クサセ,俳優ペ・ジョンオクインタビュー
ペ・ジョンオク“デビュー時演技できないという声が薬になりました”
ペ・ジョンオクは格別だった。
思うところを正確に表現する言語力,俳優として自信あふれる実直な態度は印象的だった。

20年の演技生活で醸し出す彼女の貫ろくと内攻,特に俳優という存在に対する明らかな所信と情熱は多くの俳優から読めない彼女だけの濃い香であった。

ペ・ジョンオクに会えば演技の価値観と哲学を聞くにも短くて,私的な話をやり取りする時間がない。

ペ・ジョンオクは今KBSドラマ‘彼らが生きる世の中’(演出ピョミンス,脚本ノヒギョン・以下‘クサセ’)にどっぷり浸かって過ごしていた。多くの期待の中に始まった‘クサセ’は予想ほどの人気を得られずにいる。

一部ではその原因に対して‘主演俳優の演技力が問題だ’‘内容が難しい’等多様な分析を出しているが,作品に出演中である俳優ペ・ジョンオクは大きく気にせずにいる姿だ。

俳優は‘キャラクターの服をその時その時着替える’という話のように‘クサセ’のユニョンがペ・ジョンオクの身体に熟しているように見えた。

ユニョンはノヒギョン作家の作品全体を貫く主題の‘悩む人間’ながらもそのどんなキャラクターより女性性が浮上されるキャラクターだ。

▲(劇中ユニョンは)ある‘人’よりはある‘女’と見えた。

それも悪い女のように見られて憎らしかった。“普遍的な女らと違うといって,ユニョンが悪い女と思いはしない。ユニョンは数多くの人間型に含まれない人間型で他の方式で世の中を生きていくだけだ。

自身のことに対して最善を尽くして人生を十分に楽しむ素敵な人間だ。他の人々が見る時は枝屑もなく親切ではないが自身の仕事を熱心にする俳優という点は彼女の長所だ”

▲劇中ミンチョル(キムガプス)-ユニョン中年カップルがチオ(ヒョンビン)-チュニョン(ソン・へギョ)
若いカップルと違って新鮮だという反応が多い。


“ミンチョルのキャラクターは本当に可愛い。それほどすることもなくて15年の間1人の女性に執着するのになぜその男が大丈夫で可愛いと見えるだろうか。恐らく純情派なのでそのようだ”

▲これまでノ・ヒギョン作家作品にたくさん出演してきた。

以前の作品の特徴は。“似合わないと思った色だが,調和がよくなされたような‘自然美’が感じられる。中堅の硬い演技者,新人演技者,ヒョンビン,ソン・へギョと同じトップスターの三つの組合がよく交わった作品だ。

チュニョンとチオ,ユニョンとミンチョル,ハン・ギホとヘジンの話が絡まっていて,監督の世界と同僚の愛,友情,愛などが複合的ながらも有機的によく混ざっている。また何より人物らが仕事に狂った姿を見せるという点がこの作品の大きい特徴だ”





▲ドラマ内容がとても難しいという反応に対しては。

“率直に難しく見えた部分がある。撮影現場に馴染みが薄い視聴者らには‘あれは何だ?’と思うこともできる。仕事話が出る部分で一般的な視聴者を引いてくることができないなら,あれやこれやある愛の話を通しては多くの人々が共感するほどの面白味を引いてくることができると思う”

▲演技できなくて後ろ指を差された時期があったことが信じられない。

“新人の時演技が本当にできない俳優だった。‘君が出てくればチャンネルを回したい’という話も聞いた。その後およそ3年間は‘俳優をしなければいい’と思ったりもして‘どのようにすれば演技が上手くなるのだろうか’絶えず悩んだ。

デビューするやいなや‘演技本当に上手にする’という声を聞いたとすれば俳優にならなかっただろう。

▲ソン・へギョを見れば色々思う。

“へギョは俳優として道が違った。私はデビューするとすぐ後ろ指を差されたが,へギョは派手なスポットライトを受けてトップスターになった。(へギョが)一歩遅れて色々な話を聞いて大変だが,後で振り返ればみな‘役に立った’と思うだろう。今学び努力したら後ではるかに良い俳優になる契機となる。”

