ノ・ヒギョン作家ニムインタビュー
ノ・ヒギョン“傷より喜びを描きたい”
“この頃寒くて厳しいが暖かくておもしろく見てくれたらいいです。”

ノ・ヒギョン作家のドラマが変わった。
これまで彼女のドラマが‘喜怒哀楽’の中,怒りあるいは悲しみに視線をおいて悲しくて虐げられた生を描いたとすれば今は喜びと楽しみに視線を合わせている。

KBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(演出ピョミンス)は実際にノ作家の既存ドラマと比較すると一層明るくなった。

これはソン・へギョとヒョンビンという‘シャバンシャバン’するスターらが出演するためだけではない。ドラマ製作現場というトレンディーな背景のためだけでもない。何より変わったのはノ作家自身の気持ちだった。

◇“喜怒哀楽まんべんなく入れたい”

ノ作家は“過去に陥没するよりは現在私の人生をどのように暮らすのかが重要だ”として“‘私が若い日にそうだったら良かったはずなのに’という考えに劇中人物らもそんなふうに暮らせばと思う”と話した。

結局‘彼らが生きる世の中’の中,人物らが悲劇的な状況でも倒れないのはノ作家が劇中チオ(ヒョンビン)とチュニョン(ソン・へギョ)に,TVを見る若者たちに持つ願いが起こるようだ。“今回の登場人物らはどんなドラマより悲劇的です。

以前はその悲劇に思いが辛くてどうにか解決してあげたかったがこの頃は‘みなそのように生きない’と思います。そうするうちに否定的な面のために泣き喚いて下記よりは肯定的な面をながめるようになります。”

こういう変化に対して彼女は“前は格別なものではないものに受けた傷にフォーカスを合わせたとすれば今は傷ではなく喜びがまず”としながら“そんなものが見える時,ドラマもおもしろくて楽なようだ”と話した。“これまでドラマが重くて,とても苦しいから私も嫌いだったんですよ。喜怒哀楽が一緒にいるドラマを書きたいが喜と楽の部分を作家として表現をしなかったわけではなくてできなかったんです。

年を取るほどなぜそんなにうれしくて楽しく生きられなかったか感じます。そうあることがないことではなく感じられなかったことでしょう。ドラマだけでなく人生にもマイナスでしたよ。”

◇“視聴率いつも思います”

派手な製作スタッフと出演陣に‘彼らが生きる世の中’は放映前から大きい期待を集めた。普段視聴率に束縛を受けそうにないノ作家も今回は期待をしたのだろうか。

“視聴率ですか?いつも思いました。裂開すれば10ケすべてです。単幕劇は例外ですけれど。どのようにすれば人々が好きながらもしようと思う話をみな伝達するかいつも悩みます。多くの人が集まって仕事をするのに当然大変だっただけに成就があれば良いでしょう。”

‘彼らが生きる世の中’とは‘名品ドラマ’という好評を受けているが視聴率面ではMBC‘エデンの東方’とSBS‘タチャ’が席を丹念につかんだ状況で後発走者で出発して,苦戦中だ。“人力でだめなものがあることを感じます。空しいけれども空しさが行き過ぎて,作品が壊れる愚かなことはしないべきです。

‘禍を転じて福となす’という言葉を好きなのに今の最善は最後まで台本をのぞいて見るんです。”‘マニアドラマ’という評価に対しては“さらに楽に見られるように書く”と答える。“人々が私の作品を視聴する時,集中して見なければ大変だという話をします。ある程度準備をして見なければならないでしょう。自然に見られるように私が努力するべきですよ。視聴者が努力すれば大変でしょう。”



◇“最も取材したドラマ”

今回のドラマの背景である放送局はその人たちは何か違うという先入観を破って人はすべてが全く同じだというメッセージを伝えられる土台だ。“私が放送局が好きで見るからその人々のディテール一面がおもしろいですよ。人間群像を縮約して見せられる所だ。すべての人がそこでそこと生きる姿もそこでそこという話がしたかったです。

幸せなように見られるが彼らも生老病死喜怒哀楽から抜け出すことができません。普通放送局の人々は特別な集団と思うのに彼らも傷は全く同じで,そのような偏見らがなくなったら社会がさらにおもしろくないでしょうか。”

