クサセ,ピョミンス監督ニムインタビュー
‘クサセ’ピョ・ミンスPD“名品ドラマと応援する視聴者らが大きい力”(インタビュー)
“視聴率,気にならないわけではない。
だが私たちのドラマに愛着を持って名品ドラマと応援するファンらがいて,大きい力になる。”

ソン・へギョ,ヒョンビン主演KBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ)ノ・ヒギョン作家が撮影前16部台本をすべて完了させた。

‘クサセ’ピョ・ミンスPDは最近ニュースエンとのインタビューを通して“ノ・ヒギョン作家はドラマ撮影前16部原稿を完成した状態だ。本来から勤勉な作家だが,今回の作品は事前準備を徹底的にしてそれだけ精魂を込めた作品だ”と説明した。

ピョPDは視聴率低調と関連して“視聴者らが多少難しく感じる部分があるようだ。ドラマ製作システムに対して不慣れで放送局PDという専門職に対する理解不足などが難しく感じる大きい課題であるようだ”と分析した。

このような問題認識にもかかわらず,ピョPDは“ノ・ヒギョン作家がすでに16部台本を済ませた状況だ。必要により少しずつ修正を加えられるだろうが現実的に多くの部分を直すことは難しいと見える。作品性を落とすことになる”と伝えた。

ピョPDは“放送より2週先の分量を撮影している。ドラマ撮影を比較的早く始めたがドラマの中でドラマ撮影が挿入してみたら困難が多い”と付け加えた。

PDは引き続き“視聴率が高いことではないが多くの視聴者らが‘名品ドラマ’と好評するのが大きい力になる。視聴率に気を遣うよりは予定して比べてみた通り完成度を高めて,良いドラマを作るという考えで撮影している”と話した。

‘クサセ’はすでに日本,台湾などアジア各国に高い価格で輸出になった状態.それ位に大きいピョ・ミンス-ノ・ヒギョン作品に期待をかけるマニア視聴者らがアジア各国に布陣しているという傍証だ。もちろんソン・へギョ ヒョンビンという韓流スターに力も無視できない大きい課題.

ピョPDはソン・へギョの演技論議がふくらんだのと関連に“本当に残念だ。幼い俳優なのに傷が激しかったようだ。それでもがんばっていて現在では大きい問題ない。編集当時大きい問題点を発見できなかったが論議がふくらんだことに対して演出者である私の間違いであるようで気持ちが本当に良くなかった”と伝えた。

ピョPDは“ドラマが本当に難しい。良いドラマを作るという信念で駆け付けて視聴率は天の意味だと見る。最後まで俳優らと共に最善を尽くして,良いドラマ,名品ドラマを作ったということだけは聞く”と意欲を固めた。

クサセ,ソ・ヒョリム熱心に撮影します..
ドラマ‘彼らが生きる世の中’ソ・ヒョリム
“2年前本来の姿でもっと楽です”

ピョ・ミンス監督作品新人には私が初めての連続出演

シチュエーションコメディで習った瞬発力・アドリブで多くの助け新人俳優ソ・ヒョリムがソンへギョ,ヒョンビンの出演で放映前から話題を集めたKBS2月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(以下クサセ)で自分だけの領域を作っている。

ソ・ヒョリムは‘彼らが生きる世の中’で学生時代好きだった芸能人のファンクラブの会長をしている間俳優になった新人タレントチャン・ヘジン役を担った。

チャン・ヘジンはオーディションに合格するためにドラマPDソン・ギュホ(オム・キジュン)に付いて回りながらとんでもない紀行を日常行うキャラクターだ。

この他にソ・ヒョリムはMBCシチュエーションコメディ‘あの方が来られる’に同時に出演しながら,多様な魅力を発散している。

ソ・ヒョリムは去る2007年放映されたドラマ‘インスンはきれい’で口数や感情表現が殆どない冷たい役割を完全に消化した。

そんな彼女が今回の作品を通して,180度他の演技をお目見えしている。

“不便だという考えよりは他作に比べて,感情的なバーベルがたくさんあるが台詞にみな載っています。ノ・ヒギョン作家ニムが繊細な部分までよく表現するから楽に演技に臨めます。

台本自体が答案用紙のようです。(笑)ヘジンはしっかりしていてどしんとするが純粋さが魅力だから私もまたもう少し純粋さを表現するために努力しています。”

ピョミンス監督が演出する作品ならすべての俳優らが出演をうらやましがる。ところでソ・ヒョリムは‘インスンはきれい’に続き‘クサセ’を通じて,縁を継続してより一層目を引く。

