。

彼は同僚を振り返る暖かい心とドラマに対する深さを同時に持って,この前終わらせたミニシリーズでは高い視聴率まで記録した。

だがその点で‘彼らが生きる世の中’のピョミンス監督はよりもっと非現実的な人物かもしれない。

ジオまで時には悪口と暴力を使うドラマ製作現場でピョミンス監督はスタッフに尊敬語を使って,‘嘘’と‘バカな愛’等韓国ドラマの一線を引いた傑作らはもちろん,最高視聴率40%を渡した‘フルハウス’のようなロマンチックコメデイで大衆的な成功までおさめた。

そして,彼は大衆性と作品性を同時に達成したその時点で‘インスンは綺麗だ’で前科者に対する社会の視線を独特の方式で描いて,その次に作品でノ・ヒギョン作家と6年ぶりに共にする‘彼らが生きる世の中’を選択した。

韓国ドラマの‘ニュー ウエーブ’でいつのまにか韓国ドラマを代表する中堅演出家になったピョミンス監督が‘彼らが生きる世の中’で見せてくれるものは何だったのだろうか。

‘孤独’以後ノ・ヒギョン作家と6年ぶりの再会だ。
また作業してみてどうなのか.

ピョミンス:ノ・ヒギョン作家とは‘孤独’が終わった後,一作品だけ別にしてまた会うことにした。
ところが二人がそれぞれ違うところで契約がされていて共にする機会を探すのが容易でなかった。
今回も私が昨年に‘インスンは綺麗だ’をするのでノ・ヒギョン作家が一年を休みながら待ってくれた。

互いにどのように変ったのか。
ピョミンス:ノ・ヒギョン作家は前よりさらに自由だった。人生や愛はどんなものだという宣言が消えて,それらが人生の中に自然に入り込むようだ。

私は経済的な論理を抜け出すようになった。前は寒い天気に野外撮影のほかセットに戻そうという式だった。それで俳優ら集中力を高めて,感情をよく生かせるようにした方が良いと思った。

だが‘孤独’を終わらせた後そんなことが作家の想像力に妨害を与える可能性もあると思った。作家は雪が降るどこかを見せてあげたいが,難しいから中に入ってきて,感情だけ生かすといえばしたいことをできないことはないのか。それで今回はノ・ヒギョン作家が最大限想像力を繰り広げられる方向で行っている。

“複雑に形成されている感情を何があっても裁ちたくなかった”



‘彼らが生きる世の中’はあなたに新しい作業のようだ。
あなたはノ・ヒギョン作家が台本をすでに完結までずべて書いた台本を見ながら,演出をする。
ここにユンヨジョンからチェダニエルに達する多様な俳優らを皆抱きしめて
作品を進行させなければならない。

ピョミンス:私は‘彼らが生きる世の中’を通して,スケールを調整する部分を学ぶと思う。20人余りの俳優らが主演助演と完全に区分されるのではなくスモプ村のようにある共同体の中で各自のキャラクターを生かすことだと彼らそれぞれ合わせることが簡単ではない。

それで固定された時点よりはジオでジュニョンに,ミンスクでスギョンで時点が通り過ぎる演出をたくさんする。人物と人物の間が分けられるのでなくやんわりと続くことだ。どうしてもノ・ヒギョン作家が台本をあらかじめ完成したのでこのような形の考えが可能なようだ。

ただ台本がすべて出てきた状態と人物らの未来まで知っているから実際の生活を送るようでないという気がする時もある(笑)

多くのキャラクターの話を多様に解いていくのはなじみがうすい形式だが,大衆的な部分に対する負担はなかったのか。
ピョミンス:初めはむしろ大衆的であるものだと思った。各自の人生を見せながら,彼らのリアルな感情を見せるから視聴者らも“あ,そうだ”といいながら共感するものと思った。ところが人々は“私はあのように行き来する子とは違う”という反応をするようだ(笑)

‘彼らが生きる世の中’でも人々が優しくしたくて‘純情’を望むものではないか(笑)
普通ドラマでは純粋な愛をするかやめるかで善悪まで分けるのに,‘彼らが生きる世の中’は
純情から‘潜在的恋人関係’まで多様な感情らがそのまま表現される。

