チャン・ドンゴン,慈悲にブティックマネージメント設立
チャン・ドンゴンが慈悲にマネージメント会社を設立する。

コスダック大型企画会社でなくイ・ヨンエのように1人企業形態の小規模ブティックマネージメント隊列に加勢したのだ。

チャン・ドンゴンは最近ソウル江南区,論硯洞のある住宅を改造して,事務室インテリアを終えて来週オープン式をする予定だ。

先月契約満了でスターMを出たチャン・ドンゴンは多くの企画会社からラブコールを受けたが本人が直接会社運営をするとし,これを考査した。

パンポテックを引き受けて,コスダック迂回上場をしてみたが信じた事業パートナーらと複雑な利害関係にからまって,荒しい姿をたくさん見たためという観測だ。

チャン・ドンゴンに迂回上場を薦めたある転職経営陣は横領と背任疑惑で監獄の苦しみを体験することもした。

これに対してチャン・ドンゴンのある側近は“ドンゴン氏がコスダックの話だけ出れば今は首を横に振る”としながら“規模が小さくても内容があるように運営するのがはるかに楽だ。初心に帰りたいという言葉をよくした”と話した。

チャン・ドンゴンは現在ヒョンビン・シン・ミナと新しい巣に関わって身を置いており,会社代表を外部で招くのか,でなければ自身が直接引き受けるのか苦心中であることと知らされた。

=============================================

ヒョンやはり会社を立ち上げました..
また別の場所に身を置いて..慌しく状況も変わるようですね...