“周りにピョミンス師団に合流したのではないかと尋ねられるけどそんな言葉を聞くのが心苦しいです。撮影現場に来られれば分かるけれどピョ・ミンス監督ニムと10年以上共にしてくる方々がたくさんいらっしゃいます。

それでも新人ら中続けてピョミンス監督ニムの作品に出演するのは私が初めてだとわかっています。こういう機会が簡単にこないと思うからピョ監督ニムに失望されないために熱心に演技しています。”

ソ・ヒョリムは‘クサセ’でも新人タレントで出演する。
劇中でドラマを撮影する点も似ている。“初めはドラマの中でまた他のドラマ撮影をするという設定が若干見慣れないという感じを受けました。ところがヘジン役を演技するなら2〜3年前自分の姿を見るようでもっと楽な気がします。

過去の時期感じた感情を思い出させながら,演技してみればキャラクターを消化するのに骨を折らなかったです。”一方ソ・ヒョリムはMBCシチュエーションコメディ‘あの方が来られる’でもコミカルな演技をお目見えしている。

彼女は劇中ソ・ヨンヒのダイエットを手助けするチョン・ヒョリム役を担った。初めての出演からビールダイエットを伝授するためにコミックキャラクターを消化している。
“本来他の人を笑わせることができない性格なのに台本に出た通り演技してみたら本当に笑わせられました。

コミックキャラクターを一度もしてみたことがなかったが‘あの方が来られる’に出演しながら,魅力を感じています。自分自身も他の人を笑わせられるということを初めて感じました。(笑)またシチュエーションコメディに出演しながら,瞬発力とアドリブなどを学べて,演技力を大きくするのに多くの役に立ちます。”

クサセ,ギュホ,ヘジンカップル関心


[‘彼らが生きる世の中’でラブライン形成中のソ・ヒョリム(左側)とオム・キジュン カップル.写真提供= YEG]

オム・キジュン-ソ・ヒョリム,‘クサセ’ソンへギョ-ヒョンビンだけいるのではない!
KBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン,演出ピョ・ミンス)で主人公のソンへギョ,ヒョンビンに劣らず関心を受けるカップルがいる。

ドラマPDに扮したオム・キジュンと新人女優ソ・ヒョリムがまさに彼ら.‘チ・ジュンカップル’と呼ばれながら,多くの愛を受けているチオ(ヒョンビン),チュニョン(ソンへギョ)カップルに劣らずにキュホ(オム・キジュン)とヘジン(ソ・ヒョリム)カップルは順次お互いに心を開いていく過程がノ・ヒギョン作家の繊細な表現力で描かれる。

劇中視聴率40%台ドラマを色々な演出をした能力あるPDで艶がない性格のソン・キュホ(オム・キジュン)は成功のために出来ないことのない俗物で描写される。

だがそんなキュホにも国会委員の父との葛藤,警察署を行き来しながら,問題を起こす弟など言葉にできない痛みを持っている。また17日放送される‘彼らが生きる世の中’7回でキュホはこっそりサブ作家をおいて作業をしているという事実を知ることになった作家との対立で彼のドラマ‘天地淵’製作に支障をきたすことになる。

キュホは試写会日までとらえて放送を一週間前にした状況で放送パンクが仕事の危険に直面する。これに局長をはじめとするドラマ局幹部らは視聴率をよく出すキュホをかばって,他の監督らにキュホを手助けするようにするが,みんなキュホを無視する。

このように家と職場すべて難しい状況を体験するキュホのそばをヘジンが守ってくれる。キュホが演出するドラマに出演する新人女優ヘジンは誰も知らないキュホの内面を見るようになって,彼を暖かく抱く。

またこれまでヘジンを無視するばかりだったキュホもやはりヘジンの慰労に温もりを感じて,撮影場で誰より熱心にするヘジンが順次目に映りながら,両者のラブラインが形成される。

特にミュージカル俳優出身で硬い演技力と軟らかい中低音声でキュホを完全に消化するオム・キジュンと西欧的容貌に可愛い魅力をお目見えするソ・ヒョリムに対して好評が続いている。

‘彼らが生きる世の中’の関係者は“PDと新鋭演技者の出逢いがすぐに否定的にあらわれやすいがキュホとヘジンの愛はユーモラスに明るく描かれる予定だ”として“もちろんPDと女優という関係で来る痛みも抜かしはしない”と耳打ちした。

ヒョンビン,自身の道を行きたい
ヒョンビン“過去の女とまた愛に陥る?僕なら絶対しない”(インタビュー)
一層成熟した。目に宿った優秀も以前より深くなった。
‘ハンディガイ’ヒョンビンが変わった。

‘私の名前はキムサムスン’中‘サムシギ’ジンホンと似た状況が演出されているけれどヒョンビンはまた他の解決法で‘愛’に対する解説だ。‘ハンサムな’スターで演技者で一層背伸びしているヒョンビンに会った。

●昔の恋愛と再愛?僕なら,そうだな...