クサセ,新しいドラマ式‘ミド’式の試み


‘クサセ’の‘ミド’式という試みあまりに進みすぎか
ノ・ヒギョン作家のドラマには何か特別なものがある。
現実感ある台詞と濃い人間愛の他に形式面での独創的な実験だ。
ソン・へギョ,ヒョンビン主演のKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’もやはりオムニバス式構成と積極的なナレーション活用など独特の形式が引き立って見える。

しかし一部視聴者らは“ナレーションがとても多い”というなど見慣れないという反応を見せる。‘彼らの生きる世の中’の低調な視聴率にこういう視線が一定部影響を及ぼした可能性がある。反面‘ミド’に習熟した若い視聴者らは“よく作られた‘ミド’に匹敵する洗練された構成”としながら賛辞を送っている。

ノ作家は2006年放送された‘グッバイ ソロ’には7人の主人公を登場させてフラッシュバックを利用して,出演陣の過去と心理を表現するなど新しい試みを継続してきた。

◇‘ミド’式ナレーション話題

“今この瞬間,私がすることは,去る愛に対する十分な反省だ。そしてそのように反省の時間が終われば,しばらくは自身を一人で放置することだ。それが限りなく退屈で疲れてだるくても,そうでなければならない。それが過ぎ去った愛に対する,やり直す愛に対する最小限の礼儀かも知れない。”

ヒョンビンの激情的な涙演技が引き立って見えた2回‘胸のときめきと権力の相関関係’中チオ(ヒョンビン)のナレーションだ。チュニョン(ソン・へギョ)とチオの声に含まれた感性的ながらも哲学的なナレーションは既存国内ドラマで試みられたよりはるかに大きい比重を占めながら,共感をかっている。

ドラマ掲示板とブログなどにはナレーションが別に読まれながら,話題になっており‘彼らが生きる世の中’ホームページに用意されたナレーションコーナーも呼応を得ている。回別に‘敵’,‘アキレス腱’,‘私にはあまりにも手にあまる純情’などの副題を付けて連続した流れの中でも毎回完結したエピソードを入れる‘ミド’式オムニバス形式も国内ドラマで簡単に見当たらない構造だ。

ノ・ヒギョン作家は“昔の話をするように話を度々計画しないでドキュメンタリーのようなドラマで疎通がさらにうまくいくことができると思って,形式的な面で変化を与えた”として“題名とナレーションに対して特に悩みをよくしながら書いた”と話した。





◇皆が主人公のドラマ

ドラマの中ですべての俳優が各自の存在理由を明確に持つ点もノ・ヒギョン作家ドラマの重要な特徴中の一つだ。‘彼らが生きる世の中’はソン・へギョとヒョンビンというスターが出演するがすべての登場人物が彼らと一緒に各自の話を引っ張っていっている。

ノ・ヒギョン作家は“いくらスターが出演するといっても‘ツートップ’ではなく周辺の人物と合せて行うことはこれまで継続してきたこと”としながら“生きながらも,ひとりだけ目立ったら苦痛もみな担わなければならない,一人でとても苦しくて一緒に行ってみるならそんなことはない”と話した。

実際に劇中チオとチュニョンの他にドラマ局長と俳優の出逢いのミンチョル(キム・ガプス)とユニョン(ペ・ジョンオク),PDと新人俳優間で愛が芽生えるキュホ(オム・キジュン)とヘジン(ソ・ヒョリム)等多様なカップルのロマンスが描かれる。

愛が世の中の人間関係の全てではないように‘彼らが生きる世の中’でまた他の関係も凝視する大きい課題だ。極端な性格のキュホ-チオはかいしゅくそうながらも,同僚の愛を感じて,チュニョンとソウ(キム・ヨジン)もやはり困惑しながら,近い仲で発展する。