‘ドラマ版’なら目をとじても広々とのぞいて見そうなノ作家が書くドラマの話.だが彼女はむしろ“今回のように取材をよくしたドラマもない”と話した。“取材を細かくしました。よく分かると思ったが驕慢だったんです。すべて知るものと思ったがはなはだしきは俳優らが方七をどのようにするのかもまともに知らなかったです。ずいぶん研究することが多かったんですよ。今回の作品は取材しながら‘たくさんなことを知らずに生きた’反省しました。”

◇“演技論議皆入る”

彼女が6年ぶりに作品を通してまた会ったパートナーであるピョミンスPD,そして主役を演じたソン・へギョとヒョンビンに対する考えになった。“ピョミンスPDは台本そのままでなく私のことプラスアルファを見せるのでおかげでたくさん見えるようだし申し訳ないです。

それで台本を少しでもさらに見ます。13年見ているのに本当に良いパートナーでしょう。互いに良かった点だけ見るのではなく短所に対して助言ができる友人で師匠なのでより良いです。”

主演俳優らに対しても“韓国の大きい俳優になる人々で人間的にもだいぶ成熟した”として愛情がたっぷり入れられた称賛を伝える。“視聴率が出てこなければ俳優ら60-70%は変わりますね。苦しがらなかったとすれば嘘かもしれないがそれでどのようにすることかという他の問題でしょう。

その友人らが‘さらにがんばる’と文字を送ったが幼い俳優らが言いやすく優しいわけではないでしょう。26才俳優らがさらにどんなにか上手にします。5部からははるかに良くなったものを感じます。演技論議は皆入るんです。人気は上り坂下りがあるが演技は上り下りがめずらしいです。”

‘クサセジオ’ヒョンビン現実的人気
ヒョンビン‘ポロクンナム’キャラクター人気独り占め..
ヒョンビン-ジオ“現実的だ”好評“怒っても素敵”女心攻略

ヒョンビンボロクンナムという新造語が登場して目を引いている。
俳優ヒョンビン(27)が‘ポロクンナム’という愛称で女心を刺激して人気をきたしている。

話題の新造語はKBSドラマ‘彼らが生きる世の中’で登場するチオ役のヒョンビンは以前のフンナム他との姿と違うことにもかかわらず,女心を刺激しながら,新しいフンナム派閥を継続しているという評価を受けていること。



多くのドラマファンらは以前のフンナムキャラクターは主にすべての条件が完璧な財閥男,医師などの安定した富と名誉を同時に持っていながら,容貌とマナーもやはりキャラクターの代名詞で選ばれたがヒョンビンがドラマ賞で見せてくれたいきなり怒る姿は新しいフンナム派閥を継続していると評している。

要するに以前のドラマ賞に登場した後は男キャラクターが完璧だがまったく現実の中では実現が不可能なキャラクターが大多数だったらヒョンビンのボロクフンナムキャラクターはより現実化されて私たちの周辺でよく見られる人間的な姿という説明.

愛する女性にもいきなり怒って大声を出すけれども決定的に保護をしなければならない状況では惜しみなく全てのものをみな捧げることができるキャラクターをお目見えして,これこそ幻想の中でない現実の中で視聴者らが共感できるフンナムキャラクターとし,ヒョンビンが新しいフンナム派閥を創り出したとし,多くの女性ネチズンらを中心に爆発的な関心度を見せている。

ヒョンビンが引き受けたチオはまた新しく愛を始めたチュニョン(ソンへギョ)に“俺がお前に何かあったら電話するのか!”,“そうだとすれば何をどうするんだ?,“これが顔だけ綺麗だったんだよな.これがとても!”等言いながら無愛想でかっと大声を出しながら話す。

そして“お前家にしばらく戻れなかったから。俺が服少し持って行こうか?”とチュニョンを取りまとめたりひっそりと家の清掃までしてキメ細かい男でもある。チオは常にこのような形だ。

劇中チオ(ヒョンビン)は二時間寝て自分を見に来たチュニョン(ソンへギョ)に“もう少し寝られるのに休まないでなぜきたんだ”と災いからかっと出すが,実はチオの胸の内はとても嬉しくて嬉しくてどうしていいか分からない。

チュニョンを航海息が切れるように走って“お前が呼べば俺は行くよ..お前が呼べば俺は行く,俺が走って行く”とチュニョン(ソンへギョ)の耳に対しささやきながら引き込んで抱く。