ヒョンビンは‘彼らが生きる世の中’(以下クサセ)でソンへギョと甘い愛を分けている。昔の恋人だったチュニョン(ソンへギョ)を今は会社でまた会って,再び愛するようになったのだ。誰でも一度ぐらいは想像してみた昔の恋愛との再愛。果たしてヒョンビンはどう思っているだろうか。

“個人的にぼくなら昔の人とまた付き合わない”

ヒョンビンの返事は予想外に簡潔だった。理由も簡単だった。

“長続きすることができないため”なんだ。
“昔の恋愛をまた付き合ったらもちろん初めて付き合った時より僕をさらによくわかって相手をよく理解できる。でも現実はそうではない。周りでこれと似たカップルらを見たけど長く維持していなかった”.

トップスターソンへギョとの演技呼吸に対しても尋ねた。
容易ではない感情線を解きほぐさなければならない困難を共に体験している人だからだ。

ヒョンビンはこれに対して“とてもよく合う。気楽で親しく撮影している。僕もやはりこのように簡単に近づけるとは思わなかった”“スキンシップも多くて,接触もよくしなければならない。皮肉にもこのような点が親密をさらに厚くさせてくれた”と笑った。

●ノ・ヒギョン ピョ感情では,表現が容易ではない

‘クサセ’というマニアを多数保有したピョミンスPDとノ・ヒギョン作家が手を握って,話題を集めた。あるキャラクターの中で数多くの感情線を取り入れることに有名なノ・ヒギョンピョ感受性はすでに有名なところ。視聴者らはこういうキャラクターを楽しむかもわからないが多分演技者らは‘死ぬ思い’の仕事のようだ。

ヒョンビンも“大変だ”と言う。ヒョンビンはノ・ヒギョンの表現に対して“作家の文自体が非常に複合的だ。感情も非常に複雑に絡んでいる”として“こういう感情らを表現するのが宿題だ”と説明した。

それならヒョンビンと‘クサセ’の中のチオとはどれくらい似ているだろうか。

“似ている面もある。チオのように僕もしなければならないものはすべてしてしまう性格だ”といいながらも“しかし他の部分も多い。チオは愛に対して優柔不断な面がある。僕はそうではない”とヒョンビンは言う。

ヒョンビンが伝える“そうではない”の基準は何か。
ヒョンビンは“チオは昔の恋愛を思い出として残しておくことができない。でも僕は昔の恋愛を思い出で残そうと努力する”と自身を解釈した。



●大当たりした‘サムシギ’,足首つかまらない羽目に陥らないけれど...

ヒョンビンの代表作は‘良くも悪くも’MBCドラマ‘私の名前はキムサムスン’だ。視聴率50%を超えてしまった国民ドラマだから一般大衆らの頭にはまだヒョンビンは‘サムシギ’で残っている。

もちろん演技者として大当たりドラマに出演したという点は感謝しなければならないことだ。またヒョンビンを今の席にあげたドラマという点も認めなければならない。だが問題も存在する。多くの人たちが‘私の名前はキムサムスン’を覚えていると他の演技をしやすくさえなくなる。大衆の頭に認識された固定観念を破るのは言葉のように容易なことではない。

ヒョンビンは“‘私の名前はキムサムスン’が僕の足を引っ張っているとは思っていない”と言いながらも“それでも次の作品を選択する時悩むようにさせているのは事実だ。一般大衆らはヒョンビンを見る時‘サムシギ’キャラクターを簡単に捨てることができないために”と苦情を吐露した。

引き続き“それでも演技をする時,こういう短所を負担感と感じはしない”として“サムシクはサムシクだ。‘雪の女王’の中のテウンはテウンで演技する。僕は各ドラマの中で人を演技をしているだけだ”と明らかにした。