ピョミンス:リアルに行きたかった。
人の感情がどれくらい複雑に形成されているか。それを何があっても裁ちたくなかった。純情の問題もそうだ.私は‘彼らが生きる世の中’を作りながら,過去にとんでもない羽目に陥らないキャラクターを考えた。

過去を口ずさむのではなく現在どんな状況にあって,何の悩みを持って,明日はどうなりたいという思いがあるのか。それを見せてあげたかった。

人生が続きながら,人はこれから出て行くというのか。
ピョミンス:そうだ.
このドラマは毎回分離になることで,そのようにそれぞれの放映分が次の回に影響を与えないでしたかった。演技者らにもできるなら前の感情らを忘れろという。重要なことは今だ。

なぜそんな考えをするようになったか。
ピョミンス:ドラマはすなわち人だと思う。ところが普通ドラマはうれしければうれしい人,悲しければ悲しい人一つだけを表現する。だが人の心という一秒で何度も変われる。それで最大限多面化されて,自由奔放なキャラクターを見せてあげたかった。

ある人は人が良かった,嫌なのにどうしてそんなことが出来るのかと,だが人々は実際に目つきだけ見ても感情らが変わるわけではないだろう。

“ジオとギュホ,恐らく二人はお互いを羨みながらも妬みはしないかと思う”



ノ・ヒギョン作家と6年前作業した‘孤独’(左側)と‘君はどの星からきたの’をすぎて,ピョミンスは進化する。

そんな考えはMBC‘君はどの星からきたの’から着実に続いたようだ。
‘君はどの星からきたの’ではキャラクターらがあるシーンのなかでロマンスと悲劇の間を行き来する。

ピョミンス:ノ・ヒギョン作家とたくさん話すことが“幸福と不幸は共にくる”ということだ。100万ウォンを儲けたらそれを使うことを考えて,それを使い果たせばまた考えるように幸福でも不幸でもそれに対する代価がくる。

幸福と不幸,真実と偽り.それで普通は二分法で分けるその2種類を全部見せたくて,その姿を皆キャラクター中に具現した。キャラクターにしても事件でもコメデイと正劇が共に流れる。

それと共に‘彼らが生きる世の中’のカメラはさらに観察的に変わったようだ。
キャラクターの感情を強調することよりは今しかじかなことが行われるという状況
それ自体を見せるのに主力を注いだのか。

ピョミンス:今回の作品は撮影監督に客観性を維持したいといった。ドラマだが技法上ではドキュメンタリーに近いと思う時もある。そのまま表現して見せれば,主観的な判断は見る人がするように任せたい。

分割カットをたくさん入れたのもそんな理由だ。ノ・ヒギョン作家が分割画面をしたがったりもしたが,恋人たちが電話をする時は相手方の声を聞く時愛していると思うのに,真実はそうでないこともある。彼ら各自が電話をする時の顔を見せながら,互いに対話する相手方の真実を見せたかった。

それは‘彼らが生きる世の中’の話がすなわち人々がお互いに対して観察をするという話だと聞こえる。
ピョミンス:そうだ。彼らを通して,私たちを見るのだ。チュ・ジュニョンが‘アキレス腱’に対して話す時も人々は各自思うアキレス腱があるだろう。それは抜け出そうとしても良くならないだろう。ところが考え直してみれば事実アキレス腱は他人の視線で見れば妥当ではないこともある。

“何をああいうことを持つのか”と反応する事もできるし。私に対する私の視線と他人の視線をすべて見せながら,私たちの全体を振り返るようにしたかった。前は誰かのアキレス腱を扱う時,その人の細胞まで解剖して,彼が克服できない理由や克服をする方法を扱った。だが今はそれをそのままいるままで置いて,他人と共に生きていくことを見せる式だ。

アキレス腱があろうがなかろうが仕事はがんばらなければならないということと,それが仕事をして飛び出せば飛び出してくることだと。

それで“愛が手にあまるほど暮らすことが大変だ”ということはむしろ肯定と聞こえる。
人々はどうしようが生きていくという肯定というのか。

ピョミンス:誰が笑い話でそんな話をした。牧師が教会信者らに“天国がいい人あきらめてみて下さい。”といって,皆手をあげたが,“天国が良ければ今すぐ家室の方あきらめてみて下さい”というから誰も上げないと(笑)とにかく生きるというのが良いということだ。