こんなヒョンビンの姿に視聴者らは歓呼している。“現実感あるヒョンビンの生き生きした演技が自然で,ドラマがさらに生き返っている”として好評一色だ。最近‘悪い男症候群’が起きているだけに表面ではいきなり怒るが私にだけはキメ細かくて親切な男に熱狂する女性らの理想型に最も合致するキャラクターがチオという分析だ。

一方やり直すチオとチュニョンの愛に対して視聴者らは“恋愛はこのようにしなければならないということだ”,“愛を始める恋人たちのときめきと喜びが全身で伝えられる”,“とても人を幸せにさせるドラマ”と興奮を隠せずに評した。

長らくぶりにテレビ劇場にまたカムバックして,話題を集めたヒョンビンは放送局PDに出演して,過去の恋人で現在のような放送局PDで勤めるソンへギョと日課愛という綱引きをしながら魅惑的な台詞の饗宴と演出力そして熱演で名品ドラマを作り出している。


========================================================

本当に...見れば見るほどリアルに飛んだ演技です....
こんな彼が目の前にいれば〜誰が見ても素敵で〜!!!!!

しかし毎度ポッポのオンパレードです....

‘クサセジオ’ヒョンビンの再発見
‘クサセ’ヒョンビンの再発見,生活にじみ出る生き生きした演技注目
演技をするのももちろん容易ではないが実際のような生活がにじみ出る演技をすることはよりもっと難しい。
あるようにないように,だがなぜか目を引く演技を見たら脳裏によりもっと深く印象が残るものも多分その理由であろう。演技生活5年目,ヒョンビンは安らかだが印象的な演技ができる演技者に新たに生まれ変わっている。



10日放送されたKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ) 5回でチョン・ジオ(ヒョンビン)は撮影の真最中だと家にも戻れない恋人チュ・ジュニョン(ソンへギョ)のために着替える下着を取りまとめに家を訪ねて行った。

下着を探すために衣装棚のドアを開けてどかどかあふれる服にしばらくうろたえたチオは“生活する姿見て。靴下やパンツを一緒に入れておくとは”と舌をちっと鳴らしながら,下着を探した。

チュニョンに持って行く下着だけ取りまとめて戻り出ようとしていたチオはなぜか足を離すことができなかった。結局チオはチュニョンの部屋の隅に座って,チュニョンの下着はもちろん服まですべて整理して出てきて席から立った。

だがそれが終わりではない。もしやと思う心に掘出してみたベッドの上の布団.やはり布団の中で着て脱いだ服がそっくり残っている。もしかしてと足をこっそり聞いてみたら白い靴下が真っ黒に変わっていて,弱り目にたたり目髪の毛まで。

チオは“汚ない。本当にこれが顔だけ綺麗だったか”と不満を言いながら,本格的にチュニョン家清掃に出た。洗濯はもちろん床ふき掃除まで綺麗に終えた。

豚舎のようだったチュニョンの家が綺麗になったのを見て自ら満たされるチオ.シャワーまで終えてすっきりした気持ちでコーヒーを飲もうと探したチオはシンク台の下にかくされている皿洗いダミーを見て挫折してしまう。

チオは結局“チュニョア!なぜこうやって暮らすんだ?ジュニョア!”と叫びながら座り込んだ。



長くもない場面だが,ヒョンビンが演技をしたのでよりもっと生々しく実感できただろう。素敵だと見られようと格好つけるよりはより一層真実に良い演技のために努力する俳優ヒョンビンだ。事実若干‘彼らが生きる世の中’でヒョンビンはソンへギョの影に遮られられていた。

ソンへギョに演技力論議でも,発音論議でも家具の耳目が集中する時,ヒョンビンは共に出演する男主人公で言及になっただけ特別に注目をあびることはなかった。だが回を繰り返すほどヒョンビンの演技はより一層草木が水分を吸い上げて,ますます目を引くものと見られる。

視聴者らも“ヒョンビンは演技がとても可愛い”“クサセを見てヒョンビンのファンになった”“ヒョンビンが演技すればなぜかすべてのことが写実的に見える”“ハンサムなヒョンビンが演技もこんなに上手にするとはそこまで知らなかった。ヒョンビンの再発見”とヒョンビンの演技に好評を送った。

==================================================

ウリジオが下着の整理まで...^^ㆀ
しかもたたみ方まで手馴れて上手だったんです...笑。

‘クサセヨンヒ’ジオを泣かせた女注目
ヒョンビンを泣かせたチャ・スヨンは‘すごくて!’
チャ・スヨン,‘ヒョンビンを泣かせた女性’で話題!

KBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン/演出ピョ・ミンス)のタレントチャ・スヨンが‘ヒョンビンを泣かせた女性’で関心を集めている。

劇中ヒョンビンの前の恋人イ・ヨンヒ役で出演中のチャ・スヨンが男の胸を痛くして揺さぶる悪い女の姿で目を引いている。チオと大学時代から出逢いと別れを繰り返してきた10年間恋人だったが,すでに他の男の妻になったイ・ヨンヒは自分の感情に正直で自由な霊魂の所有者だ。

夫と離婚するとして,またチオ(ヒョンビン)を訪ねて,出逢いを受け継いできたが夫もまた捨てることができずにチオに絶え間ない傷を与えた。

特に,チオが勤める放送局を訪ねて,夫の子供ができたと淡々と通知するように話す演技の姿はあまりにも堂々としていて厚かましいものさえした。これにチオは離別を決心して10年の辛い恋に終止符を打つように佗びしい涙を吐き出した。

すさまじく涙を流すチオの姿が多くの共感を勝ち取った中でチャ・スヨンは‘ヒョンビンを泣かせた女性’という別称(?)を得ながら,視聴者らの高い関心を受けている。

また10日放送された5回ではチオを訪ねて身ごもった事実が偽りであることを明らかにしながら,彼の心を辛くさせて今一度揺さぶった。これにチオとまた恋人になったチュニョン(ソンへギョ)の境界とひそかな嫉妬を呼び起こしてきっ抗した三角関係を予告している。

一方チャ・スヨンはドラマ‘知るようになる’でデビューして,映画‘星の光の中に’,‘ここよりどこかに’,ドラマ‘犬とオオカミの時間’などを通して,有望株に浮び上がり‘美しい’でベルリン国際映画祭に参加して,世界映画界にも顔を知らせた。

共にSKテレコム,June,ヤフー,ミーシャ,シャロンティ,SONY,クラウンベーカリー,ビタ500ほど多数の広告に出演している。また韓日合作映画‘ボート’でハ・ジョンウ,ツマブキ サトシと呼吸を合わせながら,両国映画界の注目をあびている。

視聴者らは“10年の間チオの愛を受けて,彼を辛くさせた演技だが,なぜかわからないが共感する。
率直で堂々としていてうらやましいキャラクター”,“洗練されて綺麗で,男らが好きになるほかはないだろう”,“厚かましくて堂々とした姿が憎らしいが,魅力的だ。”,“たおやかで綺麗で清純初々しい容貌が目立つ”,“ヒョンビンをあんなに泣くようにするとは。本当にすごい女”,“ヒョンビンとソンへギョとの三角関係が興味が絶えず興味が湧き出る”等意見を継続した。





‘クサセ’局長-ユニョンカップル登板
キム・ガプス-ペ・ジョンオク‘クサセ’ワンソカップル登板“目つきだけ見ても震えて”
キム・ガプスとペ・ジョンオク,名前だけでも信頼できる二人の俳優が恋人で会った。

15年前ドラマPDと俳優で会って,熱烈に愛したが女は結局男を裏切った。男はドラマ局局長で,女はトップタレントで成功を収めたが15年が過ぎた今まで男は純正を,女は愛着を捨てることができなかった。

10日放送されたKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ) 5回でキム・ミンチョル,ユニョンの関係が明かされる。ジオ(ヒョンビン)ジュニョン(ソンヘギョ)ミンヒ(イ・ダイン)らとピザを食べている時ドラマCPヒョンソプ(キム・チャンワン)が二人の関係を説明して,この場面が回想シーンで表現されながらソンへギョとヒョンビンがペ・ジョンオクとキム・ガプスの代役で登場した。



ソンへギョとヒョンビンは若い時期のユニョンとミンチョルに扮し,演劇舞台で二人の関係の重要な事件を7場面にかけて,表現する。状況によって,舞台背景が金浦空港,記者会見場などに変わってソンへギョとヒョンビンも衣装,ヘアーなどを変える。

状況を説明するキム・チャンワンの声がナレーションで敷かれて,ソンへギョとヒョンビンは最小限の台詞だけするというのも異色的だ。特にユニョンに扮したソンへギョは派手な容貌とカリスマをお目見えしてミンチョルに扮したヒョンビンはより人間的な臭いを漂よわせた。