●今のヒョンビン,今は戻らなければならない時

演技者ヒョンビン。彼はヒョンビンをどのように見ているのだろうか。スターヒョンビンは今どんな席にいるのだろう。

ヒョンビンは現在を“戻らなければならない時”と定義する。‘ハンディガイ’への復帰ではなく演技者として戻るという意味だ。“後ろを振り返れる時期になればいい”という言葉が正確な表現であるようだ。

ヒョンビンは“ファインしなくも信じる隈もないのに作品の間のタームが長かった”として“今は違う。あれこれしたいという欲が多くなった。身体が大変だが少しずつ変わる僕の姿を発見する時ごとに気持ちがいい。演技者ヒョンビンになっていくようだ”と笑った。

周りの考えに未練がましくせずに僕の行く道を行きたい”と付け加えた。

アウトバック冬広告‘おいしい反戦’
“なぜ名前がウェリントンなの..?”
アウトバックステーキハウス冬ストーリー完結編

今年の冬,アウトバックが準備した‘おいしい反戦’とは
果たして何?ステーキとペスチュリが会った。
新しいスタイルの‘ペスチュリウェリントン’

1年の間着実に愛された国内ファミレス業界1位アウトバックステーキハウス(www.outback.co.kr)の“おいしいストーリー”シリーズの完結版“おいしい冬ストーリー”が新しく製作された。

2008年毎シーズンごとに新しいメニューと広告をお目見えしながら,キャンペーンに力をより増してきたアウトバックステーキハウスは今回の冬にもやはりペスチュリステーキウェリントン,ダブルリップスウイードココナッツオニオン,シーフードアンサーモン サラダ,ロプスターアンクラップパスタなどステーキとシーフードを合わせる新メニューを野心に充ちるようにお目見えしてTV広告および印刷広告を製作した。

冬ストーリー広告の素材は恋人の季節に合うように‘合コン’だ。

アウトバックステーキハウスの専属モデルヒョンビンは合コンで誰でも会いたいというキングカーの役割を受け持って,この頃各種シチュエーションコメディおよびドラマに出演しながら,顔を知らせ始めた新人,ソ・ヒョリムがその上大役を受けた。

特に二人は最近放送関係者で話題をさらっているドラマ‘彼らが生きる世の中’に共にキャスティングされる不思議な偶然まで重なるようになったと。

そのためかより一層最高の呼吸を誇り今回のCFでヒョンビンは相手が気に入ればステーキ,気に入らなければパンをさせるカチルラムのキャラクターで登場,ソ・ヒョリムは彼の本物選択を待つ可愛くて愛らしい相手役のキャラクターをお目見えする。この二人が短いCF内で見せるおもしろい反戦が何かは直接確認した方が良いようだ。

また2人のモデル以外に今回のCFの本当の主人公は国内ではなじみが薄い’‘ウェリントンステーキ’といえるのに,外国ではプレミアムステーキですでに有名だと。

ヒョンビンが“なぜ名前がウェリントンなのか”と尋ねるカットがある程名前からおもしろいこのステーキは実はその由来が非常に独特だという。

ウェリントンは英国の将軍の名前でワーテルロー戦闘で彼がナポレオンと戦う時,戦争が長くなって続く疲労と栄養不足が激しかったと。するとこれを心配した料理人らが他の兵士たちこっそりとパンの中にステーキを隠して与えたところで由来したという。おいしいステーキのためだったのか結局ウェリントン将軍は戦争で勝利し,このステーキはウェリントンステーキという名前で誕生したという。

興味深いメニューと反戦あるストーリー,モデルらの熱演まで三拍子がすべて揃った今回の“おいしい冬ストーリー”は空中波およびケーブルTVを通して,11月1日から放映されて,今まで国内ファミレスでは会うことのできなかった‘ペスチュリーステーキウェリントン’を含んだダブルリップスウイードココナッツオニオンとロプスター&クラップパスタ,シーフード&サーモンサラダなどのアウトバックステーキハウス冬限定メニューは全国売り場で12月31日まで会うことができる。

またこの期間にはすべてのセットメニューに小ワインだけでなく包装ワインまで贈呈する特別イベントまで繰り広げているというので,おいしい反戦を望む人々ならば今年の冬を逃さずにアウトバック売り場を訪問してみた方が良いもようだ。

クサセ,ヒョンビン理想の女性系...
ヒョンビン“自分だけの魅力ある女に引かれる”
KBS 2TV‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン,演出ピョミンス)でクールな愛を構成していくヒョンビン(26)が“いくら綺麗でも魅力がなければ良くない。自分だけの魅力がある女がいい”と話した。