誰が死んだり病気にかかったといって,それのために人生が手にあまるというならどの程度までならなければならないだろうか。何のために大変で生きることが嫌いになるほどなら人口が減るべきではなかったか(笑)

その肯定性がおもしろい。‘彼らが生きる世の中’はたとえジオとジュニョイが別れるとしても
どうしようが彼らはあのような形の人生を生きていくような気がする。
あの子らが完璧な幸福や奈落に行かず,あのように悩んで編集されながら前へ進んで行くようで
なぜか楽観的な気がしたよ。

ピョミンス:ノ・ヒギョン作家も本人の肯定性が良くなったといってた。人がつらければ再びつらくないように対応するのではないか。‘孤独’以後に人々は誰でも苦痛の代わりに幸福を望むという気がした。

ところで以前まで私が思う幸福ということ苦痛をすべて吐き出して,浄化させるという感じだった。だがそれのみだったか?その反対の方式も可能ではないだろうか?そんな気がし始めた。

作品性を追求するジオだけでなく視聴率を狙うギュホも合わせる視線はそんな変化から出たものなのか。
ピョミンス:率直にドラマは序盤視聴率をつかんでこそずらっと細い面がある。それでギュホは後半がちょっと崩れても放送前に1,2回最大限完成度を高めると思う。

ジオは着実によく作ることと。恐らく二人はお互いを羨みながらも妬みはしないかと思う。私も過去に正劇をしながらコメデイをさげすんだことがあった。だがそれは私が持てなかった部分だからそうだった。

それで‘フルハウス’を作りながら,人を笑うようにさせて,TVを見ながら明るくうれしくさせるのがどれくらい楽しいものか知るようになったりもして。そんな面でジオとギュホは私の中の姿を半分ずつ分けたようでもある。

“楽しみをあたえる祭りだったら良い”



外注製作社に出た後‘君はどの星からきたの’や‘フルハウス’がロマンチックコメデイに対する
多様な試みをして,‘インスンはきれい’は独特の方式で世の中をながめた。
そんなことらが‘彼らが生きる世の中’を通して,皆表現されるようだ。

ピョミンス:そんな話を聞く時,本当に気分が良い。本当に私が習うように見える気がして。‘彼らが生きる世の中’でそれをみな繰り広げてみたかった。話は涙を涙で解くこともできるが涙で笑うため,笑いを涙に行くこともできる。それは私が見て自由に作品をながめられるという話でもある。

例えば5回でミンチョルとユニョンの過去の歴史をジオとジュニョンが出演する演劇のように計画したのは本来は悲劇だった話を喜劇のように解いてみたことだ。ヒョンビンが過去のミンチョルを演技する時,このコメデイで解くか正劇で解くかと尋ねたが,私は全体的に暖かく行きたいといった。

これがそのまま正劇だったらノ・ヒギョン作家が過去のミンチョルとユニョンが直接出てくることで使ったことで,これを会議後半部で配置して,爆発する効果を狙っただろう。だがこれを前半部に配置したのには意図があるものだと思った。それで初めはコメデイで解いてミンチョルが家族を捨てて離れる瞬間やユニョンに衝撃を受けてTVを壊す時正劇に行くといった。以前よりはもう少し自由に人の人生を見せられるようになったようだ。

あなたが‘彼らが生きる世の中’の中の世の中を通すと見せたいのは何か.一単語で表現したら。
ピョミンス:祭りだ。人生のある一部門にある人々が集まって祭りをすると思う。そして各自の人生に戻るだろう。それが楽しみをあたえる祭りだったら良いという願いが多くかかった。悲しくその場にきた,うれしくきた。

ソンへギョ-チ・ヒョヌ,焼酎ジンロー広告
ソンへギョ-チ・ヒョンウ,CFでカップルでランデブ―
ドラマで人気を得ているソンへギョとチ・ヒョヌがCFでカップルでランデブ―した。
ジンロはソンへギョをメインモデルにする新製品焼酎Jの広告を始めたのに続き,最近2番目の広告ではソンへギョと共にチ・ヒョンウを投じた。