中堅俳優と助演出であるミンスク(ユン・ヨジョン)-スギョン(チェダニエル)も笑いを投げている。ノ・ヒギョン作家は“ミンチョルとユニョンは傷が多い人たちがまた会ったカップルなのに書き取りも本当に独特で悩むことが多くて大変だった”として“キュホとチオ,チュニョンとソウの友情などの色々な関係の中で多様な人間関係の姿が見られる”と話した。

ドラマ過去の恋人たち競争者


恋人で競争者で,スターカップルの交錯した運命
点一つで‘様’になることも,‘男’になったりもするという歌の歌詞のように過去劇中恋人で今は競争者で茶の間劇場を縫うスターらがいて目を引く。

月火劇の最強者に位置した‘エデンの東方’とウェルメイドドラマで好評を受けるが視聴率で苦戦をまぬがれなくなっている‘彼らが生きる世の中’中には過去恋人で呼吸を合わせた2組のカップルがいる。

‘エデンの東方’ソン・スンホンと‘クサセ’ソンへギョは去る2000年放送された‘秋の童話’でジュンソとウンソ役で呼吸を合わせた。二人は成し遂げられなくなる兄妹の愛を切切あるように表現して,視聴者らの多くの愛を受けただけでなく以後韓流の中心に位置し始めた。

‘クサセ’のヒョンビンと‘エデンの東方’のイ・ヨンヒもやはり映画‘百万長者の初恋’で主人公ジェギョンとウンファン役を担いながら荒っぽい愛を描き出して,好評を受けた。

水木ドラマの中の俳優らの交錯した運命も目につく。
‘風の花園’‘風の国’二つの風の競争が真っ只中の過去映画‘ダンサーの純情’で素敵なカップルダンスをお目見えしたパク・ゴンヒョンとムン・グニョンは現在各自他のドラマの主人公で競争している。

パク・ゴンヒョンは‘風の国’で付与の皇族ドジン役を担って,初めて史劇演技に挑戦していて,ムン・グニョンは‘風の花園’で天才画家シン・ユンボク役で連日演技力に対する賛辞を受けている。

ここにまた他の競争を前にして過去の恋人たちがいる。
現在放映中の‘風の花園’のパク・シニャンと来る19日から放送される‘総合病院2’のキム・ジョンウンだ。パク・シニャンとキム・ジョンウンは去る2004年放送された‘パリの恋人(でファンタスティックなカップル演技をお目見えしながら,その年演技大賞を共に握る栄光を抱いた。

毎週月曜日から木曜日まで平日夜に繰り広げられるドラマ間の競争が激しいだけに俳優らの神経戦も少なくなかった。過去の甘い恋人で競争者になってしまった今,果たしてどんなドラマのどんな俳優が最後に笑うようになるのか関心が集められている。

クサセ,2人のリアルな恋愛演技..
ソンへギョ・ヒョンビン,視聴者も妬む‘リアリティー恋愛’
“私も彼らのように愛したい。”

俳優ソンへギョとヒョンビンがドラマに現れるリアルな恋愛で視聴者の視線をひきつけている。

彼らは放送中のKBS 2TV月火ミニシリーズ‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン・演出ピョ・ミンス,キム・ギュテ)で職場内カップルで登場しながら,現実とドラマの境界を行き来する錯覚を呼び起こすほどの愛物語をお目見えしている。

劇中二人の恋人の間がますます熟しながら,視聴者らは実際恋人で錯覚するほどと口をそろえてほめている。

このドラマの視聴者掲示板にもドラマで恋人であるソンへギョとヒョンビンのように美しい愛の主人公になりたいという意見があふれ出ている。

視聴者掲示板に文を残したあるネチズンは‘見ればはっはっとしながら駆け付けて,必ず抱いてくれるそんな人がいたら良い。チオ(ヒョンビン)とチュニョン(ソンへギョ)のように恋愛をしたい。うらやましい”と話した。

