ノ・ヒギョン作家“ソンへギョ5回から大きく変わる”
KBS月火劇‘彼らが生きる世の中’のノ・ヒギョン作家が発音論議がおきているソンへギョの演技に対する見解を明らかにした。

ノ作家は劇中放送局ドラマPDのチュ・ジュニョン役を担ったソンへギョの発音と台詞トーンの問題を指摘する文等が視聴者掲示板に上がってくるのと関連して,30日“へギョが台詞を消化できない部分がある。

あるのをないということはできない。まず本人がその部分をよくわかっている”“だがソンへギョの演技は前半部と後半部が大いに変わる。特に5回以後から多くの違いが生じる。リーディングから良くなった”と明らかにした。



ノ作家は“へギョが序盤に自身がそうだという(不足する)点を知って私に‘失望しないでくれ。最善を尽くす’と文字も送った。
若い俳優としては台詞分量が非常に多い。普通分量の4〜5倍だ。作家として申し訳ない”“大人たち(中堅演技者)も自然な発音でそんな台詞を処理することは易しくない。へギョがあの程度消化するのもすごい”と説明した。

ノ作家は“こういう状況なら若い演技者が作家に‘台本を減らしてくれ’,‘絵へ行く時間もちょっとちがう’と要求するほどでもあるが,自身が勉強するといった”“演技者に成長する過程で越えなければならない山だと思う。そのために若い俳優を少し暖かく受け入れてくれたら良い”と頼んだ。

ノ作家は“この頃へギョが3時間程度寝て撮影をしている。自身の問題点を十分に知って,自ら勉強と思ってがんばるのに認定を受けられないからどれくらい気に障るかという気がする”ながらも“演技者に成長しようとするとこのような状況を克服してCFスターに転落してはいけない。今はイバラの道を行くところだと思う”と伝えた。

これとともにノ作家は1〜2回で“このやろう,こいつ,あいつ”等卑俗語がたくさん出るという指摘に対しては“出てもみたところそんな表現がたくさん出た。視聴者らが不便に受け入れることができると思う。減らす”としながら“ところで親しい関係だけで悪口が出てくる。私も親しい後輩らにこいつ,あいつという”と答えた。

‘彼らが生きる世の中’は視聴率が初放7.1%,2回5.8%(TNSメディアコリア)で期待に至らない。だがノ・ヒギョン作家のドラマ中大衆性も確保した‘花より美しくて’も序盤7〜8%に留まった。

これと関連して,ノ作家は“序盤には若い演技者らを認知させる時間だった。まだ大人(中堅演技者ら-ユン・ヨジョン,ペ・ジョンオク,キム・ガプス,キム・チャンワン)らのキャラクターは十分に見えなかった。大人たちのキャラクターが作られて若い演技者らと繰り広げられる温かい関係の内容が繰り広げられればちょっと良くならないか”と話した。もう少し行ってみてこそ分かるというニュアンスと聞こえた。