[インタビュー]ノ・ヒギョン“ソンへギョ・ヒョンビンの演技に120%満足する”
KBS 2TV月火劇‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン,演出ピョミンス)はトップスターソンへギョが4年ぶりにテレビ劇場に復帰する作品で関心が高かった。

気さくなドラマPDを演技する姿も気になった。去る10月27日初放送当時にもソンへギョのスターパワーに相当なフォーカスが合わされた。

ヒョンビンもまた相当なスターパワーを持っていたのでソンへギョ・ヒョンビン組合の威力がどの程度か有無が関心事であった。7%内外の相対的に低調な視聴率を記録した時,人々は以前にはおよばないソンへギョのスターパワーを話した。

彼と一緒にソンへギョの演技力に対してもあーだこうだ多くの話を吐き出した。視聴率が低調だから悪評が多かった。

ソンへギョの演技力に対してあらゆる話が多い。

“人々は本当に残忍だ。なぜそんなに良くない部分だけを浮上させてみようとするのか。ありもしない部分を引き出そうとしたりもする。私が見てソンへギョは非常にうまくしている。私が書いた台本に自らの色を上塗りする能力も優れる。分量がとても多くて大変なこともところが不平も一言もなく誠実に臨んでいる。

そう見ればソンへギョ程度のトップスターと作業したことはないようだ

“事実心配はたくさんした。ソンへギョ・ヒョンビンみんなあまりにも大型スターだ。このように大きいスターらに依存しながら台本を書いたことがなくて心配をした。しかし二人皆とても上手にしてくれている。台本以上のものを見せている。

ソンへギョとヒョンビンに点数を与えれば。

“100点満点に80点ずつ与えたい。なぜ20点が削られたかと?私が満杯になることが好きでないためだ。どこか少しは不足するとみられるのが人間的ではないか。二人皆徐々に不足した部分を満たして行くことと期待する。

‘彼らが生きる世の中’が終映される時,その頃ならば89点〜91点程度がされているのではないだろうか。点数はそうだが満足度は120%だ。ソンへギョとヒョンビン皆私の期待を120%充足させている。”

どんな演技者が好きか。“少し不足するようにみえる演技者が好きだ。鳥肌が立つほど演技が上手な演技者はそれほど好きでない。コップに比喩しようとするなら70%程度水が満ちているのを好きになっているといえる。

私の作品中に本当に鳥肌が立つほどの演技が上手な方もあった。しかしその作品が進行される間その方に対してずっと心配をした。

私と一緒に作品をよくした演技者であるユンヨジョン氏が‘神がかりになったような演技をする’という称賛に‘神がかりになったような演技をしたことはない’と反論したことがある。少しは不足するようにみられる演技が正直だという意味であった。私が願う演技者のまさにその姿だ。”

今まで共同作業した演技者中好きな人を選べといえば。“とても難しい質問だ。共にしたすべての演技者をみな好きだと答えなければならない。私が好きな演技者の態度は撮影場に30分先に私と準備するのだ。私と共同作業した大部分演技者らがそうだったので常に有り難く思っている。”





[インタビュー]ノ・ヒギョン“ピョミンスPDが変節したと思ったことがあった”
‘彼らが生きる世の中’のノ・ヒギョン作家とピョミンスPDは放送関係者で大変よく合うコンビで名声が高い。
二人が一緒にした‘嘘’‘悲しい誘惑’‘バカな愛’‘孤独’などの作品はマニア視聴者の熱狂的で中にピョミンスPD-ノ・ヒギョン作家コンビの名声を高めた。

二人は去る2003年‘孤独’以後各自の道を歩いて5年余りぶりに‘彼らが生きる世の中’でまたかたまった。
各自の道を行く間ノ・ヒギョン作家は‘花より美しくて’‘グッバイソロ’など自身の色を維持した作品でマニア視聴者らの変わりない支持を受けた。

反面ピョミンスPDはKBS 2TV‘フルハウス’,MBC TV‘君はどの星からきたの’等の作品で大衆性を追求した。マニアファンらはそんなピョミンスPDに“変節した”という非難を送ることもした。

ピョミンスPDとはとてもよく当たるコンビと見られる。

“ピョミンスPDは同志だ。かと言ってよく合う人ではない。とても他人だ。しかし互いに対話できて常に合意点を導き出せる。互いに合ってこそ好きになり得ることではない。お互いに学ぶ部分があって発展できるならば良いのではないか。ピョミンスPDと私は互いに違うけど良い同志関係だ。”

ピョミンスPDは‘フルハウス’で40%以上の視聴率という大衆性を得た代行‘変節した’という非難を受けることもした。

私はひょっとしたらピョミンスPDが変節したと思ったことがある。しかし今,思えば変節したと思った根元はことが出たためだった。新しい分野に挑戦して,大衆性を確保しやり遂げたピョミンスPDの能力に対する羨ましさだった。

ピョミンスPDは他の作家らと作業しながら多くを学んだ。軽さと新鮮さを学んで,謙虚さの深さをより増した。私もやはり他のPDらと一緒にしながら多くを習った。‘彼らが生きる世の中’は二人が習ったことを合わせていく意味のある作業だ。

ピョミンスPDと共にしながら,マニアらの熱狂的な支持を受けている。

“私とピョミンスPDに対するマニアではないと思う。ただ作品に対するマニアというだけのことだ。もちろん10年の間一途のように私の作品らが好きになって下さるファンらもいる。

しかしやっぱり私の作品が好きになって下さることと思っている。私だけでなく共同作業したすべての演技者とスタッフの功労を愛して下さることだ。私はただ皆が共に楽しく作業できる文を書いているだけだ。”

票民需PDと共にしない作品も色は似ていた。作家の影響力があまりにも強いためであろうか。

“決してそうではない。共同作業した演出者らも自身の色が明らかで力量もまた優れる方々だ。私の色が著しく感じられたとすれば,先入観が強く作用するのではないか。