彼は最近インタビューで“理想型といえばちょっと大層に,とにかく僕が女に引かれる時は彼女だけの魅力を発見した時”として“劇中ではヨンヒ(チャ・スヨン)よりチュニョン(ソン・へギョ)がよりいい。昔の恋愛の影が残っている女は嫌いだ”と明らかにした。

彼は引き続き劇中チオ(ヒョンビン)とチュニョイの愛が魅力的な理由は‘みずみずしく’するからと話した。“ノ・ヒギョン作家ニムがチオとチュニョンの愛が‘みずみずしく’すればいいと注文しました。2人が押し合いしながらお互いに近付く感じになるように望んだんです。

チオとジュンヨンは仕事をする時も愛する時も攻撃と守備を互いに繰り返します。あっていながらも機会だと思えば反撃します。それが反復される過程で緊張感が形成されるがそれが炸裂させずにみずみずしく維持されるのが魅力です。”

ヒョンビンは“台本があまりにも完璧で,負担だ”といいながら“ただ僕が台本を読んだ時の感じだけでは演技で表現できるならいい”という願いを明らかにした。

“‘私の名前はキム・サムスン’を撮影した時のように‘彼らが生きる世の中’もやはり撮影場での瞬間瞬間が幸せです。そんな楽しみと満足度は視聴率とは関係ないです。”

===========================================

自分のある女性を求めているんですね...^^..

クサセ,現実の世界から起こる物語
‘クサセ’良いドラマは大変な世の中なのか
誇張のない放送関係者の話,彼らではない私たちの世の中

専門職ドラマという用語の中にはその専門職に対する漠然としたあこがれ,あるいは好奇心が隠れている。特にその専門職中最も関心を引くのは放送局であろう。TVの前面に座ってTVの向こうで,‘彼らが生きる世の中’が知りたいことは当然のこと.

毎日放映されるドラマらがどのように作られて撮影しながら,それを作るの人々はどんな悩みでどんなふうに幸福を感じながら生きていくかということに対する関心は多大にならざるをえない。すでに放映された‘オンエア’はまさにその大衆の放送に対する好奇心とあこがれをドラマで捕らえた。

芸能界の後日話,すなわちカメラを抜け出した芸能人,あるいは放送関係者らの人生だとしても‘オンエア’を通じて出たことは相変らず彼らが普通の人々の人生とは違った生活を送る人々というものだった。
‘オンエア’が見せたものは私たちとは違った,‘彼らが生きる世の中’だった。



ドラマ外側の彼らの姿を現わしてはいたが,それは相変らずファンタジーを刺激するドラマであった。
だが‘彼らが生きる世の中’が見せるのはその違うものだけ同じ世の中が実は私たちが生きる世の中と違わないということだ。

‘私にはあまりにも手にあまる純正’編でチュ・ジュニョン(ソンへギョ)は“私たちのドラマを一言でいえばそれは‘純正への強要’”と話しながら,2,30台に会って,純正に命をかける韓国ドラマを皮肉る。

ところでこれは単にドラマの話だけでない。
“純正は犬角!”といっていたチュ・ジュニョン自身にあるいは今のクールな世相の話でもある。
彼女は結局ドラマ撮影中間に少しの間時間をあけて愛するチョン・ジオ(ヒョンビン)に走って行きながら,率直でなかった自身に対して思う。

‘ただ一度も純情的ではない私が嫌だった。こんなふうに駆け付けていけば良い。生きる’編では俳優ユニョン(ペ・ジョンオク)のお母さんが死ぬエピソードを土台に置いてその上に数多くの人生の風景らを重複させておく。

酒に酔って,普段積もったことを解決でもするかのように困惑しながら“殺”と戦うソン・ギュホ(オム・キジュン)とヤン・スギョン(チェ・ダニエル),いくら母でも空き家に友人らと入ってきて,夜中に賭博と酒を飲んだ姿を見て“生きることが嫌になる”というチュ・ジュニョン,ドラマを撮影するのに商店街にも行くことができない境遇を”なんの運命が人間道理もできなく生きているの”といいながら嘆く中堅俳優ら,平気そうに持ちこたえる“極悪らしい母がいて良かった”と結局には嗚咽してしまうユニョンまで。