‘遊び場’と‘カラオケ’編2便だ。
ソンへギョとチ・ヒョヌはそれぞれ‘彼らが生きる世の中’と‘私の愛金枝玉葉’に出てくるイメージそのまま登場する。愛に陥ろうとするカップルで,ぎこちなさとときめきが製品を媒介に解消されるという内容だ。

二人の出逢いは今回が初めてだ。
広告を製作したTBWAコリアのソ・ウォンチャン次長は“今回の広告は消費者らが焼酎に対して感じる感情と自然の連想らを適切に活用したことで,広告を見た後誰でも一度ぐらい体験したような状況を思い出させるようにする効果を与えた”と製作背景を明らかにした。


ドラマの中彼らが光る理由




























ヒョンビン-チャン・グンソク-パク・ヘジン,ドラマの中で彼らが光る理由
誰が見ても“本当に演技が上手だ”と感心する個性強い演技派俳優らがあるかと思えば弾まないけれど存在感が光る俳優がいる。

電子が自ら光を放つ主人公らならば後者は‘星’が光れるように照らす役割をする。最近ドラマでは助演ではない主演でまた他の主演を光るようにしてくれる役が目立つ‘彼らが生きる世の中’のヒョンビン,‘エデンの東方’のパク・ヘジン,この前終映した‘ベートーベンウイルス’のチャン・グンソクがそれらだ。

ヒョンビン,チャン・グンソク,パク・ヘジンはドラマのチームのトップではない。彼らよりソン・へギョ,キム・ミョンミン,ソン・スンホンあるいはハン・ジヘがより一層人々の注目を引いて期待を受けているのが事実だ。

だがそれぞれの役割を忠実にやり遂げながら光を放っている。
‘彼らの生きる世の中’でヒョンビンの演技は明確に安定的だ。背が高くスマートな容貌のおかげでシチュエーションコメディ‘ノンストップ4’ですぐにスターに浮上した彼は‘アイルランド’‘私の名前はキムサムスン’‘雪の女王’に続き今回の作品までずっと主人公を引き受けた。

だが今のように楽に見られたことはなかった。演技力が必要な役割ではなかったり常に残念な思いをした。今回の作品では弾まず平凡にキャラクターを消化しているのにその姿が‘スター’でない‘俳優’ヒョンビンを光らせている。

特に2回最後の場面で愛するヨンヒ(チャ・スヨン)と別れて嗚咽する場面は多くの好評受けた。

‘ベートーベンウイルス’はキム・ミョンミンの個性強い演技と助演らの名品演技,胸暖かく鳴り響くそれぞれのエピソードで毎回話題になった。

チャン・グンソクは児役タレント出身で青春学院物にたくさん出演しながら,青春スターのイメージが強いが最近では色々な作品でかなり真剣な演技をお目見えしている。

ドラマ‘黄真伊’ではファン・ジニ(ハ・ジウォン)の初恋ウノで出演して純粋で荒っぽい感じをよく生かした。‘快刀ホンギルドン’では悲劇的な運命の主人公イ・チャンフィに扮して,演技変身を試みた。

‘ベートーベンウイルス’では天才トランペッター,指揮者カン・ゴンウ役を担って,率直でクールな姿をお目見えした。だが師匠であるカンマエ(キム・ミョンミン)を愛するトゥルミ(イジア)も奪われて,自分の力では自身のオーケストラも守ることができないという自己恥辱感に苦しがる姿まで無理なく消化しながら,成熟した俳優の姿を見せた。

パク・ヘジンは‘噂になった七姫’を通じて,単回でスターダムに上がるが急ぐ欲を出さなかった。一日ドラマ‘空ほど土地ほど’も高い視聴率を記録したが‘エデンの東方’では助演に近いシン・ミョンフン役を担った。

ソン・スンホン,ヨン・ジョンフン,イ・ヨンヒ,ハン・ジヘ,イ・ダヘ,などトップスター大挙出演で自身が受けるスポットライトも減って暴力的で残忍な役で真っ最中人気上昇の勢いに乗っていた彼には危険が大きいこともある。

その上彼のあくどい行動でむしろ犠牲者ジヒョン役を担ったハン・ジヘが光を放っている。だがずっと演技力論議がおきた彼がむしろ個性の強いキャラクターで可能性を見せた。主演欲を捨てて演技者として一段階成熟できる機会をつかんだ。

TOPRSSSUK2

2008 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.