二十六ヒョンビン“20代は無条件愛さなければならない”
ヒョンビン,“クールに付き合って別れる愛をしなくちゃ。僕の年はそうしてもかまわないのではないか”

KBS‘彼らが...’で魅力的なドラマPD

“20代には無条件愛さなければならない,また熱情的に愛するべきだと思います。”

‘彼らが生きる世の中’を通じてテレビ劇場にカムバックしたヒョンビンはある言論とのインタビューを通じてこのように明かした。

劇中能力あり魅力的なドラマPDチョン・ジオ役を担った彼は,まるで待っていたかのようにジオの中に溶け込みながら‘ヒョンビンの再発見’を成し遂げた。

‘私の名前はキムサムスン’以後ドラマ‘雪の女王’と映画‘百万長者の初恋’では身体に合わない服を着たようにぎこちなく見られた彼..しかし3年ぶりにぐんぐん成長した演技力に視聴者らをひきつけている。

江南駅近隣‘彼らが生きる世の中’撮影現場で会ったヒョンビンは“撮影しながら‘演技が良くなった’という言葉をたくさん聞くことはあるが実際に反応が良くて,幸運”と恥ずかしいように笑った。

◇“以前に比べ楽になりました。理由はわからないが”
“実際に以前に比べてたくさん身軽になりました。またドラマの内容が身軽で楽しいからストレスもそれほど受けません。余裕持って演技をする自分自信を発見しました。確かに何かが変わりました。その理由はよわからないけど”

しかしヒョンビンの演技力がある日突然良くなったわけではないようだ。彼はこのドラマ直前にユン・ジョンチャン監督の映画‘私は幸せです’で貧困で誇大妄想症に抜けた男役を担って,デビュー以来初めて苦痛にもがきながら,演技を繰り広げた。

トレンディードラマの中で白馬に乗った王子様でなく社会の下積みで絶叫する演技に挑戦したことで先月釜山国際映画祭閉幕作で紹介されて,好評受けた。

“その映画はデビューして,愛を受けた後またゼロから始める思いで撮影しました。2ヶ月の間毎日毎日撮影場に出て行くのがあまりに荷が重くて,自分を絞り取って掻き出すか演技をしながらとてもたくさん悩みました。

おかげで多くの勉強をしてこれまで忘れていた部分を取り戻したようです。”

こんな‘克己訓練’を経たおかげなのか彼は‘彼らが生きる世の中’で確かな演技が自然になったという評価を受けている。

何より二人の女性ジュニョン(ソン・へギョ)とヨンヒ(チャ・スヨン)の間で自身の感情に素直な姿が無駄がないながらも,説得力あるように描かれている。

感情をピンセットで取り上げるようなノ・ヒギョン作家の台本のおかげでもあるが,彼はやはりいつのまにかジオを消化する準備ができていたのだ。

“ノ作家ニムの台本は非常に難しいです。一場面にもこの感情,あの感情が複合的に入っています。涙ぐみながらも淡泊に台詞を打たなければならないです。それで俳優らは苦しがるのに作家ニムはそれを楽しんでます。‘私は大変に作業したけど俳優も大変に演技しなければならない違う?’と言います。(笑)でも,それでもこのドラマは本当におもしろいです。”



◇“20代は無条件熱情的に愛するべきでしょう”
ジオの愛はクールだ。悪どくもなくしつこくもない。それでも対策なしに軽いわけでもない。正直で自由だが軽はずみではない。そのまま愛に充実する。それで愛それ自体をときめくようにさせる。

“正直僕はいつもヒョンたちと生活して,恋愛観がジオに比べてはちょっと保守的なんです。でもジオのように恋愛をしたいです。

クールに付き合って別れる愛.ノ・ヒギョン作家ニムが1回を報告の前化して‘ジオを見れば胸がときめく’と言われました。(笑)事実自分の年齢にはそのような形で恋愛をしてもかまわなのではないですか?結婚を前提に付き合うことでもなくて....問題は実際に現実の空間に入れば実践できないということだが。(笑)”

それで彼はジオを演技しながら,代理満足を正確に感じている。

“僕は別れた恋人と同じ職場で仕事をしろと言われればできないと思います。でもジオとジュニョンはそうだから,おもしろいです。またそれが現実的に描かれるでしょう。

この頃は撮影場にいる時間が多いからジオの人生を生きる面白さがかなりいいです。どうしてもノ作家ニムは恋愛博士のようです。台本を見ればすみずみ恋愛の心理をとても細かく描写してあって膝を打つ時が1,2番ではありません。恋愛をとてもよくしていたようです。(笑)”

‘今は付き合っている人はいないのか’と尋ねたところ‘いない’と答えた彼は“この職業を持ちながら残念なことは人と付き合う機会があまりないということです。でも僕の年に愛はとても重要だと思う。気にせずに恋愛をほどほどにできれば嬉しい”と話した。



◇“演技とは何か,その答えを楽しく訪ねて行っている途中”
‘私の名前はキムサムスン’以後‘彼らが生きる世の中’を通じて,また脚光を浴びる彼に‘大衆がヒョンビンに望むイメージが何と考えるか’と尋ねた。

“それは僕が訊ねたい質問”と答えた彼は“結局は僕がしたいことと大衆が僕に願うことをよく調和することがカギです”と話した。

“‘私は幸せです’の撮影場で‘私は幸せなのか’という質問を自らにたくさん投げました。やりたい演技をしながら補償も受けているので幸せなことだったんです。でもこの職業が方々が仕事を尋ねてくれてこそ維持されるという考えになれば少し悲しくなったりもしました。僕たちは結局選択を受ける職業でしょう。

人々が僕に願うものと僕が願うものでは明らかに差があるはずで,まずは人々が願うものへ行かなければならないということでしょう。そうではなく僕の固執だけで立てて仕事が違った時はとても多くの非難を受けるようになるから。”

彼は“‘私は幸せです’での変身に対する強迫観念で選択した映画ではない。ただ僕が好きで選択したこと”“その映画が僕の選択だったら‘彼らが生きる世の中’での姿は大衆が僕に望む姿でしょう。今後もその二つをよく混ぜ合わせなければならないと思う”と明らかにした。

それならヒョンビンに演技とはどんな意味だろうか。“主観式答中‘省略’というものがあるでしょう。その質問には答がなくて難しかく決まってないので楽です。僕の思いのままにすれば良いから。今はその答えを楽しく訪ねて行くところです。永遠に探せないかもしれないが。(笑)”

================================================================

久々の言論インタビューです...^^
撮影が本当に楽しいようですね...演技に反映するはずです^^..
俳優という職業..そうでなくとも常に仕事や生活の中でも葛藤が続きますね...

壁があれば乗り越えられるその気力で悩みながらも克服して
好きなことできるならば思いのまま演技し続けて欲しいですね...