キム・ミンチョル(キム・ガプス)は15年前家族も子供も捨てて共に外国に離れようとしたが自身を裏切ったユニョン(ペ・ジョンオク)にもう一度付き合おうと愛を告白した。

キム・ミンチョルは“俺たちまた付き合おう。俺と恋愛だけして”“俺ももう人生買う程暮らして,俺がいても他の奴に会ってもかまわない。一ケ月に2回程度会ってご飯でも食べよう”とユニョンに話した。

やさしくみえる愛の告白だが,キム・ミンチョルには15年の間心の中で大事におさめてきた千金とも同じ告白であろう。たとえ酒に酔って,ユニョンに“おまえはなぜ俺に申し訳ないとそうじゃないか?すまないと申し訳ないと言えないか?”と問い詰めながら“おまえは悪いやつだ”と追い詰めたがユニョンはミンチョルには永遠の恋人だ。ユニョンも同じ。

ユニョンはミンチョルに“別れて半年はかなり申し訳なかったがその次はなかった”“それではだめ?今まで15年以上もずっと申し訳ないと思わなければならないの?”と鋭く言い放ったがユニョンもミンチョルを見ながら,常に心の片隅に感じた。

また付き合おうと尋ねてきたミンチョルにユニョンは“命かけるスタイルはつまらない”と言うが自身が好きだったセンベイ菓子を渡すミンチョルの真心に“私の起床時間12時だってこと分かる?11時前には電話はしないで”と結局心を開いた。



一方この日放送では過去のキムミンチョル局長とユニョンの愛を短い演劇という独特の方式でお目見えした。ヒョンビンとソンへギョがそれぞれミンチョルとユニョンに扮して実感するように愛を演技した。髪型はもちろん表情までキャラクターと同じようにまねて目を引いた。

この日の放送を見た視聴者らは“キムミンチョル局長とユニョン カップルを見てなぜ私が震えるのかわからない”“ユニョンがまた付き合おうというように11時前に電話はしないでという時好きだったキム・ガプス氏の表情が忘れられません”“ペ・ジョンオク,キム・ガプスカップル本当に見れば見るほどワンソです” “キム・ガプス氏とても可愛いです”“ペ・ジョンオク氏クールな姿が素敵です”とキム・ガプス-ペ・ジョンオクカップルに向かって,好評を残した。

ピョミンスPDは“7幕で構成された短い演劇を思えば良いのに俳優らの語り口は演劇的ではない。キム・チャンワン氏が変死役をする”と“ミンチョルとユニョンの過去を痛みより暖かい情緒で表現したくて小劇場演劇形式を利用してみた”と明らかにした。



やっぱり局長..可愛いです...^^*

クサセ‘純正’恋愛ラブライン本格化
クサセ‘純正’恋愛ラヴライン本格化
10日ソンへギョ,ヒョンビン主演‘彼らだけが生きる世の中’(以下,クサセ)5回は‘私にはあまりにも手にあまる純正’を副題に放送された。

この日ソンへギョのナレーションで表現された‘純正’はチュ・ジュニョン(ソンへギョ)とチョン・ジオ(ヒョンビン)の恋愛,トップ俳優ユニョン(ペ・ジョンオク)とドラマ局長キム・ミンチョル(キム・ガプス)のラブラインが本格化した。この過程で彼らの純正が浮び上がった。

劇中チュニョンが編集室で仕事をしている時,助監督のヤン・スギョン(チェ・ダニエル)が椅子に座って,ドラマの限界性に対して話した。

スギョンは“主人公が手洗いに行かない,主人公はいくら合っても死なない,相手方に会いに行く時,タクシーがよく捕えられる,相手方がどこにいても主人公と会うようになるというという設定はリアリティーを落とす”としてドラマの明らかな設定と限界性,リアリティーに対して指摘した。

これにチュニョンは“それじゃあなたは主人公が手洗いに行って,合って死んで,タクシーがなくて,会わずに行くドラマを作ってみたら”“後でドラマを作る時,そんなふうに撮ったら死ぬ”といたずららしく警告した。



引き続きチュニョンはソンへギョのナレーション方式を通して“ドラマの限界性の中最も大きい限界はまさに主人公が純正を強要すること”“偶然に会った過去に初恋で首をくくる主人公に嫌気がさす”と強調した。