また他の視聴者は“チオの目つきと声のために詰まって感じでよく聞こえない”“目つきに感情をいっぱい入れて,演技するヒョンビンの演技を見れば俳優があたえる真正性がまさにこうするのではないかと思う”と好評した。

視聴者らはこの他にもソンへギョとヒョンビンの劇中色とりどりある姿に“とてもよく合う限りカップルのカップルだ”として“実際に恋人になったらいい”という視線まで送っている。

ドラマ関係者は“二人のリアルな恋愛演技を反映するように現場の雰囲気も非常にいい”と話した。

‘彼らが生きる世の中’は放送会社内ドラマ局の人々の話で,ヒョンビンとソンへギョはドラマPDで出演中だ。

クサセ,俳優らの個性演技“輝いた”
‘クサセ’ソン・へギョ-ヒョンビン,愛をながめる男女視線差結局共感
KBS2月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(以下‘クサセ’)が回を繰り返すほど出演俳優らの個性のある演技が光を放っている。これは硬いシナリオを提供しているノ・ヒギョン作家の力という評価だ。

17日放映された‘クサセ’でソン・へギョ,ヒョンビンとペジョンオク-キムガプス,そしてオムキジュン-ソヒョリムは彼らだけの愛物語を現実感あるように表現した。ヒョンビンとソン・へギョは弾む恋愛談を解きほぐした。ドラマでドラマ局長と女優に登場するキムガプスとペジョンオクは歳月が流れても変わりない愛を表現した。





妻子を捨てて愛という名で女優を選んだ男キム・ミンチョル(キムガプス)とその男と一緒に離れることにした日堂々と他の男と結婚発表をする女ユニョン(ペジョンオク)は多少陳腐な設定を演技力に飛び越えた。

お金はすべての愛のくびきで,結婚はすべての愛の罠だろう?

17日放送されたKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ) 7回でチュ・ジュニョン(ソン・へギョ)とチョン・ジオ(ヒョンビン)はお金のためにティギョクテで,結婚のために空しがりながら,愛を見つめることにあい立場の差を明確に表わした。





チュニョンはソウルで金持ちの家の一人娘で,チオは貧しい田舎の家の長男だ。育った環境が違いあまりに二人はお金に対する価値観も違った。退職金を精算して,お父さんが牛便機械を買ってあげたというジオの話にジュニョンはたいしたことではない“それぐらいのお金ならまた稼げばいい”と言いながら,小さい時ママが先生に寸志を刺して恥ずかしかった経験を打ち明けた。

これにジオは“おまえは金が笑えるのか?会社員に退職金を精算することがどういうことかわかってるのか?”“お金が土地を耕せば出てくるわけじゃない”と怒った。結局ジオの忍耐とジュニョンの愛きょうで二人の間はまた緩んだ。





チュニョンとジオは結婚にも別の立場を見せた。チュニョンはジオに“恋愛はするけど結婚はしないでしょ?”と話しながらも結婚すれば子供から産めと言う友人の話に“私がおかしくなるでしょ?子供を産めば?”と言い返した。これを問い詰めるジオにジュニョンは“子を産めば演出できないじゃない。演出1年休めば感覚が死ぬ”と当然のように言い返して,ジオを全く身動きできなくさせた。

結婚を思わなかったが結婚をすれば可愛い赤ん坊が欲しいジオの願いとは違ってジュニョンはジオと共にすることを望みながらも,赤ん坊は望まない状況.チュニョンはジオを愛しながらも,子供よりは自身のことが優先という立場を見せた。

またソン・ギュホ(オムキジュン) Bチームに入れという言葉にしばらく逃げた二人は結局お金も,結婚も愛において問題にならないという事実を悟った。





チュニョンはジオに“私のお母さんに先輩あなたのお父さんが畜産業するのに牛が万匹と嘘をついた”と言って,ジオは“我が家の牛は20匹だけど,後に母さんが分かれば失望する”として虚しく笑った。

