‘クサセ’チェ・ダニエル‘ADの痛み’好評
放送関係者の話を扱ったKBS2‘彼らが生きる世の中’がアシスタントディレクターの悲しみをリアルに描き出した。

3日,放送はスギョン(チェ・ダニエル)に焦点を合わせた。
ドラマという派手なスポットライトの中でさえぎられている大変に辛いことがスギョンを通して,表出された。

ドラマと言うのは派手なスポットライトの中に選り分けられている疲れながら大変さをスギョンを通じて表出された.スギョンと中堅俳優ミンスク(ユン・ヨジョン)がまた一度ついた。

先週六十に向かっていくミンスクに“ミンスク氏”と呼称を使った罪で台本練習席から追い出される受難にあったことがあるスギョンがもう一度事故を起こした。今回もやはり‘呼称’が裏目に出た。

撮影が予定通りに進行されないので,これにいきりたって,撮影場を離れようとするミンスクを捕まえながら,スギョンは哀願した。

“あるじゃないですか。こうしてはだめでしょう。予定されたシーンがあるから少しだけ耐えてください...”

十八時間の間たった二つのシーンを撮影しながら苦労したミンスクとしては仕方ない状況.結局ミンスクはとても冷酷に撮影場を離れてしまい,すぐ監督ギュホ(オム・キジュン)の大怒が落ちた。

“行くというからそのまま送るのか。行かないでくれと一回だけ行かせてくれと,二懇願するべきだろう。”

ギュホは“お前ここに驚いてきたか!”とおびやかした後,スギョンの頭をトントン叩きながら,屈辱感を与えた。キュホは“ADの任務中に任務は,監督補助”としながら車の運転を命令した。

突然ギュホの車に‘泣いたちゃん’になったスギョンは大きいため息を吐いて残念さをかもし出した。この日可愛いイメージのスギョン役チェ。ダニエルはADの痛みをよく消化して,好評を受けた。

一方この日放送された‘彼らが生きる世の中’では俳優ナ・ムンヒが姿を表わしながら目を引いた。劇中ジオ(ヒョンビン)の母親役を担ったナ・ムンヒは短いが線の太い演技をお目見えした。