彼ら狭間の中で唯一人生の幸福で目立っているように見えるチュ・ジュニョンとチョン・ジオカップルの姿は生きるということの意味を再確認するようにさせてくれた。

‘彼らが生きる世の中’はドラマを作る者などの力余った人生と現実と時には妥協しなければならない苦悩,そして瞬間瞬間光る幸福感を描きながらTVに生きる彼らが実は私たちのような生活を送っていく人々というものを見せるドラマだ。

だから彼らが生きる世の中を何か特別でドラマチックな人生で騒がしく装った放送局を扱った既存ドラマらに比較すれば退屈なところもある。だがこのドラマの徳性は誇張のない真正性を持って捕らえる人生の話だ。

それがドラマという職業の中で感じられる断想らと連結したり時には職業上起こる出来事等を通じて表現されたりもする。だが毎回他の副題を持って二十種類の人生の様態を見せる20部作‘彼らが生きる世の中’は刺激的な自分たちの現実(刺激的で競争的なドラマ環境)を越えられるだろうか。良いドラマが生活が苦しい世の中だ。ドラマを通してみるように。

クサセ,美しいショップデートシーン
美しいKBSドラマの中で会う
‘彼らが生きる世の中’デートシーン撮影

アモーレパシフィックのトータルビューティーソリューションショップの美しさをドラマの中でも会ってみられるようになる。

感性あふれる台詞と女主人公のスタイルで連日話題になっているKBS月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’.

現在ヒョンビン(チョン・ジオ)とソンへギョ(チュ・ジュニョン)の新しいラブラインが展開しながら,より一層注目をあびていることで,去る11月13〜14日両日間トータルビューティーソリューションショップ美しいデートシーン撮影が形成されて,話題だ。

ヒョンビン(チョン・ジオ)とソンへギョ(チュ・ジュニョン),ヒョンビンとナ・ヨンヒ(チュ・ジュニョンの母)の登場でそれぞれ撮影された美しい店内のシーンは俳優らが美しさの製品らとサービスを体験してみる内容だ。

シルチェラネージのモデルで活動中でもあるソンへギョは美しさの特化されたサービスであるスキンタッチプログラムを通して,肌診断を受けてみて,ラネジハイドラソリューションなど多様な製品を体験してみた。

劇中ソンへギョの恋人で登場するヒョンビンもやはりラネジオムム製品に多くの関心を見せることもした。特にドラマ賞ではソンへギョが直接ラネジ製品を購入するシーンがあって面白みを増す。

撮影が進行された美しい江南駅店と龍山店一帯は二人の俳優らの姿を見るために人の波で人だかりを成し遂げて,交通が麻痺してドラマ撮影スタッフらが通路統制のために汗をかく光景が演出されることもした。

実際に江南駅店の撮影が進行された13日にはポータルサイトリアルタイム検索語に上がるなどその熱気が熱いことが分かった。

美しい姿が入れられたKBS‘彼らが生きる世の中’は11月17日と25日夜9時55分に放映されながら,ラネジとマモンドをはじめとする多様なアモーレパシフィックの製品らが露出する予定だ。

チングリメイク,ソ・ドヨンキャスティング


チングリメーク,“ヒョンビン,ソ・ドヨン,キム・ミンジュンキャスティング完了”
チングリメークにヒョンビン,キム・ミンジュンはじめソ・ドヨンを最後にキャスティングを完了された。

‘チング,その尽きない話’という題名で製作されるこのドラマは800万観客動員の映画‘チング’のドラマ版,映画‘チング’の隠れた話を扱う予定だ。

すでにキャスティングされたヒョンビン(ドンス役),キム・ミンジュン(ジュンソク役)に続きソ・ドヨンは劇中サンテク役を受け持つようになってエリート大学生の演技をすることになる。

サンテクはいわゆる‘386世代’と呼ばれるエリート大学生,映画は俳優ソ・テファがこの役割を演技した。

クァク・ギョンテク監督は最近インタビューで“ドラマ‘春のワルツ’に登場するソ・ドヨンを注目して見ていた”としてソ・ドヨンに対する期待を明らかにすることもした。

釜山なまり演技がカギとなっているこのドラマのためにソ・ドヨンは釜山出身俳優のキム・テウに釜山なまりを学ぶため一緒に生活しながら,熱心になまりを学ぶなどドラマの準備に余念がないということを知らされた。

一方,映画‘チング’に続くドラマ‘チング,その尽きない話’1970年代釜山で生まれた同年齢の友人4名の幼年期とスクリーンの後に隠れていたストーリーらを扱った20部作ドラマで来年に地上波放送社を通して公開放送予定だ。

TOPRSSSUK2

2008 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.