この日の放送では‘中年カップル’ミンチョルとユニョンの過去愛情社が公開されて目を引いた。ミンチョルは15年前ユニョンと別れて15年の間変わりなく愛してきた純正男で登場した。反面ユニョンは何回も結婚と離婚を繰り返した男性遍歴を持った女優で出てきた。

引き続きチュニョンはPDとしてドラマの純正と共に自身の実際の純正に対して深くついた。チュニョンがドラマの限界である主人公の純正を強要することに対して“冷めない純正,こうしたことのほか頼むから新しい人に会って,新しく愛して新しく少し住もう”と反旗を翻した。

だが放送後半部にチュニョンはやはりナレーションを通して“韓国ドラマに腹が立ったのではなく純情的ではない私に腹が立った”としながら“私がこんなふうに彼(チオ)に走って行けば良いのに,飛んでくる私が男を信じれば良いのに,今日初めて私はこの男を見ながら,自分自信に純正を強要した”と自身に向かって駆け付けるチオを見ながら話した。



ふふ...局長可愛いです...^^

‘クサセ’撮影部屋ハンソルチャンマル
ハンソルチャンマルでなされた‘彼らが生きる世の中’
ハンソルチャンマル強化床
KBSミニシリーズ‘彼らが生きる世の中’で国内松で作った強化床ハンソルチャンマルに会える。


(写真説明:ドラマ内で登場する主人公チオの家キッチンに設置されたハンソルチャンマル強化床.)

ハンソロムデコ(代表オ・キュヒョン,www.hansolhomedeco.com)が供給しているハンソルチャンマルは主人公チオ(ヒョンビン)の家をはじめとするチュニョン(ソンへギョ)の浴室,居間一部,そしてドラマ局局長室とオフィス,カフェなど主要場所に施工されてお目見えしている。

‘彼らが生きる世の中’の製作美術チームチーム長は“セット場にはカメラをはじめとする多くの装備らのために底が簡単に汚らしくなる。

時にはわざと汚点を出す時もあるが,本ドラマはそのようなコンセプトでない高級な場面を演出するべきなので強化床ハンソルチャンマルはカメラアングルを下の部分でつかんでも綺麗で高級に出る”としながら“機会があったら他のドラマのセット場にもハンソルチャンマルを持続的に施工したい”と明らかにした。

最近放映されているドラマ‘彼らが生きる世の中’の人気に力づけられて,ハンソルチャンマルはオンライン網を活用して,着実に広めて出す予定であり,合せてこれからハンソルチャンマルをはじめとして,ハンソルの真ドア,チャムモルディンなど多様な製品をドラマに露出させて自然に消費者らが製品とブランドを認知することができるように努めると明らかにした。















(写真は上からチオの家,チュニョン家の浴室,ドラマ局局長室の事務室,カフェなどに施工されたハンソルチャンマル強化床製品)

‘クサセ’日本ファン韓国行ラッシュ
“ヒョンビン見に行こう”為替レートのおかげで日本ファン韓国行ラッシュ
‘彼らが生きる世の中’撮影場ファンらわいわい

‘韓流ファン’らが興味が沸いた。
円高為替レートに外国人ファンらの韓国行ラッシュが続いている。相対的に高くない物価に,自分らの偶像を近くで見られるという長所を聞いて,飛行機にからだをのせている。

俳優ヒョンビンは撮影場ごとに押し寄せる日本人ファンらから応援を受けている。彼らは2泊3日,3泊4日の日程で来韓して,ソウル市内あちこちで行われるKBS 2TV月火ミニシリーズ‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン・演出ピョミンス,キム・ギュテ)の撮影場を付いて回っている。

10日午後1時には4〜5人の日本人女性ファンらがヒョンビンを追って,ソウル,汝矣島KBS別館で二三時間を待っていた。彼らは控室に上がるヒョンビンと少しの間挨拶を交わした後‘彼らのスター’に会ったという喜びに浮き立っていた。

東京からきたというA氏は“ヒョンビンを見るために飛行機値段とホテル費で約3万円を入れた。この程度なら外国を旅行する費用打って,負担が大きくない。物価も(日本に比べて)安い方だ”と話した。

