‘クサセ’“側台本?私たちはそうかわからないです”
側台本がいちばん優れているのがこの頃ドラマ製作の現実だがKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(ノ・ヒギョン脚本,ピョミンス キムギュテ演出)は台本完了で話題になっている。

ノ・ヒギョン作家は‘彼らが生きる世の中’16部台本が完了になった状態で俳優らの自然な演技のために4回ずつ切って,台本を与えている。

ノ作家はドラマ撮影開始前16部草稿を完成した。
‘彼らが生きる世の中’は自身が初めてしてみる作品スタイルに加えドラマ撮影場面が随時登場して,撮影に多くの時間が必要とする。

5回演劇回想シーンや6回史劇ワイヤーシーンなどは数日前から準備して一日中撮影し,わずか数人しか放送されない。

台本をあらかじめ完成しておかなければドラマ撮影自体が不可能だ。

ノ作家は“このドラマは私が先に台本を終わらせなければ進行されることができないという考えで文を書いた”“この頃大きい幹はそのまま置いてわずかな薬味と文章などを変えている。一種の‘自らの検閲’をしている”と伝えた。

引き続き“私たちは完璧な存在ではないから台本をあらかじめ与えて細かく準備する時間をかけるようにするのが良いと思う”と付け加えた。

おかげでスタッフは細かいプリプロダクションを進行して,作品の完成度を高められるようになったという説明だ。

ドラマに最もよく合う場所とセットを探したり作るのはもちろん照明,衣装など細かい部分にまで気を遣えるためだ。

俳優らも台本をしっかり正確に見ている。

台詞を覚えることも手にあまった側台本現場と別に2〜3週前に台本が与えられてみて細かいキャラクターと感情研究が可能だ。

しかし俳優らが16回台本をすべて見られなかった。ピョミンスPDは現在俳優らに4回ずつ切って,台本を与えている。全台本を渡す場合計算された演技が出て自然な演技のためにこういう方法を選んだという。