チオは“ドラマ大当たり打って,外注業者でお金が多くもらえるといえば放送局に出るよ”“それでお前のお母さん気に入る”と言って,ジュニョンを感動させた。

またジュニョンは“ドラマ局では私たち2人が付き合っていることは当分秘密にしよう”“うまく行く二人が付き合っているといえば人が妬む事もあって,作品のラインアップを受ける時狂いが生じられる”と話して,ジオをあきれるようにさせた。

だがジオはジュニョンが幼いころからドラマPDになるのを夢見て,ドラマ局最初の女性局長になるという夢を聞いてジュニョンを理解するようにした。愛するのに結婚して子供が欲しいジオと愛するが結婚,育児よりは仕事が優先とするジュニョンの愛はまだ解決する道が遠くて険しいが,愛があるから二人が共に幸福になる未来は遠くなかっただろう。

最近の恋愛トレンドを2人の主人公を通して,感情表現が上手だったという評価だ。



クサセ,7話ギュホ,ヘジンのエピソード
‘クサセ’恋人キスシーンに対処する監督の姿勢
KBS2‘彼らが生きる世の中’イ・ギュホ(オム・キジュン)-ヘジン(ソ・ヒョリム)カップルの愉快なエピソードを描いた。

監督と俳優で会った二人の撮影場恋愛談がロマンティックに繰り広げられながら目を引いた。先週,ヘジンに向かって,恋愛感情を表わしたキュホ.





誰も知らない難しい状況のソン・ホ(オム・キジュン)のそばを守るヘジン(ソ・ヒョリム)の愛も目を引いた。ソン・ギュホは成功のために出来ないことがない俗物だが,彼にも痛みはある。国会議員である父との葛藤,警察署を行き来しながら,家ではあきらめた問題児の弟キュミンとの関係がそれ.

またソン・ギュホはこっそりサブ作家を差しおいて作業をした事を作家が知るようになって,彼が演出を引き受けた史劇製作も支障をきたした。

ヘジンは誰も知らないキュホの内面を見て彼を抱いてくれた。ソン・ギュホはヘジンの慰労に温もりを感じて撮影場では誰よりも熱心なヘジンが順次目に映りながら,彼らの愛情が徐々に繰り広げられ単調でないあらすじをプレゼントした。

彼はキスシーンを前にしてヘジンに“キスシーンは一回で行け。そうでなければひどい目にあうから”と嫉妬のまなざしを送ったことがある。他人にケチなキュホにヘジンが特別な存在で迫ってきたという意味。17日,いよいよその日がきた。





撮影前,ひとつひとつ現場をチェックしながら,プロの姿を見せたキュホは実際に撮影が始まって,不満を表わした。ヘジンが男俳優をリ―ドしながら,熱情的に撮影に臨んで,表情はより一層固まった。あげくの果てに時でないキスシーンに“うわ〜,本当に...”と感嘆の声を突き出した助演出スギョン(チェダニエル)をにらみながら,その怒りをおさめた。

しかしヘジンの微笑一発にキュホの無表情が崩れた。撮影が終わった後,カメラに向かって明るく笑うヘジンの姿に,キュホも共に微笑んだ。お互いに向かった信頼と前進された愛情関係をのぞけるような項目だった。

放送後,視聴者らは“キュホとヘジンの始まる愛があまりにも綺麗で愛らしくて期待できる”“わけもなく笑いが出てくるほど魅力的だ”という意見を表明した。





一方この日放送された‘彼らが生きる世の中’ではチオ(ヒョンビン)の父親の放送局見学場面が描かれながら穏やかな笑いをプレゼントした。

これは皆ノ・ヒギョン作家が男女間の微妙な感情表現はもちろん硬いあらすじを通して,俳優らの演技を引き出しているという評価だ。視聴者らはドラマホームページ掲示板を通して‘クサセの作家ニムと監督ニムと俳優ら,スタッフら,特にチュニョンとチオを愛する’と‘ヒョンビンより礼儀をわきまえないながらも,中は深いオム・キジュンがさらに素敵です’等の意見を残した。

TOPRSSSUK2

2008 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.