共に撮影場を尋ねた日本人B氏は“ヒョンビンを近くで見られてとても嬉しい。親切に応対して,韓国に来たことに後悔がない”と説明した。

‘彼らが生きる世の中’のある関係者は“ヒョンビンを見に来る海外ファンらが最近になってぐんぐん多くなった。為替レートによる経済的負担感が少なくなったとのことが大きい理由だ。海外ファンらの応援が珍しく思うほどだ”と話した。

‘クサセ’第5回愛に対する率直な表現


‘クサセ’日課愛に対する率直な表現‘共感’
KBS2月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’が主人公らの感覚的な台詞が現実感を付与して,共感を引き出す。

10日放送分の主題は‘純正’.劇中キム・ガプスとペ・ジョンオクの過去の歴史が表現されることで始めた。どんなふうに会ってどんなふうに別れたかをソンへギョとヒョンビンの演劇で表現されて,より一層目を引いた。

‘彼らが生きる世の中’は私たちが生きる世の中とそんなに違わない。ただ放送会社を中心に生きていく人々の話と少し特別のように見えるが結局人々の人生で大きく抜け出してはいない。

さらに愛に関する彼らの話は非常に率直だ。女は女のとおり男は男のとおりそれぞれの愛観に対して率直に打ち明けることがすっきりさせる。

初めての日の夜雨が降ったのか,そうでないのか特別恥ずかしくないように話すソンへギョとヒョンビンは親しい恋人の姿そのまま。

前日家に戻らなかったというチョン・ジオ(ヒョンビン)に“私こっそりと誰かに会った”と可愛く問い詰めるチュ・ジュニョン(ソンへギョ)にジオは“夜中に撮影してたけど下着少し取りまとめてくれるか”と気立ての優しいコメントも飛ばすことができる。またこういうジオに自身の家キー番号も知らせるチュ・ジュニョンも少なくない。

あげくの果てにチュ・ジュニョンの家に入ったチョン・ジオは見える所だけ片づけておいた部屋を見て情けない表情を浮かべながら,結局家を清掃するに至る。コーヒー杯もまともにないキッチンを見て嘆くチョン・ジオは几帳面にチュ・ジュニョンの下着を取りまとめる。



撮影のために眠る時間もなくて,貸し切ったタクシーで2時間だけ寝てハンティングに出てきたチョン・ジオを訪ねてきたチュ・ジュニョンと“私が行くはずなのに”と彼を抱きしめるチョン・ジオは若い愛の一断面を見るようだ。

中年層の愛の賭けもリアルだ。キム・ミンチョル(キム・ガプス)は酔っ払った状態でユニョン(ペ・ジョンオク)に“君がなぜ私にすまないと..そうじゃない。すまないといえないか?”と話しかけて,ユニョンは“別れて半年程は申し訳なかった。その次はない。ずっと申し訳ないと思わなければならない?”と問い直す。

ここでキム・ガプスの酔中演技は圧巻.人事不省で取ってゆらゆら揺れる姿の他にも自分を連れに駆け付けたチョン・ジオの車を見て“なんだ,車引いて”と是非を論じる姿が間違いなく酔っぱらった人の形そのままだ。

ユニョンを尋ねて“俺たちまた付き合おう。1ケ月に二回程度会って,ご飯でも食べよう”というキム・ミンチョルに“ただこのまま生きていこう”というユニョンは“警察を呼ぶ”と言うほど冷淡ながらも真剣に先輩を渡すキム・ミンチョルに“11時前は電話するな”と許諾の意味を表わす。

中年の愛が若者たちの愛より甘いということを見せるようにキムミンチョルの顔には明るい笑いが広がる。

ドラマ現場に対する描写はより一層リアルだ。女優らの明け方の撮影のたびにメーキャップを言い訳に先送りすることや,CFなど忙しいスケジュールで恨むことなど十分にあるほどの場合らを加減なく見せる。

ここでペ・ジョンオクは老練な中堅俳優の容貌を誇示した。幼いPDチュ・ジュニョンの心を聞いて置いた中‘尻尾九走ったキツネ’だ。“メーキャップ最小2時間かかるといったのに明け方はベッドシーンだと,美容室は行くことないと思いそのまま出てきた”としてチュ・ジュニョンをあやしてなだめる。

人物間の日課愛を人の匂いがするように描き出す‘彼らが生きる世の中’は低調な視聴率にもかかわらず,多くのマニア視聴者らから熱い愛を受けている。

TOPRSSSUK2

2008 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.